薄型 iMac 21.5インチサイズの メモリ増設 方法 が難しすぎる

iMac メモリ増設 方法 が難し過ぎたので紹介いたします

パソコン大好き!オッサンLABO(@LABO61071768)のオッサンです!

以前「修理 iMac ヤフオク で売ってみた結果!」記事を紹介いたしましたが
今もヤフオクでは「せどり」出来そうなiMacが出回ってますね

最近は、2012年に発売された「薄型」Late2012 iMacが、2万円以内で落札できる場合も
あるので上手くいけば「せどり」で収益を十分あげることが出来ますね




ということで、自宅iMacを 21.5インチサイズの 薄型 iMac に買い替えようと思ったのですが
調べてみると薄型iMacは、いろいろとややこしい事が解りました!

薄型iMacのメモリ交換について

自分でメモリ交換する

iMacと言えば、Appleを代表するほどのオシャレなパソコンですよね

Late2012 iMacは、極限までスリム化して、光学ドライブなどの装置も廃止・・・
極限まで削り取ったボディは、エッジ部分がなんと5ミリ!という驚きの薄さ

しかし、それ以上に衝撃な事がありました!

21.5インチiMacはメモリスロットが無い!

それは・・・「21.5インチ薄型」Late2012 iMacにはメモリスロットが無い!」のです!!

これまでのiMacは筐体の底面のメモリカバーがを取り除くと、メモリが見えて
簡単にメモリを交換することが出来ました

iMac メモリ増設 方法

参照:Apple

同じLate2012 27インチの薄型iMacには、メモリ増設用のスロットがあるのですが・・・
なぜかLate2012 21.5インチモデルには、メモリスロットがどこにも無いのです!

実は、Late2012 iMac 21.5インチモデルは、オンボードメモリ・・・
つまり購入後にユーザーによるメモリ増設は出来ないとされています

でもネットで調べてみると・・・

オッサンLabo

メモリ増設可能という記事が出てる・・・どういうこと??

Late2012 iMac 分解に必要なもの

iMac メモリ増設 方法

Late2012 iMacのメモリは、オンボードではなく・・・
ロジックボード(マザーボード)の背面に、メモリスロットが設置されているみたいです

つまりロジックボードまでたどり着ければ、メモリ増設が可能ということですね

自分で メモリ増設 するメリット

iMac21.5インチモデルには、標準で「8.0GB」のメモリが搭載されています

オッサンLabo

8.0GBもあれば十分!

とは思わないでくださいね

最近のOSやソフトは、非常にメモリ容量を必要とします

さらに同時に様々なソフトを利用しようとすると、メモリの容量は「16GB」以上ないと
快適に動作しない場合があります

標準の8.0GBでは、快適な作業は厳しいかもしれません

でもiMacのメモリを注文時に増設しようとすると・・・

iMac メモリ増設 方法

なんとメモリ増設に22,000円も必要なんですね!

今どきDDR4なんて「8.0GB」4,000円ほどで購入できます

2枚購入して16GBにしても1万円弱・・・22,000円はちょっと高すぎる気もしませんか?

そう!自分で Late2012 iMacのメモリ増設をすれば1万円ほど安く出来るのです!

薄型 iMac は分解に必要な道具

とは言え、薄型のiMacは内部を分解しなければなりません・・・
以前のiMacは磁石でガラスが固定されていて、モニターもビス止めされていたのですが

薄型iMacは、そう簡単に内部にアクセスが出来なさそうです

まずは分解に必要な道具を揃えましょう!

両面テープはがし用のヘラ

以前は、液晶保護ガラスを吸盤で取り外して、液晶を止めているビスを取り外す手順でしたが
薄型iMacは、ガラスと液晶は一体化され、なおかつ筐体と両面テープで固定されています

吸盤でどれだけ引っ張っても、ガラスは取れないのです

そのため両面テープと液晶を剥離する「両面テープはがし用のヘラ」が必要なわけです

もし「両面テープはがし用のヘラ」を購入したくない!という人は・・・
少し硬めのカード(キャッシュカードなど)やCDを利用する事ができます

もちろん不要になったカードやCDを使ってくださいね

トルクスドライバー

ロジックボードなどを外すために必要なドライバーです

通常のプラスドライバーと異なり、トルクスと呼ばれる特殊形状です

サイズは、T10がよく使われていますが・・・
様々なトルクスサイズに対応できるようにセットで購入することをオススメします

Apple製品は、トルクスネジを利用しているので、セットで購入していれば
他の製品も分解することが出来ますよ

強力で薄い両面テープ

メモリ交換した後は、再び筐体と液晶を取り付ける必要があります

簡単に外れないように、強力で薄い両面テープを用意しておきましょう!

薄型 iMac分解前に知っておいてほしい事

さていよいよ分解・メモリ交換!

・・・の前に、iMacを自分で分解した場合、どうなる可能性があるか知っておいてください

分解してから「失敗した!」と後悔しても遅いですからね

保証が効かなくなる

これは当然ですね

自分で分解することで、Apple製品の保証サービスは受けられなくなります

購入してから1年経過していない場合やAppleCareに加入している場合は
自分で分解すると故障やリコールを受けられなくなる可能性があるので注意しましょう!

液晶が割れる可能性がある

Late2012 以降の薄型 iMacは、非常に各パーツが薄く造られています

特に液晶は、薄く加圧に弱い部品です

両面テープで固着した液晶を外そうとして「バキッ!」と割れてしまう可能性もあります

液晶が割れると、もう一台iMacが購入できるくらいの費用がかかるので
そのリスクもちゃんと理解した上で、iMacのメモリ交換をするようにしましょうね

薄型iMacを分解する

iMac メモリ増設 方法

参照:iFIXT

では早速、iMacの液晶画面を外していきましょう!

焦らず慎重に行きましょう

液晶画面を取り外す

今回は、パソコン専門店「ドスパラ」さんのサイトを参考にしました!

まずは筐体と液晶パネルの間にヘラ(カード、ディスク)を差し込みます

iMac メモリ増設 方法

参照:ドスパラ

角から始めて、初めは5ミリ程度差し込みます

少しずつスライドさせながら、両面テープを剥がしていきます

!注意!

深く差し込むと、ケーブルなどを断線する場合があるので慎重に!

上と左右の両面テープを剥がすことができれば、隙間に指をかけパネルをゆっくり外します

iMac メモリ増設 方法

参照:ドスパラ

ゆっくり液晶パネルを手間に倒すと、ロジックボードからケーブルが2本繋がっています

iMac メモリ増設 方法

上のケーブルは、引っ張ると外れます

下のケーブルは、止め金具を起こせば引き抜くことが出来ます

以上でiMac 液晶画面が取り外すことが出来るようになりました

少々重いので、しっかり持って液晶画面を筐体から取り外しましょう

ロジックボードを取り外す

iMac メモリ増設 方法

今回の目指すメモリは、上の写真で「赤枠」のロジックボードの背面にあります

まずはロジックボードに繋がっている、コネクター類をすべて外しましょう!

さらにファンやHDDも外します・・・

iMac メモリ増設 方法

参照:ドスパラ

HDDも取り外して、下の台座も取り外さないと、ロジックボードに取り付けられている
ヒートシンクの取付ビスにアクセスできないみたい・・・

iMac メモリ増設 方法

参照:ドスパラ

そしてHDDの取り付け台座を外すためには、電源ユニットを取り外す必要があるという
なんとも分解しにくい設計になっています・・・

メモリ交換を行う

全てのケーブル、周辺装置、ビスを取り外してロジックボードを取り外します

ロジックボードが取り外せれば、後は通常のメモリ交換と同じです

iMac メモリ増設 方法

参照:ドスパラ

ノートパソコンと同じように、メモリスロットの両側の金具を外側に押します

メモリが起き上がるので取り外します

あとは新しいメモリを差し込むだけ!

かなり簡単な説明でしたが、いかがでしたか??

最初の液晶画面を外す以外は、パソコンを組み立てた経験が有る人なら
問題なくクリアできるでしょうね

画像と動画で薄型iMacの分解方法を確認する

と言っても、非常に簡単な紹介すぎるので・・・・(;´Д`)

オッサンLABOが、参考にした薄型iMac分解サイトと動画をご紹介します!

まずiMacの内部にアクセスするための分解サイトはコチラ・・・

非常に細かく写真でiMacの分解方法を確認できますね

そしてロジックボードの取り外し方法はコチラ・・・

同じドスパラさんのサイトです

オッサンLabo

写真だと解りにくい!

という人のために、動画でiMacのメモリ交換をしている動画がありました

MEASURETRIPさんのYou Tubeチャンネルで、解説付きで解りやすかったですよ

iMac 21.5inch late2013 分解 メモリの交換方法 – 完全解説・動画

薄型 iMacのメモリ増設は慎重に

iMac メモリ増設 方法

Late2012 以降のiMac21.5インチモデル・・・メモリ交換大変そうでしたね

でも大変だからこそ、8.0GBのLate2012 中古iMacはオススメかもしれませんよ!

8.0GB狙いで購入して、この記事の iMac の メモリ増設 方法 を参考にして
16GBにメモリ増設したiMacを売れば・・・

「せどり」ビジネスとして十分利益を上げることができそうな感じがします

もちろん失敗するリスクも伴いますけどね・・・(;´Д`)

もちろん「せどり」目的でなくても・・・

  • iMacデビューしてみたい!
  • 安いセカンドパソコンとしてiMacを探している

なんて方、Late2012 iMac21.5インチモデルなんていかがでしょうか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする