ローテーブル で作業したら 身体への負担が減って快適だった

ローテーブル ってすっごい快適なんですよ!

普段の生活を少しでも快適にしたい!オッサンLabo(ラボ)のオッサンです。

中年のオッサンになると、腰や膝が痛くなってきます・・・(´;ω;`)

仕事はデスクワークなんで、あまり足腰に負担はかからないんですが
それでもメモを書いたり資料作成やメールなど、数時間デスクで作業をしていると
背中や腰が痛くなってくるんですよねぇ

少し気分転換にと思って、ノートパソコンを持ち出して足の上に置いて
作業していると、次は首が痛くなってくる・・・

中年になって筋肉の衰え・・・色々体に無理が効かなくなってきているようです。

そこで!ソファーみたいに身体に負担のない椅子に座って作業ができれば
身体への負担も少ないはず!

ということで、ゆったりソファーとかに座りながら、あわよくば寒い冬は、
布団の中でゴロゴロしながら作業ができる「快適ローテーブル」を探してみました!

快適ローテーブル 探し

ローテーブル

ただ「快適ローテーブル」なんて探しても、ローテーブルも沢山ありすぎて決めれない・・・

その間にも長時間のデスクワークに耐えられないオッサンの身体は
悲鳴を上げている・・・つまり「快適ローテーブル」探しは一刻を争うのです。

ところでローテーブルとは一体どのようなテーブルのことなのでしょうか?

ローテーブルとは・・・

ローテーブルとは、ソファの前などに置かれている低い机を指すことが多いです。

作業をしたりお食事をしたり、非常に便利な家具なのですが・・・
実際に購入してみると意外と大きかったり、座った時ローテーブルの高さが合わない
なんてこともよくあるみたいですねぇ

そこで以下の、オッサンはローテーブルの条件として以下に決めました。

ローテーブルの条件

  • どんな環境でも対応できるように高さが調節できる
  • 使わない時は片付けが簡単にできる
  • パソコン以外にも色々置きたい
  • 価格が安い(5,000円位)

少なくとも、上の4つの条件をクリアしているローテーブルが欲しい・・・

LOWYA (ロウヤ) ローテーブル

ローテーブル

条件を満たすローテーブルを探すためインターネットを利用します。

検索ワードは「高さ調整 ローテーブル コンパクト 格安」などかな・・・
上記ワードで検索した結果、いろいろヒットしましたが、真っ先に目についたのはコレッ!

「LOWYA (ロウヤ) 折りたたみテーブル ロータイプ 木製 昇降式」です。

検索結果ページのトップに表示されていましたが、機能面や値段など
オッサンがローテーブル探しに考えていた条件も満たしていそうです。

LOWYA (ロウヤ)とは?

今回、条件に合ったローテーブルを販売していた「LOWYA (ロウヤ)」ですが
デザイナーズ家具やインテリア雑貨などなど、おしゃれな商品を取り扱う通販サイトです。

ローテーブルの価格を見ていただければ、お判りいただけるように
LOWYA の製品は非常に価格が安い!のに、品質や機能は非常に優れていて評価も上々。

もしローテーブル以外にも、欲しい家具があれば一度覗いてみては?


買ってよかった快適ローテーブル!

快適ローテーブル

5,000円という格安で購入したので「本当に快適なのか?」ちょっと不安でしたが・・・

結果としてLOWYA の快適ローテーブル買ってよかったぁ!

可変式だから快適ローテーブル

まずはLOWYA の快適ローテーブルは『可変式ローテーブル』であること。

高さ調整はもちろん、ローテーブル自体の傾きを6段階で調整できます・・・
テーブルを少し自分の方に傾けるだけで、本当に楽な姿勢で作業ができます。

うつむき加減での作業が疲れたら少し高めに、高めが疲れたら低めにしたりと自由自在!

しかも、テーブルの手元には「ペンストッパー」なるものがあり、
傾けたときにパソコンの滑ってもストッパーで止められるので落ちることはありません。

LOWYA の快適ローテーブルは親切設計!

ローテーブル

コンパクトだから快適ローテーブル

そして、使わないときのコンパクトに片付けられるので快適ローテーブル!

脚を折りたたむと、天板と脚の厚み含めて「7.5センチ」ほどなので、
ソファーと壁の隙間や、ソファーの下に収納できました。

ローテーブル

色々乗せて快適ローテーブル

販売サイトでは「耐荷重は10kg」パソコン以外にも飲み物や資料など
色々必要なものを置きながら作業ができるので長時間の作業も快適でした。

快適ローテーブル

しかも幅は69センチ奥行き39センチもあるので、ローテーブルにしてはかなり広々!

広々快適デスクをDIYで作った」ことがありますが、作業スペースが広いのは
快適作業の条件ですからねぇ

LOWYAのローテブルが、快適ローテーブルであることは間違いなし!

LOWYAのローテブル 気になるところ

快適ローテーブル

90%以上、希望を満たしてくれたLOWYA の快適ローテーブル ですが、
もちろん気になる点もありました。

ここはローテーブルの購入を考えている人のため、ハッキリとお伝えしなければなりません。

ローテーブルの高さ調整が気になる

高さを快適な位置に調整できるのは、ローテーブルとして魅力的なのですが・・・
左右の脚の高さを独立して調整する必要があります。

左右の高さがずれていたら、当然テーブルは斜めになっているので
快適ローテーブルとは程遠い状態に・・・

一応、左右の高さを合わせるメモリが脚に刻まれていたり、工夫はされていますが
慣れるまで、脚の高さを合わせるのに何度かやり直しが必要でした。

まぁ、慣れれば問題ないんですけどねぇ

ローテーブルの固定方法が気になる

ローテーブルの「高さ」と「傾き」ともに固定方法は、ねじ式で固定するものです。

軸となる金属の棒をネジで押さえつけることで固定するのですが・・・
ねじ込みの力が弱いと、荷重をかけた時にテーブルが倒れる原因にもなります。

シッカリねじ込まないと、耐荷重が10Kg以下になってしまいますね。

力が弱い方は、ちょっと固定の締め付けが大変かも・・・
それに何度か強い力で締め付けているうちに、固定される金属が弱くなるのか
ちょっとしたことで簡単に動くようになってしまいました。

購入して数ヶ月ですが、結構力いっぱい締め込んで固定しています。

総合的に買ってよかった快適ローテーブル

快適ローテーブル

気になる点はありますが、なんせ5,000円以内で購入することが出来るので
「コレくらいは仕方がないな」って思えます。

それよりも自由に楽な姿勢を維持しながら作業ができるローテブルが最高です。

本格的な作業を長時間続けるっていうのは、流石に無理があるかもしれませんが・・・
気分転換や1~2時間の作業など、ちょい使いのローテーブルとしては文句なしです!

総合的に「買ってよかった!」と思えるローテーブルですねぇ

自宅で作業している時は、ソファーに座りながらローテーブルを利用しているのですが、
ちょっと疲れたら高さや角度を変えたりしているので1~2時間作業しても以前みたいに
背中や首の痛みを感じなくなりましたね。

さらに!高さを一番低くして角度をつければ、寝ながらでも利用できるので
ズボラなオッサンが作業するのに快適すぎるローテーブルです!

一家に一台LOWYAのローテーブルいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする