クラウドワークス !在宅で 副業 を続けてみた結果

クラウドワークス で副業、お小遣い稼いでいますか?

楽してお金が稼ぎたい!オッサンLABO(@LABO61071768)です

さて副業として6ヶ月間クラウドワークスを続けてきたオッサンLABOですが
これまでのクラウドワークス を続けてみた結果をご報告したいと思います

  • 在宅で副業してみたい!
  • クラウドワークスって本当に稼げるの?

などなど疑問に思ってい人達に少しでも役立つ情報があれば幸いです

これまで対応してきた クラウドワークス 案件

クラウドワークス

さてクラウドワークスで誰もが気になることは・・・

オッサンLabo

クラウドワークスって誰でもできるの?特別なスキルを持っていないとできないんじゃない?

インターネットのみで作業指示を受け、納品するクラウドワークスのスタイルは
これまでの勤務形態と異なるため戸惑うかもしれませんね

でも大丈夫!オッサンLABOでも対応できたくらいですから(笑)

参考までにオッサンLABOがこれまでに対応した案件内容をご紹介します

クラウドワークス

データ入力

最初の仕事は、ひたすらデータを入力する作業でした・・・

具体的に説明すると、画像データが依頼主から送られてきて、そこに書かれている文字を
Excel(スプレッドシート)に入力するというものです。

一つの画像データで入力すべき文字も少なく、一つ20秒くらいで終わる作業でしたね

ひたすらモクモクと打ち込む作業だったのですが、ブラインドタッチのスピード次第で
時給が大きく変わる案件でした・・・

求められるスキル

  • ブラインドタッチ
  • 単調な作業をモクモクと作業できる性格

文字装飾

これは結構楽しかった案件でした・・・

既に完成されているブログ記事の内容を読んで、重要と思う文章に色付けや太字など
装飾を加えていく作業です。

オッサンLABOが対応したブログ記事は、Wordpressを用いたものだったので
文字装飾する際にはWordpressの知識が少し必要でした

またタイトルと照らし合わせて、強調すべき内容をピックアップしていく必要があるので
ある程度の文章を読み込む力が必要になってきます

文章を一度読む必要があるので、一記事完成させるのに5分ほどかかりました

求められるスキル

  • ブログ記事の追記・修正技術
  • 文章を読む力

記事構成

次に依頼を受けた仕事が記事構成のお仕事でした・・・

依頼主からは、ブログを書くための「キーワード」が提供され、その「キーワード」に基づき
「タイトル」、「見出し」、「大まかな内容」を考えるものです

この案件の大変なところは、依頼主の意図を理解する必要があるところ
「キーワード」に基づいた構成であっても、依頼主が説明したい内容から外れていれば
やり直しが求められ、依頼主と何度もやり取りする必要がありました

そのため一つの記事構成を仕上げるのに、1日以上かかることもありました

求められるスキル

  • 文章構成力
  • 依頼主とのコミュニケーション

記事投稿

WordPressの知識が少しあったので、依頼を受けることが出来たのが記事投稿の案件です

作業は非常に簡単で、テキストデータが依頼主から送られてくるので
そのデータをWordpressに貼り付けて公開するだけの作業です。

慣れれば人作業2~3分で終了するので楽な案件でした

求められるスキル

  • WordPressの初歩的な知識

記事作成

記事構成や文字装飾などの案件を受けた結果、記事作成が出来るようになりました

記事作成は、記事構成が渡される場合もありますが、タイトルが依頼主から知らされて
自分で資料を集めて好きに書く場合もあります

各内容にもよりますが、1記事(3000文字)半日ほどかかりました

求められるスキル

  • 文章を作成する力
  • インターネットなど対象となるキーワードを検索する能力
  • 依頼主とのコミュニケーション

WordPress案件

一度チャレンジしてみたのが、Wordpressでのホームページ作成でした・・・

これは「コンペ」と呼ばれる案件で、依頼主に自分の作品を提案して気に入ってもらえれば
契約するといったものです

残念ながら、オッサンLABOの作品は選ばれなかったのですが・・・

WordPressでのホームページ作成でも十分対応できる案件があることで自信が付きましたね

WordPressのスキルやホームページの質にも左右されますが、
テストページ(1~2Pのみ)だけでしたのでば2~3日で対応できる作業でした

求められるスキル

  • WordPressに関する中級のスキル(インストールからページ改変まで出来る)
  • 画像編集など、ホームページに関わるソフトのスキル
  • 依頼主とのコミュニケーション
  • デザインセンス

クラウドワークスでの報酬結果

クラウドワークス

ここまでクラウドワークスの仕事を幾つも対応してきました

ありがたいことに作業後に依頼主より「スカウト」されて
今も幾つかの依頼主から仕事を継続的にいただいています

さて、そんなクラウドワークス案件ですが、実際にどれほど稼げるのでしょうか?

クラウドワークスの時給は6〜700円が一般的

特集能力が無い一般のオッサンLABOなので、対応案件も一般的・・・
だから報酬も一般的で、だいたい時間給にして6~700円でした

「ちょっと少ない」と思われるかもしれませんが、好きな時に好きな場所で仕事が出来るので
その分、給料が少なくても「仕方がないかなぁ」と思ってましたけどね

それでは実際の仕事単価を紹介していきましょう

データ入力6円

画像データの文字入力を行う作業ですが・・・一つの画像で6円くらいでした

もっと具体的に言うと「一文字0.3円」でしたね

つまり一つの画像から20文字くらいデータを入力する必要があるという事

本当に黙々と作業する必要がありました・・・

記事構成単価100円

記事構成は意外と安く一つの構成で100円でした

依頼主が気に入らなければ1日以上かかるので、あまり割の合わない仕事でしたねぇ

記事作成一文字1円

記事作成は、最初一文字1円でしたが、これは文字の量や文章室で大きく変わりました

ただ記事作成一文字1円は、クラウドワークスでは平均の金額でしたね

中には0.5円とかもありますが・・・

WordPress案件は依頼主次第

WordPress案件は結局「コンペ」を取ることが出来なかったので何とも言えませんが・・・
ホームページの作成は依頼主次第って感じで、金額も様々です

10万円以上もあれば5000円の依頼もありました

因みにオッサンLABOが申し込んだ案件はホームページ作成7000円でした

7000円はホームページ作成する金額としては超安いかもしれませんが
求められていることも少なかったですね

つまり高額に慣ればなるほど、ホームページに求められることも多くなります

スカウトされないとキツイ

つまり時間給6〜700円稼ぐためには、データ入力なら50以上を処理する必要があります

記事構成なら6個以上・・・

そう考えると記事構成が一番稼ぐことが出来るかも

実際に今も取引があるところは全て「スカウト」で依頼主から名指しで仕事依頼がきます

「スカウト」の場合、金額の交渉をしてくれる場合が多く、今は文字数関係なく
一記事4000円ほどで対応しています

オッサンLABOの一記事の文字平均が、3000文字で30分ほどで書き上げていますので
時給に換算すればかなりいい仕事かもしれません・・・

ただ「スカウト」の場合、いくつも作業依頼は来ないので結局はそこまで稼げないですけどね

クラウドワークスでスカウトを受ける方法

クラウドワークスで多くの報酬を受けるためには、一般的なスキル以上を身に着ける以外には
依頼主から「スカウト」されることです

でも初めのうちは、どんなスキルがあっても「スカウト」されるなんてあり得ません・・・・

オッサンLABOが「スカウト」されるために心がけたのは3つです

スカウトされるためにしたこと

  • 丁寧な仕事
  • 依頼主にこまめに連絡
  • 改善点の提案

この3つを心がけました!丁寧な仕事や依頼主への連絡は、社会人として当たり前ですが
「改善点の提案」は、努力がいるかもしれません・・・

例えば「文字装飾」案件の場合、重要な文章を装飾するだけですが、記事を読むと誤字脱字や
文章の言い回しが間違っている文章がありました

そんな時に、依頼主に「改善点」の提案をします

もちろん内容が改善されて「良く」なるのであれば、依頼主は喜んでくれますよね?

そんな事を繰り返すことで、依頼主から信頼されて「スカウト」案件が来るようになります


半年続けて気付いた点

クラウドワークス

さてこんな感じでクラウドワークスを続けた結果・・・あることに気が付きます

オッサンLabo

自分の記事が稼いでいるのなら、自分で書いて投稿した方が良いのでは・・・?

まぁ半年も経ってやっと気が付くという遅さですが・・・
でもクラウドワークスで案件に対応してきたおかげで、記事を書くことや投稿する作業
にも慣れて、毎日投稿もあまり苦も無くすることが出来ています

ネタ探しの大変さ

とは言え、ネタ探しは大変・・・(-_-;)

クラウドワークスの時には、依頼主がキーワードやネタ内容を提供してくれましたが
個人で書く場合は、全てネタを自分で探す必要がありますよね

なにが人気のある記事なのか?どうすれば読んでもらえるのか?

全部自分で考える必要があるので、クラウドワークスの時より大変です

クラウドワークス でスキルアップ

クラウドワークス

クラウドワークスで副業を始めたころは、沢山の案件に対応しても
3~4万円を稼ぐのがやっとでしたが「スカウト」されることで5~6万円は稼げました

ただクラウドワークスのみで生計を立てようとすれば、プログラムなど特殊なスキルが
必要になるのは間違いなさそうです・・・

オッサンLABOのように、一般的なスキルしかない人は、あくまでクラウドワークスは
「副業」の域を出ないでしょうね

それよりもクラウドワークスで作業しながら、記事を書くコツや、Wordpressへの
投稿方法や文字装飾の技術を学んで、自分で記事を投稿したほうが良いかも

実戦でスキルアップを目指される人は、一度クラウドワークスで作業されてみるのはいかが?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする