メール CC BCC 違い ってナニ?使い分けはどうすればいいの?

メール CC BCC 違い ってナニかご存知ですか?

仕事で少しでも楽をしたい!オッサンLABO@ossan_laboのオッサンです

4月からの新社会人が働き始めて2ヶ月が経過しました・・・
個々の能力差があるとはいえ、結構初歩的なビジネスマナーを知らない人がいるんですよねぇ

その一つが「メールマナー」だと思います

相手に連絡を取るのには、非常に簡単で便利なツールですが・・・
簡単だからこそ意識しないと相手に不快な思いをさせてしまう時があります

特に「TO、CC、BCC」は気を付けないとメールトラブルの原因になりますよね

だからこそビジネスマナーとして知ってて当然の メールのCC 、BCCの 違い について
改めて事務職のオッサンLABOが、お話ししたいと思います(`・∀・´)

送信アドレスは TO? CC? BCC?

メール CC BCC 違い

オッサンLabo
上司

〇〇株式会社の鈴木さんに見積もりメールしといて

なんて仕事を頼まれると、ファイルを添付してアドレスを入力(選択)して送信します

でもその時に、鈴木さんのアドレスがどこに入力されているか意識されたことがありますか?
改めて「TO」「CC」「BCC」の違いや入力方法を聞かれると戸惑ってしまいますよね

では初めに「TO」「CC」「BCC」の違いについて説明しますね

「TO」について

「TO」は、「宛先」の意味があってメールを送る際には一番よく使う項目ですよね

「TO」に送信相手のアドレスを入力して送信するという事は
相手に「あなたに対しての連絡ですよ!」という意味になります

つまり「TO」で「見積りメールを受けた鈴木さん」は、必ず返信する必要があるわけですね

複数名に「TO」で送信した場合の目的

ご存知だと思いますが「TO」の項目には、複数のアドレスを入力することが出来ます

複数の人にメールが届くとはいえ「TO」で送るという事は、
「対象者全員を指定した連絡」なので、メールを受信した人は返信する必要が出てきますね

「TO」で複数名に送信した場合の宛名の書き方

メールに慣れていない人が、一番困るのが複数名を指定した時の「宛名の書き方」です・・・
送信相手が一人であれば「会社名・部署名・相手の氏名」で送信すればいいと思います

ただ複数名の場合は「会社名・部署名・相手の氏名」全てを入れていると大変ですよねぇ

「TO」で複数の場合は「会社名と役職順に氏名」で十分だと思います

「TO」で複数名に送る場合の宛名の書き方

〇〇株式会社
鈴木様
小林様

「TO」で複数名に送信した場合は、上記のような感じで宛名を記入すればよいと思います

「TO」で送信する時の注意点

個人でも複数でも、宛先を指定しているために、メール内容を送信者全員と
情報を共有したいという目的が「TO」の送信には含まれています

そのため「TO」でメールを受信した人すべてが、他の受信者情報を知ることが出来ます

知り合いだったり、社内の人間であれば問題ないと思いますが・・・
メール受信者同士が知らない場合、メールアドレスの情報が他の人に漏れてしまいます

受信者同士が知り合いでない(社外・チーム外)場合は「TO」での送信に注意しましょう!

「CC」について

「CC」は、Carbon Copy(カーボンコピー)の略です

書類を複写するのに「カーボン用紙」ってのがありますが、
同じ意味でメールの「CC」には「複写」という意味があります

書類の複写は、書類に不備がないように確認できるようにするためのものです

メールの「CC」も同じ役割があって「CC」で送信された宛先は、
「一応あなたにも確認しておいてほしい」という送信者の目的が含まれています

つまり「CC」で送信された人は、確認することが目的であって「TO」とは違い
メール内容に不備がない限り「返信」する必要はありません

よく使う例としては、仕事を指示した上司に「CC」で連絡するケースですね

「言われた仕事ちゃんとしましたよ」って意味で、上司を「CC」に含むことが多いですね

「CC」で送信した場合の宛名の書き方

「TO」とは違い「CC」の相手先は「返信」は求められていませんが・・・
「CC」でメールを送っていることを知らせるために、宛名に含めるのがビジネスマナーです

例として挙げた「〇〇株式会社の鈴木さんに見積もりメールしといて」と上司に言われた場合
以下のような方法で「CC」を利用することが出来ます

「CC」で送る場合の宛名の書き方

〇〇株式会社
鈴木様
(CC:上司氏名)

「CC」の宛先は、(カッコ)で表記したほうがよいと思います
「CC」に仕事を指示した上司を含めることで、指示に対応したことを知らせることが出来ます

また複数名に送信する場合は「TO」と同様に役職順に掲載するようにしましょう

「CC」で送信する時の注意点

「CC」も「TO」と同様に、受信した全員が他の受信者のアドレス情報を知ることが出来ます

受信者同士が知り合いでない(社外・チーム外)場合は「TO」での送信に注意しましょう!

「BCC」について

「Bcc」は、Blind Carbon Copy(ブラインドカーボンコピー)の略です

「ブラインド」には「目隠し」の意味があるように「BCC」で送信したメールアドレスは
これまでの「TO」や「CC」と違い、受信者にアドレスが表示されることはありません!

つまりメール受信者同士が知り合いでない場合や誰に送信しているか知られたくない場合など
不特定多数の人にメールする場合に向いていますね

「BCC」送信を利用する場合

  • 社外の人と社内の人へのメール連絡
  • 会合出席など不特定多数の人への参加案内メール

「BCC」で複数名に送信した場合の宛名の書き方

「BCC」で送信した場合、メール受信者には他の受信者の情報は開示されませんが
「BCC」で送信されたメールであることはわかります

マナーとしては「BCC」で送信していることをちゃんと伝えたほうが良いですね

また「BCC」での送信は、複数名を対象にしたメールが多くなるため
宛先の書き方が難しいですよねぇ

という事で参考までに「BCC」で送信した時の宛名の書き方をご紹介します

「BCC」で複数名に送信する宛名の書き方関係者各位
平素は大変お世話になっております。
まずはBCCでの一斉送信をお詫び申し上げます。

など一言「BCC」での送信メールであることを伝えておくことがマナーですね

「CC」「BCC」でメールを送る方法

メール CC BCC 違い

さて メール の「TO」「CC」「BCC」の 違い は、理解することが出来たと思います

では実際に「CC」「BCC」で、どのようにメールを送信するかご存知ですか?
どんなメールソフトやWEBメールでも「CC」「BCC」で送信することが可能です

簡単ですが、一応「CC」「BCC」の利用方法をご紹介しておきましょうかねぇ

Gmailで「CC」「BCC」を送る

こまかな操作方法に違いがあるかもしれませんが、だいたい同じなので・・・
今回はGmialでの「CC」「BCC」での送信方法を紹介しますね

CC

宛先アドレスを入力するボックスの右端に「CC」が表示されています

メールCC

「CC」をクリックすると宛先の入力ボックスが表示されます

メール CC BCC 違い

BCC

メール BCC

「BCC」も「CC」と同じように、宛先アドレスを入力するボックスの右端に表示されている
「BCC」をクリックすれば宛先の入力ボックスが表示されます

スマホで「CC」「BCC」を送る

オッサンLABOが活用しているスマホはiPhoenなのですが・・・
パソコン同様にアプリをインストールすることで、その操作方法は変わりますよねぇ

今回は、iPhoneの標準メールアプリでの「CC」「BCC」送信方法をご紹介します

アプリを起動し「Cc/Bcc:」をタップするだけ

メール CC BCC

簡単操作なので一斉送信の時は非常に便利ですよ!

「CC」「BCC」で一斉メールする時の注意点

メールCC、BCC

とっても簡単な操作で、送信できる「CC」「BCC」メール・・・
使い方の意味を正しく理解すれば、一斉メールが便利になりますねぇ

ただ注意して使わないとトラブルにもつながるので「CC」「BCC」でメール送信した際の
注意点も一応紹介しておきましょうか

メールエラー

オッサンLABOも一斉メールで「BCC」を利用することがあるのですが・・・
多くても300名くらいに送るくらいです

それでもメールアドレスが間違っていたりすると、メールエラーでメールが戻ってきます

それが結構大変で・・・50通くらいメールが戻ってくる時があります

エラーメールでも新着メールとして受信するので確認作業が大変です

一斉メールを送信する時には、正しいアドレスが入力されているか確認しましょう!

さらに同じアドレスから大量の一斉メールが送信されると、
たまに「迷惑メール」として判断されて、送信先に届かない場合があります

重要なメールは、一斉送信するのではなく個々に分けて送信しましょう

情報が漏洩する可能性

一斉送信メールは、多くの人に一瞬で同時にメールが届くため
ちょっとしたミスでトラブルに繋がります

よくあるミスが「BCC」で送信したつもりが、「TO」や「CC」で送信してしまうケースです

非常に単純なミスでも一斉送信した場合は、取り返しがつかないので
送信する前には必ず宛先を確認するようにしましょう

メール CC BCC の 違い を理解して利用しよう

メール CC BCC 違い

仕事で欠かせない「メール」ですが、意外と「TO」や「CC」「BCC」の
使い方や使い分けを知らなかったりします

会社がわざわざ「CC」「 BCC」 違いなんて教えてくれないですからね

  • {TO」は個々の人を指定して「返信」を求めるメール
  • 「CC」は複数の人に「メール内容を確認」してもらうためのメール
  • 「BCC]」は複数の人に「送信者情報を隠して」送信するメール

でも知らないとビジネスマナー、メールマナーとして大きなトラブルにつながりかねません!

メールの「TO」「CC」「BCC」の使い方を正しく理解して利用するようにしましょうね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする