ヤフオク で買った iMac を ハードオフ で 売ってみた 結果!

iMac を ハードオフ で 売ってみた 結果を報告します!

副業頑張ってる!オッサンLABO@ossan_laboのオッサンです!

クラウドワークスせどりアフィリエイトなどなど色々と副業をしてきましたが、
その中でもすぐに稼ぐことが出来たのが「せどり」でございます!

いつもは仕入れた商品をヤフオクで販売していたのですが・・・
ヤフオクを利用したことがない人にとっては、ヤフオクはハードルが高いかもしれませんね

ということで、気軽に商品を売ることが出来るハードオフで商品を売ってみました!

今回は、ヤフオクで買った iMac を ハードオフ で 売ってみたよってお話しです!

ヤフオクで久々にジャンクiMacを購入

iMac ハードオフ 売ってみた

さて今回「せどり」のために用意したのが・・・ヤフオクで購入したジャンクiMacです!

オッサンLabo

なぜ、iMacなの?

「せどり」といっても、何でもかんでも売れるというわけではなありません!

以前にも記事にしましたが、基本的に売れる商品の条件というのは・・・
「人気」があって「数が少ない」商品なのです

iMac ハードオフ 売ってみた

上の図でいうと「A」になるわけですが、iMacはこの条件にピッタリの商品です

パソコンOSの世界シェアで言えば、Windowsが半数以上を占めていますが
Apple製品は、iPhoneはじめ非常に人気がありますよねぇ

iMacなどのApple製品は「せどり」では、非常に良い商品なのです!

ジャンクiMacについて

さて今回購入した、iMacですがヤフオクで久々に購入したジャンク商品です

詳細は「ヤフオク で ジャンク iMac を久しぶりに買ってみた!」をお読み下さいね

Apple iMac MC814J/A(Mid 2011)
CPU Core i7 3.40GHz
RAM 16.0GB
HDD 無し
Monitor 27インチ
Attachment 外箱・本体・電源ケーブル

結構、良いスペックですよね?
でも液晶表示不良ということもあって、ジャンク商品として9,000円で購入できました

あとHDDは、以前中古パソコンから抜き取った160GBのHDDを使用したので0円!
送料は900円だったので、商品の原価は9,900円となりますね

ちなみに修理は、自分でしたので無料です(後日修理内容を掲載します)

つまりハードオフで9,900円以上で、iMacが販売できれば黒字ということですね

iMac ハードオフ で 売ってみた

iMac ハードオフ 売ってみた

さて無事に修理を終えて、macOSをクリーンインストールすることができたので
早速、近所のハードオフに持ち込んでみました

ちなみに近くにハードオフがない場合でも、電話で引き取りに来てくれるみたいので
利用してみたい人は、一度ハードオフのホームページを確認してみましょう

気になる査定結果

ハードオフの査定結果について正直オッサンLABOは、期待していませんでした

その理由として、ハードオフはヤフオクなどのWEBショップとは違い・・・

  • 店舗の管理舗費用
  • 店員の人件費

が必要になるため、実店舗での買取は、安く購入して高く売るのが鉄則ですからね

オッサンLabo

でもCorei7だし、良くて15,000円くらいかなぁ

と思って待つこと10分くらい、買い取り待ち番号が呼ばれます、そして結果が・・・
10,000円でした!!

理由は、HDDが160GBや、8年前の商品で最新macOSをインストールできないなどを
指摘されました・・・でも10,000円って・・・

オッサンLabo

えぇ・・・ちょっと安すぎない?

と、ちょっとだけダダをこねていると・・・

オッサンLabo
店員さん

じゃあ2,000円プラスで12,000円でどうですか?

アラアラ意外と簡単に買取価格がアップしました(>ω<)

最初から商品を持ち帰る気はなかったので12,000円で了承!

iMac ハードオフ 売ってみた

売ることが決まれば、身分証明書を提示して、その場で12,000円を現金で貰って終了です

時間的には、入店から現金化まで「20分」ほどでしたので、本当に簡単でした!

せどりの利益

ヤフオクで購入したジャンクiMacの商品原価は「9,900円」でした

で!ハードオフで売った金額が12,000円なので・・・
車で商品を運んだので、ガソリン代とか、修理の人件費とかの経費もありますが、
今回は無視して(笑)単純に「原価 - 売上 = 利益」とすると

2,100円の儲け!ということになりますね

メリット・デメリット

iMac ハードオフ 売ってみた

オッサンLABOは、これまでヤフオクで販売して、お小遣いを稼いできましたが
ハードオフで売るのは初めて!

2,100円の利益は、流石に安い・・・って価格面では感じがしましたが、
ヤフオクには無いメリットも感じましたね

ヤフオクで売る

ハードオフを利用して感じた、メリット・デメリットを紹介する前に
いつも利用しているヤフオクでのメリット・デメリットを紹介しますね

メリット

ヤフオクで商品を販売するメリットは、やはり買い手との「直接取り引き」という点です

ネットを利用して「直接取り引き」を行うので、店舗の管理費用や人件費は必要ありません

つまりお店が販売している金額で、売ることが出来るということです

今回、ハードオフで売ったiMacもオークファンで調べてみると・・・・
30,000円以上で普通に落札されているではないですか!!


つまりハードオフの2~3倍の金額でヤフオクなら売れるということですねぇ

デメリット

オッサンLabo

高く売れるならヤフオクで売ればいいじゃん!?

と誰もが思うと思いますが・・・ヤフオクで売るのってリスクもあります

登録・出品・発送は、慣れれば簡単に短時間できるのですが、
数十台数百台と商品を売っていると、必ず出会うのがクレーマーさんです

コレまでにも、あらぬ言いがかりで散々文句を言われた挙げ句・・・
「商品は返さないけど金返せ!」など、訳のわからない理屈でトラブルを経験しました

ヤフオクは「評価システム」などもありますが、新しいアカウントや
「評価」を意図的に上げてる人もいるので、結局はどんな人に落札されるかは解りません

クレーマーに出くわすのなんて、十数件に1件位の低確率ですが・・・
それでも、全て独りで作業していると商品が落札者に届いた後もクレームが来ないか
結構気にしていましたねぇ

ハードオフで売る

その点ハードオフで売る場合は、お客さんと直接やり取りする必要は勿論無いので安心です

メリット

ちょっと動作不安定なパソコンでも、ハードオフで売れば、そこで終了です

その後、パソコンが壊れようが何しようが、後はハードオフが対応してくれます

商品を売った後に「ちゃんとお客さんの元でも正常に動くかなぁ」なんて心配もないので
精神的なストレスフリーで助かります

あとは直ぐに現金化出来るのも嬉しいですね

商品をハードオフに持ち込んで、現金化されるまで20分程度です

ヤフオクの場合、落札されて入金されるまで最長2週間かかりますから
その点でも「直ぐにお金がほしい!」人には助かりますよねぇ

デメリット

ハードオフで売るデメリットは、やはり「売値が低い」というところですね

今回も、ヤフオクで売れば2~3倍の価格が付くわけですから、
「せどり」などで副業を考えている人は、ヤフオクなどで売るほうが良いと思います

ただ「クレーム対応や発送など手間賃が含まれている」って考えると
今回の12,000円の買取価格でも、オッサンLABO的には納得ですけどね

iMacをハードオフで売ってみた結果!

iMac ハードオフ 売ってみた

ヤフオクで仕入れたジャンクiMacをハードオフで売ってみましたが・・・・
結果は、12,000円でした

オッサンLABO的には、まぁまぁ予想通り納得の行く結果でしたね

この後、iMacを売ったハードオフに行って40,000円で売られているのを見て
ショックを受けたのは、また別のお話ですが (´・ω・`)

ということで「iMacをハードオフで売ってみた結果」以下の事がわかりました

ハードオフ向きな人

  • とりあえず不用品を処分したい人
  • 現金が直ぐに欲しい人
  • トラブルなどの対応が面倒な人

は、ハードオフを利用したても損はないと思いますよ

一方でヤフオクなど、インターネットオークションなどで販売したほうがいい人は・・・

ヤフオク向きな人

  • 少しでも高額で商品を売りたい人
  • 副業として今後もしっかり稼ぎたい人
  • クレームなども対応できる人

という人は、ヤフオクなどを利用することをオススメしますね

なおハードオフで手にした12,000円は、その後直ぐに家族とのお食事代に消えました(泣)

この記事が、みなさんの参考になれば幸いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする