ギガサイズ の データ もメールで送信して共有する方法

ギガサイズ のデータって日常のデータサイズになってきましたよね?

少しでも仕事で楽したい!オッサンLabo(ラボ)のオッサンです。

仕事をしていると、たまにギガサイズのデータを相手先に届けることがあります。

USBやDVDなどにデータを取り込んで、相手先に届けることもありますが・・・

オッサンLabo

「すぐにデータが欲しい!」

と言われた場合、メールでギガサイズのファイルを届けるしかないですよね??

でもギガもある大容量データをメールで送信できましたっけ??

今回は、オッサンが仕事でギガサイズのデータを相手先に届ける方法をお話しいたします。

情報容量の単位

ギガサイズ

もしかすると超パソコン初心者のオジサンも見ているかもしれないので・・・
コンピューターで使用するデータの単位をまずはじめに紹介します。

単位 英語名 情報量
ビット bit (b)
バイト Byte (B) 1B = 8b
キロバイト Kilo Byte (KB) 1KB = 1,000B = 1,000 Byte
メガバイト Mega Byte (MB) 1MB = 1,000KB = 1,000,000 Byte
ギガバイト Giga Byte (GB) 1GB = 1,000MB = 1,000,000,000 Byte
テラバイト Tera Byte (TB) 1TB = 1,000GB = 1,000,000,000,000 Byte
ペタバイト Peta Byte (PB) 1PB = 1,000TB = 1,000,000,000,000,000 Byte

ペタバイト以降にも、エクサバイトやらゼタバイトやらありますが、
今現在市販されているHDDとかは、ギガバイトやテラバイトまでの容量となっています。

普段使うファイル容量

さてパソコンやインターネットを利用して仕事をしていると、上記の「情報容量」は
どうしても気になるものです。

ウェブサイトの表示データサイズ

Pingdom Website Speed Test」というサイトでは、指定したURLサイトの
データ容量を測定してくれます。

試しにYahoo!JAPANを測定すると・・・

ギガサイズ

なんと384キロバイトしかありません!!つまり「0.384メガバイト」ってことです。

Office製品のデータサイズ

仕事でお世話になるのがMicrosoftのOffice製品ですよね?
データ内容によっても大きく異なりますが、WordやExcelのデータ容量ってどれ位ですか?

写真やグラフなど使用しなければ「数メガ」が、オッサンの平均です。

因みに「1MBのWordファイルって何文字くらい?」面白い検証をされている方がいました。

文字だけで1メガバイトのデータサイズだと「文字数370万字弱」になるそうです・・・

写真のデータサイズ

写真もカメラの設定によりますが・・・1枚あたりのデータザイズです。

画素数 800万 1200万 1600万 1800万 2400万 2000万
RAW
サイズ 3.6MB 4.5MB 7MB 8MB 10MB 24MB

写真でも1枚あたりだと、全然ギガサイズのデータにならなさそうですね。

動画はやっぱり ギガサイズ

やはりギガサイズデータになるのは動画からでしょうかね?

1GB 2GB 4GB 16GB 32GB
HD 5分 10分 20分 1時間20分 2時間40分
フルHD 2分 5分 10分 40分 1時間20分
4K 1分 3分 7分 28分 56分

上記の写真・動画データサイズは、あくまでも参照ですが・・・
動画になるとギガサイズデータが出てくるようです。

因みに「初代ドラクエ」は・・・

ドラクエは64KB

因みに1986年に発売され、当時の子供達の心を鷲掴みにし、
その後「シリーズ化」された「初代ドラゴンクエスト」は、64KBって知ってました?

今の写真1枚にも届かない、ローサイズのゲームだったんですよ!凄いですよねぇ

ギガサイズ データはメール送信できない

ギガサイズ

さてデータ容量がわかったところで肝心なのは、データを相手に届ける時です。

ご存知だと思いますが、各社が提供するメールサービスには「データ容量制限」があります。

Gmail yahoo OCN Biglobe eo
一通の容量 25MB 25MB 100MB 100MB 100MB
メールボックスの容量 15GB 2GB 1GB 5GB 5GB

※Gmailのメールボックス容量は、GoogleDriveの容量も含みます。

多くの人が利用しているシェアNo1のGmailは、一度の送信で送れるデータは25MBまで!

つまりWordやExcelなどのデータなら大丈夫ですが・・・
写真や動画になると送信できない可能性があるのです!

オッサンLabo

25MB以上のデータを相手に至急届ける必要があるときはどうするの??

ということで、ココからが今回の本題です(笑)

クラウドで共有する

クラウドサービス

まずは単純にGoogleDriveなどの「クラウドサービス」を利用することが出来ます。

クラウドサービスの殆どが、任意のデータを共有することが出来るように
「共有リンク」が作成できるようになっています。

「共有リンク」を作成して、メールにリンクを貼り付ければ「動画データ」をはじめとする、
あらゆるギガサイズのデータを共有することができますよ。

便利なクラウドサービス

ということで、安心して使えるクラウドサービスを紹介します。

今回紹介するクラウドサービスは・・・

  • 無料であること
  • ファイル共有が出来ること
  • フォルダー利用が出来ること

などを条件にしています。

サービス名 データ容量
DoropBox 2GB
GoogleDrive 15GB
OneDrive 5GB
Yahoo!ボックス 5GB
Amazon Cloud Drive 5GB
icloud 5GB

この他にもエバノートだとか、無料で使えるクラウドサービスは幾つかありますが
とりあえずは無難なサービスのみをご紹介しました!

利用開始方法やメールでの共有リンクの取得方法は、直接サイトを見てもらうか・・・
この記事が人気が出れば、また紹介します・・・だって書くの大変だから(汗)

でも取りあえずは、全てのクラウドサービスでデータ容量がギガサイズを超えてますね。

これなら複数の写真でも動画でも安心して共有できるますよね。

おススメのクラウドサービスはDropBox

オッサンLabo

どのクラウドサービスを利用すればいいのか判らない・・・

というオジサンには、とりあえずDropBoxをおススメします。

「共有リンク」を作成する事はもちろん、他にも多くのメリットがあります。

最大16GBまで無料で利用可能

最初は2GBまでしか利用できないけど、いろいろ条件をクリアしたり
友達にDropBoxを紹介することで、最大16GBまで利用することが可能になります。

アプリをインストールすれば通常フォルダーと同じように扱える

DropBoxはWindows用・Mac用のソフトが用意されています。

ソフトをインストールしておけば、通常のフォルダーと同じようにデータが扱えます。

共有したいギガサイズデータでも、DropBoxのフォルダーに保存しておくだけで
簡単に相手とギガデータを届けることが出来るわけです。

多くのソフトと連携されている

DropBoxは、クラウドサービスの中では古くからサービスを提供しています。

そのため多くのソフトがDropBoxと連携しているんですね。

例えば、 WordやExcelを提供しているマイクロソフトもその一つです。

Microsoftのアカウント(有料)があれば、DropBoxを保存先にできるのでスマホで
WordやExcelの編集が出来るわけです。

無料のアップローダーを利用する

オッサンLabo

クラウドサービス・・・便利そうだけど、アカウント作るのメンドクサイ

そんなワガママなオジサンたちにおススメするのが、アカウント作成不要で
利用できる無料のアップローダーです。

アップローダーも、クラウドサービスの1つですが、クラウドと違いアップロードして
一時保管されているデータを配布・共有することが主な目的です。

そのため保管されたデータは、一定期間になると自動的に消去!

  • 急ぎでギガサイズのデータを取引先に届けたい!
  • 旅行の写真を友達に届けたい!

そんな一時的な目的で利用する場合の人におススメです。

おススメのアップローダーは??

当ブログの管理人のオッサンがいつも利用している無料のアップローダーは・・・

ギガファイル便

一番よく使用しているのが「GigaFile便」です。

なんと1ファイル100GBまで対応可能なので、動画のギガサイズデータでも安心ですよね。

しかも、パソコン苦手なオジサン達にも親切な「シンプルデザイン」で
初めての人でも簡単に利用することが出来ますよ!

データ便

「GigaFile便」と同様に、デザインがシンプルで初めて利用する人向けの「データ便」

会員登録をしない場合は、500Mまでなら大丈夫。

無料会員登録で2GBまでアップロードすることが出来ますよ。

さらに「セキュリティ便を利用すれば、受信者が送信者に受け取り確認してからでないと、
ギガサイズデータを受信できないようにすることも可能です。

  • 他の人にデータを取られたくない!
  • 間違って送信した時が心配!

などセキュリティ面で心配な人は「データ便」がおススメ!

本当に簡単無料のアップローダー

オッサンLabo

そんな簡単にギガサイズのデータをアップロードできるの??

と思われる人のために、データ便の「アップロード方法」をご紹介しますね。

アップローダーの操作方法は、基本的に同じなので一つ解れば他も解ると思いますよ。

データをアップロード

データ便の利用方法

まずはアップロードしたギガサイズのデータファイルをドロップ(参照で選ぶ)します。

次に利用規約にチェックを入れて、アップロード・・・終了です。

アップロード完了後に共有リンクを取得する

データ便の利用方法

無事にアップロードが完了すれば「共有リンク」の取得が出来るようになります。

データ便の利用方法

表示された共有リンクをコピーして、メールに貼り付けて相手に送信すればOK!

メチャクチャ簡単でしょ??

アップローダーは危険??

オッサンLabo

こんなに簡単で、しかも無料でギガサイズのファイルを転送できるなんて、あやしい・・・

誰もがそう思うはず。

ただ無料でもアップローダーを運営する企業は、誠実な企業だと思います。
(全ての企業を知りませんが・・・)

もちろん残念ながら「情報が洩れる」場合もあります。

ただそれはインターネットを利用する上では完璧に防げませんし、
企業も意図して情報を漏らそうとは思っていないはず。

結局のところ、利用者の自己防衛しかないと思います。

「不安なら使わない」か、もしくは「セキュリティ」を設定することです。

今回ご紹介した「データ便」は「セキュリティ便」のオプションを提供していますし
「ギガファイル便」もパスワードが設定できるようになっています。

キチンと自己防衛の対策をした上で、利用するようにしましょう!

大容量 ギガサイズ ファイル も簡単共有

ギガサイズデータを共有する

インターネット通信は、大容量通信5Gなど日々新たなサービスを提供しています。

大容量通信が可能になると、更にギガサイズのデータより大きなテラサイズデータなんかも
取り扱う時代が来るかも・・・・

そうなると大容量のギガサイズ・テラサイズデータを共有する方法が必須になりますよね。

クラウドサービス・アップローダーがあれば簡単に共有できるので、
パソコンが苦手なオジサンでも一つくらいスムーズに利用できるようにしておきましょう!

大容量 ギガサイズファイルを簡単共有する方法を知っていると
仕事でもプライベートでも大活躍すること間違いなしです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする