Googleシリーズ!便利すぎる Google Drive 使っていますか?

Google Drive 利用されていますか?

Googleは、キーワド検索やGoogle MapそれにGmailなど
一度は利用したことがありますよね。

多分、Googleのアカウントも一つはお持ちではないでしょうか?

でも「Googleアカウントを持っていてもGoogleDriveは利用したことがない」
GoogleDrive未経験者が結構いるのではないでしょうか?

GoogleDriveって使わないと「損!」と言えるくらい便利なんですよ!

Google Drive とは

google drive

GoogleDrive は、みなさんご存知の通り Google が提供するクラウドサービスです!

ただのクラウドストレージではありませんよ!ファイルビューア機能が付いていますので
文書・動画・写真ファイルなどをウェブ上で閲覧することが可能です。

更に、GoogleDrive には、様々なアプリが無料で利用できちゃいます!

例えば、仕事で必要なアプリと言えばOFFICE製品ですが、
GoogleDrive のサービスを利用すれば、ドキュメント・表計算ソフトが無料なのです!

便利な GoogleDrive アプリ

驚くことに無料で利用できるアプリは数種類ではありません!

などなど、この他にも便利なアプリが沢山「無料」で用意されているから魅力的ですよね!

GoogleDrive の使い方

こんな便利アプリが沢山用意されているなら
「Google Drive を利用したい!」と思われますよね?

だったら使いましょうよ!だってGoogle Driveの利用方法は、非常に簡単なんです。

まずは Googleアカウントを作成 します。これは当然ですよね。

アカウントが作成できれば、Google Drive にアクセスするだけです!

Google Driveの 共有 方法

GoogleDriveのメリットは、なんといっても作成したデータを簡単に
仲間と「共有」出来ることです。

「共有」のナニが便利なのかという人のために説明すると・・・

例えば、旅行の写真や動画を友達に送りたい時ってありますよね?
仕事なら、容量の大きなファイルを送信することがあるかもしれません。

そんな時に、メールでは容量が大きくて添付できない!ってことありませんか?

でもGoogleDrive なら大丈夫!

どんなに容量の大きなデータでも「共有」しちゃえば
簡単にデータを相手に届けることが出来ちゃいます!

1、共有するファイル・フォルダを選択

まずは共有するファイル・フォルダを選択します。

選択したファイルを「右クリック」して「共有」を選択します。

2、共有ユーザーを追加・リンクの取得

「共有」をクリックすると「他のユーザーと共有」画面が表示されます。

「ユーザーを追加」の項目に、共有したいユーザーのメールアドレスを
入力し「送信」をクリックすれば相手に「共有」メールが届きます。

相手がメール内に掲載されている「共有リンク」をクリックすれば共有完了です。

共有する際に、相手に3つの権限を付与することが出来ます。

  • 編集者 : ファイルの閲覧だけでなく編集が可能になります。
  • コメント可:ファイルにコメントが追加できます。
  • 閲覧者 : ファイルの閲覧のみが可能です。

相手にデータを編集されたくない!場合は、権限を変えて「共有」しましょう。

また、この方法以外にも「共有可能なリンクを取得」して
「共有リンク」を通常のメールソフトに貼り付けるなどの方法があります。

どちらの方法でも、簡単に「共有」することが出来ますよ。

Google Drive の保存容量

google drive

「Google Driveってめっちゃ便利!」と思って「全部」データを保存する前に
注意点があります。

それが Google Drive の保存容量 です。

無料で便利なGoogle Driveですが、無制限で幾らでもデータを保存できる訳ではありません。

残念ながら、保存容量に限界があります。

無料容量

無料で使えるGoogleDriveの容量は・・・実は15GB!

しかも、Googleのサービス全体で15GBです。

どういうことかというと・・・

GoogleDriveで利用しているデータファイルだけでなく、
GmailやGoogleフォトなどのデータも併せて15GBなのです!

Googleフォトなどは条件を満たせば「圧縮」して、容量を抑えてくれますが
無制限にデータを保存できる訳でないことを覚えておきましょう。

使用容量の確認方法(パソコン)

現在の使用容量がどれくらいなのか確認して、必要に応じてファイルを整理しましょう。

  1. Googleアカウントにログイン
  2. Google Driveにアクセス
  3. 左のメニュー下に現在の保存容量が表示される

もし容量が一杯になると、GoogleDriveどころか
メールの受信が出来なくなる可能性があるので注意しましょう。

また容量を限界近く使用している場合、何に多く容量を使用しているか確認しましょう。

もしかするデータ整理で、かなりの容量を確保できるかもしれませんよ。

不要なデータも無く、使用容量が限界に近い場合は
「容量をアップグレード」から有料で容量を増やすことが出来ます。

容量の追加について

GoogleDrive の容量追加プランですが、6つのプランから選べます。

プラン 100GB 200GB 2TB 10TB 20TB 30TB
月額 250円 380円 1300円 13000円 26000円 39000円
年額 2500円 3800円 13000円

Google のヘビーユーザーであれば、かなりの容量を利用しているかもしれませんが
Gmailや写真データは圧縮されるので100GBもあれば十分だと思いますよ!

便利すぎる GoogleDrive を使いこなそう!

google drive

GoogleDrive の便利さが少しは伝わったでしょうか?

まだまだ説明したりないことが沢山ありますが・・・

Google Driveのアプリは、また別の機会に紹介するとして
無料でしかも簡単に仲間とデータを「共有」して、編集・閲覧が可能にするGoogle Drive

仕事はもちろん、プライベートでも活用方法が沢山ありそうですよね?

使えば使うほど、その便利さが判るGoogle Driveを
一緒に使いこなしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする