ニトリ ビーズクッション BIGサイズを買ってみた!

40歳の暇つぶし

前から気になっていた、 ニトリ ビーズクッション を買ってみました

おうち大好きオッサンLABO@ossan_laboのオッサンです!

 

リビングで快適に過ごすため、必要な家具と言えば “ソファー”ですが・・・
我が家のリビングは、スペース的に大きなソファーが置けません

そこで以前から気になっていたのが、ビーズクッションです

 

ビーズクッションなら、狭いスペースでも快適なソファーになるはず

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマニトリ ビーズクッション BIGサイズを買ってみた!

というお話しです

ビーズクッション

ニトリ ビーズクッション

最近いろんなところで売られている、ビーズクッションですが・・・
体に合わせて中のビーズが移動して、体に完璧フィットする優れもの

 

あまりにもの快適さに “人をダメにするソファー” とか言われてますよね

 

シンドイことが、大嫌いなダメ人間のオッサンLABOの場合・・・
ビーズクッションを使うと、廃人になる可能性があるため避けていました

でも “おうち時間” が増えた今、より快適に自宅で過ごすために・・・
今回遂に、ビーズクッションを購入することを決めたのです


ビーズクッションが人気の理由

さてビーズクッションですが、色々なメーカーが販売しています

 

中でも有名なのが、ビーズクッション界の王様 Yogibo(ヨギボー)ですよね

created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)
¥32,780(2022/09/25 06:07:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

オッサンLABOは、リビングソファー代わりにビーズクッションが欲しいので・・・
ヨギボーの場合、MAXサイズになるのですが、お値段は3万円越えで結構高い

しかも商品が納品されるまで、1ヶ月待ちという大人気商品です

 

決して安い買い物じゃないのに、なぜココまで人気なのか?

家にあるとオシャレに感じる

大きいサイズのビーズクッションは、どのメーカーもカーバー付きで・・・
好きなカバーを自由に付け替えることが出来ます

 

しかもカーバーの種類は豊富で、お部屋の状況に合わせて変更できる

それに丸や四角さらには三角と、ビーズクッションの形状自体も様々です

ニトリ ビーズクッション

 

カラフルでいろいろな形のクッションがあるだけで、家のオシャレ感がUPしますよね

持ち運び自由自在

大人がユッタリ座れるヨギボー MAXのお値段は、¥32,780(税込み)です

 

おしゃれな家具を低価格で販売しているLOWYAさんなら・・・
同じ値段で、かなりオシャレなソファーが購入出来ちゃいます

ニトリ ビーズクッション

LOWYA公式サイトより

 

ただ一般的なソファーの場合、一度設置してしまうと気軽には移動出来ませんよね

 

でもビーズクッションなら、中に入っているのが小さなビーズなので・・・
ヨギボーMAXでも重さは10キロ程度なので、小さい子供でも持ち運び自由自在なんです

 

ソファーを気軽に移動できるのは、大きなメリットですよね

いつでも新品状態に戻せる

ソファーを長く使っていると、クッション性が新品時に比べて落ちますが・・・
ビーズクッションは、ビーズを補充さえすれば元通りになります

created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)
¥2,750(2022/09/25 06:07:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

カバーだって取り外せば洗えるし、新しいカバーに買い替えも出来る

 

つまりビーズクッションは、いつでも新品状態に戻せるから・・・
長く使い続けることが出来るのは、ビーズクッションのメリットですね

ニトリのビーズクッション

ニトリ ビーズクッション

ということでヨギボーを買うため、いろいろ検索したんですが・・・
価格よりに気になったのが、ヨギボーの納品期間です

 

ネットショップだと1ヶ月待ちだし、ヨギボーの専門店でも・・・
欲しいカラーは品切れで、やっぱり1ヶ月待ちでした

お店の在庫は、派手派手なピンクやイエローばかり、これじゃ落ち着かない

 

仕方なくヨギボー以外で、人気ビーズクッションを探していたところ・・・
“お値段以上” ニトリのビーズクッションが、評判が良かったんです

BIGサイズを買ってみた

でも近くのニトリに直接見に行ってみると・・・
ニトリ店舗に置いているビーズクッションは、2~3個で小さいサイズばかり

 

ネットで見た、大きなサイズのビーズクッションは置いてなくて・・・
改めてネットで確認してみると、BIGサイズはWEB限定販売だったみたいです

 

ニトリ ビーズクッション BIGサイズは、幅135×奥行75×高さ35cmで・・・
ヨギボー MAXより30cmほど短くなりますが、十分体をフィットしてくれそうです

 

ということでニトリ 公式サイトで、ビーズクッション BIGサイズ を買ってみました

WEB限定だから安くて早い

さすが “お値段以上”のニトリ! BIGサイズのビーズクッションが安い!

 

2022年1月時点では、税込み9,990円で購入できました!

他のビーズクッションと比べても驚きの安さです

ニトリヨギボー無印
サイズ(cm)135×75×35/約5kg170×65×55/約8.5kg65×65×43/約5.7kg
価格9,990円¥32,7809,990円

 

しかもオッサンLABOは、2021年の年末に注文したのですが・・・
年末で多少納品が遅れるかな?と覚悟していたにも関わらず、3日後に納品されました

 

WEB限定だからか、ヨギボーMAXの3分の1で買えて、しかも納品が早い!

思わずニトリ ビーズクッション BIGサイズ “2つ” も買っちゃいました

注意

ニトリ オンラインショップでの購入商品は、自宅までの配送に配送料が発生します。購入の際は、配送料を確認してから購入しましょう。

予想以上にデカい箱で来た

送料を無料にするため、店舗受け取りにしようか迷ったのですが・・・
配送料が発生しても、ニトリ ビーズクッションは配送してもらって正解です

 

その理由は、とにかくビーズクッションの梱包されている箱が デカイッ!!

ニトリ ビーズクッション

 

画像では伝わりにくいですが、大人でも丸くなれば余裕で中で入って遊べます

 

このサイズの箱が2つも届いたもんですから・・・
車でニトリの店舗まで、受け取りに行ってたら大変なことになっていました

BIGサイズを使ってみた

ビーズクッション が梱包されていた箱で、一通り遊んだ後で・・・
いよいよニトリ ビーズクッション BIGサイズを使ってみました

 

重さは5.0kgあるので、持ち上げるのは少しズッシリ感じますが・・・
我が家の幼稚園児の娘でも、問題無く引きずりながら移動させることが出来ます

 

ビーズの量は、そこまで一杯に詰め込まれているわけではなく・・・
カバーに多少の余りが出るくらいだったので、ヨギボーとは違いを感じましたね

 

とにかく今は、初のビーズクッションに座ってみたいと思います

確かに座り心地は最高だわ

取扱説明書には、いろいろな座り方が紹介されていましたが・・・
とりあえず、ニトリ公式サイトにもあるような、ごく普通の座り方をしてみました

ニトリ ビーズクッション

ニトリ公式サイトより

 

座った瞬間、中のビーズが一瞬で移動して、確かに身体にフィットしてくれます

 

しかも、お尻が深く沈む分、クッションが脚を持ち上げるような形になるので・・・
脚がスゴク楽!しかもビーズクッションに倒れ込めば、背もたれも出来る

 

体全体を包み込んでくるビーズクッション、座り心地は最高です!

長時間座ってみると腰が痛い

『こりゃ最高だぁ』と座っていたのですが、一度座ると上手く立ち上がれない!

 

皆さんも確認して欲しいんですけど、人間って立ち上がろうとすると・・・
頭を膝より前に出して “前方” に立ち上がるんですよね

 

でもビーズクッションって、深く沈み込むから、頭を膝の前に出し辛いし・・・
ましてや前方に立ち上がるのは、かなり難しい

 

つまり一度ビーズクッションに座ると、なかなか立ちあがれないのです

まさに “人をダメにする” ソファーですね

 

しかもニトリ ビーズクッションの特性なのか、少し動くとビーズが移動するので・・・
お尻部分のビーズが少なくなって、深く体が沈み込んでしまうんです

 

体が深く沈むと、骨盤が後ろに傾いてしまうので、体重が腰に変にかかるんです

だから30分もビーズクッションに座っていると、腰が痛くて痛くて・・・
結局、10分ごとに態勢を変えたり、ビーズクッションの形を変えたりしました

腰が痛くならない使い方

これではビーズクッションで、ユックリ マッタリ過ごすことが出来ないので・・・
試行錯誤した結果、ニトリ ビーズクッション の腰の痛くならない座り方を見つけました

 

まずはビーズクッションを縦に置きます

縦に置くことで、カバーの伸縮が横に置いた時より制限されるので・・・
体を乗せた時でも、ビーズクッションが形を維持してくれます

 

あとは出来るだけ、ビーズクッションに対して体を水平にします

ニトリ公式サイトより

 

つまり座るというより寝るに近い形、これが一番腰が痛くなりませんでした

スグにヘタる可能性がある

なかなか良いポジションを見つけたと満足していたのですが・・・
軽く柔らかい形状と大きなサイズに、大人より我が家の幼稚園児は大興奮です

 

ビーズクッションの上で “飛び跳ねる”、ビーズクッションを “振り回す”などなど・・・
ヤリタイ放題で、子供が居るご家庭はビーズクッションって、スグにヘタりそうです

 

ただニトリ ビーズクッションも、ヨギボー同様にビーズ補充が可能です

 

これなら多少ヘタっても、新品に戻せるので安心です

仕事するなら環境を整えよう

腰が痛くならない座り方さえ判れば、本当に快適なのですが・・・
ほとんど寝ている態勢なので、出来れば椅子のように使ってみたい!

 

ビーズクッションって、座っている時に体を動かなければ・・・
中のビーズが移動しないので、椅子の形状を結構長く維持できるんですよね

 

ということで、あまり体を動かないようにして・・・
ニトリ ビーズクッションに座って、パソコン作業をしてみました

ビーズクッションで仕事は無理がある

パソコンを膝の上に置いて、ビーズクッションで作業してみたのですが・・・
体が沈み込んで、パソコンの位置が変だし、首や腰が痛くなって仕事が出来ない

 

パソコン デスクで作業しようとしても、さすがに位置が低すぎる

 

結論は、仕事でビーズクッションを使うのは無理ということ

やっぱり仕事する時は、ちゃんとした環境を整えたいですね

可変式 ローテーブル で パソコン 作業 した結果
...

まぁ満足 ビーズクッション

ニトリ ビーズクッション

ということで今回、 ニトリ ビーズクッション BIGサイズを買ってみましたが・・・
長時間 “座る” のには向いていないことを考えると、「まぁ満足」な商品でした

 

個人的には、ちょい使いやゴロ寝程度の使い方に向いてそうです

 

長い時間座ったり仕事をしたりするのは、普通のソファーの方がイイかな

 

このオッサンLABOブログでは、仕事を少しでも快適にしたくて・・・
DIYでテーブルを作ったり在宅ワーク向きのモバイルパソコンを紹介しています

素人DIYなど興味のある人は、ぜひ他の記事もみてください

DIY で横幅約2mの格安 パソコン デスク を自作してみた
...
トップへ戻る