4,000円で買える iClever ワイヤレスキーボード をオススメしたい

パソコン関連

あかねこ初めて ワイヤレスキーボード を買ったんですが、結構良かったのでご紹介します

便利なアイテムが大好きなオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

 

パソコンの作業には絶対に欠かせない、キーボードなんですが・・・
パソコンデスク周りって、出来るだけスッキリした環境にしたくないですか?

 

そこでUSB配線不要の ワイヤレスキーボード が人気なんですが・・・
今回購入したワイヤレスキーボードが、安くて高性能だったのでオススメしたいと思います

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマ4,000円で買える iClever ワイヤレスキーボード をオススメしたい

というお話しです

ワイヤレスキーボード

iClever ワイヤレスキーボード

まずワイヤレスキーボードと言っても、接続方法が2種類あって・・・
専用USBアダプターで接続する方法と、Bluetooth接続する方法があります

 

それぞれの接続方法には、メリットとデメリットがあります

専用USBアダプター接続Bluetooth接続
メリット
  • 接続が簡単
  • OS起動前から使える
  • USBポートを使わない
  • 複数の接続が可能
デメリット
  • USBポートが塞がる
  • 接続設定が必要
  • OS起動完了まで使えない

 

今回オッサンLABOは、Bluetooth接続のワイヤレスキーボードを探していて・・・
見つけたのが、iClever(アイクレバー) IC-BK30 のワイヤレスキーボードです

iClever IC-BK30 を選んだ理由

iCleverって、あまり聞きなれないブランドだったんですが・・・
中国の深圳のサウザンドショアスが展開しているブランドで、実績のある企業でした

 

今回購入したワイヤレスキーボードは、安くて高性能な ”IC-BK30“です

まず簡単に”IC-BK30“の特徴を紹介しますね

iClever | キーボード 、マウス、充電器、小物家電
iCleverは、テクノロジーの力でより一層スマートな生活を実現することを目指しているブランドです。米アマゾン売上げ1位のUSB急速充電器をはじめ、キーボード、オーディオ、スマートウェア、小物家電など様々な製品を開発・販売しております。

簡単に切り替えれるマルチペアリング

iClever IC-BK30で、一番最初に目に付いた機能がマルチペアリングです

 

一般的なワイヤレスキーボードの場合、接続できるデバイスは・・・
ワイヤレスキーボードに対して1台だけですが、IC-BK30は3台まで登録可能です

 

しかもボタン一つで簡単に接続先を変更できるから、メチャクチャ使いやすそうですよね

iClever ワイヤレスキーボード

 

パソコン以外にも、スマホやタブレットの接続も可能なので・・・
複数のデバイスで、ワイヤレスキーボードを使いたい人にはピッタリです

MacとWindows両方で使える設計

iClever IC-BK30は、WindowsでもMacでも接続が可能なんですが・・・
WindowsとMacって、キーの配列が若干違うので戸惑うことありませんか?

 

でもiClever IC-BK30は、両方のOSで使えるように・・・
キーの表示が、WindowsとMac両用に工夫されています

iClever ワイヤレスキーボード

 

だからWindowsとMacに、マルチペアリングしている場合でも・・・
キーの配列に戸惑うことなく、安心してワイヤレスキーボードが使えます

タイピング性と耐久性に優れている

キーボードって、接続方法や機能も重要ですが・・・
キーを叩いた時に、指に伝わる感触や打鍵音って気になりませんか?

 

個人的には、キーストロークが短くて打鍵音が小さいのが好きなんですが・・・
IC-BK30は、”パンタグラフ方式“ を採用していて、キーストロークも短いとのこと

iClever ワイヤレスキーボード

 

ノートパソコンのように、軽い力で入力できて静穏性も高いみたいなんですよ

 

”パンタグラフ方式“ を採用しているから、デザインも約4mmの薄さで・・・
キーボードの裏面もメッキ加工で、塗装落ちを防いで耐久性を高めています

iClever ワイヤレスキーボード

 

まるでMacキーボードのような、高級感があるワイヤレスキーボードなんですね

実際に使ってみた感想

iClever ワイヤレスキーボード

ということで4,000円なのに多機能な、IC-BK30を購入いたしました

 

ただBluetooth接続って、接続自体が出来なかったり途中で途切れたり・・・
有線タイプを使っていた人間として、ワイヤレスはちょっと不安なんですよね

 

IC-BK30は、実際のところ使ってみて、どうっだたのかそこらへんも紹介します

iClever ワイヤレスキーボード 接続方法

まずはiClever ワイヤレスキーボードの内容物ですが・・・
シンプルな内容で、キーボード本体と充電ケーブル(Type-C)に説明書のみでした

 

見た目は商品写真通りのデザインで、重量も軽くて持ち運びも気楽に出来そうです

ワイヤレスキーボード

 

さっそく電源スイッチを入れて、接続設定をしてみたいと思います

接続方法はメチャクチャ簡単

側面の電源を入れると、すぐ右上のLEDが青く点滅して、ペアリングモードになりました

 

試しに最近購入したSurface Pro4で接続してみると、簡単に接続設定が完了しました

ワイヤレスキーボード

 

マルチペアリング設定も簡単で、右上に3つあるBluetoothキーを5秒長押しすると・・・
ペアリングモードになるので、デバイス側で接続をすれば設定完了です

新しいBluetoothの規格が必要?

ただ自宅パソコンとして使っている、Alienware X51 R2で設定してみたところ・・・
なぜか ”iClever IC-BK30 KB“ の表示がで出ない!

ワイヤレスキーボード

 

Surface ProとかiPhoneは、問題無くiClever IC-BK30と接続出来ているし・・・
Alienware X51 R2も、IC-BK30以外のデバイスとはBluetooth接続可能です

 

いろいろ試行錯誤してみたんですが、IC-BK30はBluetooth5.0という規格で・・・
Alienware X51 R2は、古いパソコンなので、Bluetooth2.0という規格でした

『古すぎて互換性が無いのかも?』と思い、Bluetooth5.0に対応したアダプターを購入

 

Bluetoothアダプターを5.0に変えた結果、iClever IC-BK30を接続することが出来ました

古いパソコンで、iClever IC-BK30使う人は注意が必要ですね

マルチペアリング 切り替えがスムーズ

Bluetoothの規格で、多少てこずりましたが・・・
4~5年くらいの中古パソコンのBluetoothであれば、問題なく接続できると思います

 

ということでオッサンLABOは、新しいアダプターを付けたAlienware X51 R2・・・
SuefacePro4そしてiPhoneの、合計3台にマルチペアリングしてみました

 

気になる切り替わりの速度ですが、キーを押して1秒くらいで切り替わります

 

ただ暫く使わないと、省エネモードに移行するのですが・・・
その時は、復旧に3秒~5秒程度かかるので多少モタツキを感じると思います

iClever IC-BK30の気になるところ

マルチペアリングは快適なので、満足しているのですが・・・
使っていると、幾つか気になるポイントもありました

 

あくまで個人的な感想なので、参考までに聞いてくださいね

  1. 入力にクセのあるキーと配列
  2. 起動時の入力を受け付けない

入力にクセのあるキー入力について

パンタグラム方式のキーは、打ちやすく静穏性にも優れていて快適なのですが・・・
キーとその配列に”クセ“があるので、慣れるまで若干時間がかかると思います

 

たとえばオッサンLABOは、ショートカットキーを多用するのですが・・・
F(数字)キーは ”fn“ を押さないと、操作が出来ません

ワイヤレスキーボード

 

ブラウザなど画面を閉じるショートカットで ”Ait + F4“ がありますが・・・
iClever IC-BK30の場合は ”alt + fn + F4“ と、3つのキーを押す必要があります

しかもfnキーとaltキーの間に、Windowsキーがあるので押しにくい!

ワイヤレスキーボード

 

”fn + esc“ で、Fnロックすれば F1~F12 を直接押せるんですが・・・
もう一度 ”fn+esc“ でロック解除しないと、機能ボタンを押すことが出来なくなります

Fキーを取るか機能ボタンを取るか、悩みどころだと思いますよ

 

もう一つ気になるのが十字キーなんですが、上下キーが小さいため・・・
ブラインドタッチをしていると、Shiftキーを押していることがあるんですよ

ワイヤレスキーボード

 

ブログを書いていて、カーソルを移動させる時に間違ってshiftキーを押してしまいます

パソコン起動時の入力を受け付けない

最初にも紹介しましたが、Bluetooth接続のキーボードって・・・
OSが起動してから接続されるので、パソコン起動時は操作が出来ません

 

そのためパソコン起動時のBIOSやBootに、アクセス出来ないんですよね

ワイヤレスキーボード

 

たまにBIOSの設定を変更したり、外付けSSDからWindowsをBootするので・・・
意外とパソコン起動時に操作が出来ないのは、仕方ないのですがマイナスポイントです

ワイヤレスキーボードをオススメしたい

ワイヤレスキーボード

ということで今回は、4,000円で買える iClever ワイヤレスキーボード を紹介しました

 

多少のクセはありますが、使っているうちに慣れて気にならなくなるレベルです

総合的には、非常に使いやすく高機能で4,000円なので・・・
ワイヤレスキーボードを探している人は、ぜひiClever IC-BK30をオススメしたい!

 

このオッサンLABOのブログでは、中古パソコンの使い道などを考えています

興味があれば是非下のリンク記事もご覧ください

 

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします!

中古Macが欲しくなる? 古いMac の使い道
毎年新しくなるMacですが、 古いMac にも使い道 が、まだまだあります!中古パソコンが大好き!オッサンLABOのオッサンです。古いMacを持ってる人多いんじゃないですか?ということで今回は、中古Macが欲しくなる? 古い Mac の 使い道についてお話ししたいと思います。
トップへ戻る