エアコン 掃除 自分で してみたら10年分の汚れが見事に取れた!

エアコン 掃除 自分で 挑戦してみようと思っている人・・・必見です!

こんにちは何でも自分でしてみたい!オッサンLABO@ossan_laboのオッサンです

今年も梅雨に入り、いよいよ本格的な夏がソコまで来ていますねぇ

昨年は、猛暑に加えて大型台風など、ムシムシ・ジメジメ・・・嫌な夏でした・・・
オッサンLABOは夏が大っ嫌いなので、今年は早くから猛暑対策をしております

それは・・・エアコンの掃除を自分でしているのです!

オッサンLabo

えっ!?エアコンのフィルターなんて私もしてますけど・・・

と思った奥様方、オッサンLABOのエアコン掃除は、フィルター掃除レベルではありません!

業者レベルのエアコン掃除に挑戦したのです!
今回は夏に向けて、エアコンの掃除を自分でしてみたお話しです

エアコン掃除をしないと・・・どうなるの?

エアコン 掃除 自分で

そもそもエアコンの掃除ってフィルター掃除で十分と思っていませんか?
フィルターのホコリさて取れれば、そこまでエアコンを掃除する必要は無いと思いますよね?

オッサンLABOもそうでした・・・

たしかに、エアコンフィルターで「空気」がろ過したり、「花粉」や「ホコリ」の侵入を防ぎ
ますが・・・でもそれは、ある「完璧に防ぐ」わけではありませんでした

エアコン内部の掃除は家族の健康を守る

実は、フィルターだけでは防げない細かなホコリが蓄積されていて
エアコン内部は、ホコリだらけなのです!

エアコン 掃除

しかも、エアコンの送風口などは冷房と暖房の繰り返しで湿気が溜まり「黒カビ」が・・・
つまり「内部」をシッカリ掃除しないと、送風と共にホコリやカビを部屋中に
まき散らしていることになります!

エアコンを内部までシッカリ掃除することで、ホコリや黒カビを除去できるので・・・・
「家族の健康を守ることが出来る!」のです

エアコン内部の掃除は節電につながる

さらにエアコン内部にホコリが溜まっていると、効率よく送風できない場合があります

そうなると必要以上に温度を下げたり上げたり・・・結果、電力消費量が多くなるんですよね

でも内部がきれいだと、効率よく送風できるので、節電につながるという訳です!

エアコン掃除を業者に依頼すると

エアコン 掃除 自分で

さてエアコンを立派な家電です・・・
エアコンの内部を掃除するとなると、専門的な知識が必要になると思いますよね

実際にエアコン掃除を業者の方に依頼すると幾らになるのか調べてみました

業者だと1万円~2万円が相場

こんかいインターネットで「エアコンクリーニング」で調べてみたところ・・・
いろいろ有名どころのエアコンクリーニング業者が出てきました

例えば、イオングループのカジタクさんはエアコンクリーニング
全国一律12,000円で対応してくれるようです



ただし、注意しないといけないのはエアコンの種類によって金額が変わるということ・・・
通常タイプの「エアコン」は、12,000円で済むのですが、お掃除機能付きのエアコンは
19,800円で約2万円もかかるようです

お掃除機能付きのエアコンとは

お掃除機能付きのエアコンとは、自動で定期的にフィルターを清掃してくれる機能が
付いているエアコンの事です

実はオッサンLABOの自宅で利用しているメインエアコンは、お掃除機能付きでした
しかも、エアコンは全部で5台(他は通常エアコン)あります

つまり業者の方にエアコンクリーニングをお願いすると・・・
9万円近くのエアコンクリーニング費用が必要となるわけです!

10万円の出費はねぇ・・・・
ということで、素人のオッサンLABOがエアコン内部を自分で掃除してみました

エアコン 掃除 自分で してみた

エアコン 掃除 自分で

オッサンLABO宅のメインエアコンは日立の「RAS-SC25W」で約10年前のエアコンで、
これまでに一度も内部清掃なんてしたことがありませんでした

だって自動お掃除機能付きだったもん

エアコン掃除の道具

今回「10年分のエアコンの汚れを落とす」ために用意したのが・・・

ケルヒャー高圧洗浄機は、すでに自宅にあったものなのですが
1万円以内で購入できるうえ、しっかりと汚れを落とすことが出来る水圧でスグレモノ

そして今回、エアコン掃除を自分でするために必要不可欠の道具が
壁掛用 エアコン洗浄カバー です

では実際に、どのように自分でエアコンを洗浄したかご紹介しますね

エアコンを分解する

エアコンの全面パネルを取り外すと、日立の「RAS-SC25W」は、
自動クリーニング機能が付いている為、フィルターを外しただけではダメです!

エアコン 掃除 分解

エアコンを水洗いするためには、自動お掃除機能を取り外す必要があります・・・
まずは左右のカバーを外すため、ビスとエアコン天井部分のツメを外します

ビスの取り外しはもちろん「BOSCH IXO5」です

エアコン 掃除 分解

さらに複雑な配線をすべて外し、自動お掃除機能のビスを取り外して
なんとか取り外すことが出来たのですが、ここまでの作業時間で1時間30分が経過(-_-;)

エアコン 掃除 分解

分解すると10年分のホコリが凄い!
取りあえずアルミフィンを潰さないように丁寧に掃除機をかけて出来るだけホコリを取ります

電子部分とエアコン周辺を保護する

さてエアコン洗浄カバーを取り付けたとしても、電子機器はカバー内になるため
電子機器に絶対に水がかからないようにするため、養生テープとビニールで完全保護します

エアコン 掃除 保護

さらにエアコン周辺にも養生テープを貼り付けて隙間から壁に水が流れないように保護します

エアコン 掃除 保護

エアコン洗浄カバーをかける

エアコン洗浄カバー

下準備が整えば、今回の重要なエアコンお掃除道具「エアコン洗浄カバー」を取り付けます

エアコン洗浄カバーには、装着部にゴムが入っているので、いろいろなサイズのエアコンに
スッポリとカンタンに装着できます

ただ実際に取り付けてみると・・・カバーとエアコンに若干の隙間が出来てしまいます

エアコン 掃除 保護

そこでカバーと本体を養生テープで、きっちりと隙間をカバーしたほうが良いと思いますよ

エアコン 掃除 保護

マイペットで汚れを浮かす

エアコン洗浄カバーも取り付けて、重要な部分も保護が出来たのでいよいよ洗浄!・・・
の前に10年分の汚れが落ちやすくなるように洗剤を吹きかけます

本当は「エアコン洗浄スプレー」など専用洗剤を利用したほうが良いと思うのです・・・

エアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香性(420mL*2)

今回は、どのご家庭にも必ずある「マイペット」を利用することにいたしました!

理由は「エアコン洗浄スプレー」をわざわざ買うのがめんどくさかっただけです(-_-;)

マイペットを前面のアルミフィンに、まんべんなく吹きかけ、さらに送風のためのファンも
送風口から覗き込みながら吹きかけます

それだけでも既に黒い液体がポタポタと落ちる・・・

高圧洗浄で洗い流す

汚れが浮き上がるまで10分ほど放置して・・・
いよいよ「ケルヒャー高圧洗浄機」でマイペットの洗剤液を洗い流します

「ケルヒャー高圧洗浄機」は、小型の割には非常に水圧が高いため、そのまま使用すると
エアコンのアルミフィンが折れてしまいます

そこで「高圧洗浄機」先端部分を取り外し弱い水圧で「水洗い」といった感じで、
よーく洗い流します・・・めちゃめちゃアルミフィンの汚れが落ちます!

エアコン 掃除

汚れた水は「エアコン洗浄カバー」の排水チューブを通って準備したバケツに溜まります

エアコン洗浄カバー

実際に流れ落ちた10年分の汚れがヤバい!・・・「閲覧注意」なので
汚いものを見るのが大丈夫な方だけ下のモザイク写真をクリックしてください

エアコン洗浄

「ケルヒャー高圧洗浄機」で水を流しているうちに、黒い自ら透明な水に変わります

水量にして5~6リットル必要だった感じがしますね

暖房で乾かす

ある程度水が落ちたら、電子部分に水がかかっていないことを確認して
自動お掃除機能だけを組み上げます

そして、6月で季節外れですが「暖房」を15分ほど運転させて内部の水分を乾燥させます

エアコン掃除を自分でしてみた感想

エアコン 掃除 分解

さてエアコンクリーニング専門業者でもない素人のオッサンLABOが洗浄したわけですが
驚くほどエアコンの内部が綺麗になりました!

エアコン 掃除 分解

凄いですよね!本当に驚きです!
と言うか、送風用のファンの色が「青色」だったということに驚きました(笑)

それだけホコリがベットリついていたと思うと「ゾッ」としますね・・・
さて何とか自分でエアコンを掃除して、気が付いたことを以下にご紹介しますね

1日1台のつもりでするべき

今回オッサンLABOが洗浄したエアコンは「自動お掃除機能付き」だったため
分解など非常に困難で組み上げまでを合わせると4時間ほどかかりました

一般的なエアコンなら簡単にできるかもしれませんが・・・
それでも片付けなども含めるとエアコン1台に数時間は必要だと思います

せっかくの休日、数時間かけての慣れない仕事は、かなり疲れますので
オッサンLABOのように素人さんは、エアコン洗浄するなら1日1台が目安だと思います

エアコン洗浄カバーしても水しぶきが飛ぶ

今回、マイペットの洗剤液を流すのが「ケルヒャー高圧洗浄機」というのもありますが
非常に弱い水圧にしていても、水しぶきが必ず飛びます!

エアコン洗浄する時には、水がかかると困るものは置かないようにしましょう!
もしくはビニールのカバーなどを掛けて保護するようにしてください

エアコン分解前に写真を撮るべき

今回洗浄した、日立の「RAS-SC25W」は、自動お掃除機能付きでした

配線の差し込みは、決まった形とサイズだったので外しても迷う事は無かったのですが
配線の取り回しは組み上げの時に悩みました

幸いにも「エアコン掃除」をブログ記事にするつもりで、写真を撮っていたので
組み上げの時に参考にすることができました

カバーの取り付けも単純ですが、最終的に取り付けビスも10本以上になりましたので
どこにビスが必要かが判るように分解前にエアコンの写真をシッカリ撮るようにしましょう!

エアコン 掃除 自分で してみない?

エアコン 掃除 自分で

今回エアコンを自分で初めて洗浄してみました!
「自動お掃除機能付き」だったという事もあるのですが、思った以上に大変でした・・・(-_-;)

ただエアコンを掃除することで、10年分の汚れが洗い流され驚くほど綺麗になりました!
それに「エアコン洗浄カバー」のお陰で、後片付けも楽々

もちろんエアコンを分解するなんて「無理!」という方はカジタクのような
エアコンクリーニング業者さんにお任せしたほうがいいと思います

  • 分解に自信がある!
  • エアコンクリーニングにお金を出したくない!
  • 万が一エアコンが壊れても構わない!

そんな人は、 エアコン 掃除 自分で 挑戦してみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク