パソコン を簡単に 2画面 にできる ショートカット

パソコン を 2画面 にする、 ショートカット 使っていますか?

パソコン 便利機能を研究中のオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

パソコン で仕事をしていると欲しくなるのが・・・

サブディスプレイつまり 2画面 ですよね?

パソコン が 2画面 になるだけで、仕事の効率がグ~ッとあがりますが・・・

外出先やノート パソコン を利用していると、どうしても 2画面 は無理!

ということで今回のお話は・・・

記事のテーマ手持ちのパソコンだけで2画面にする方法

というお話をご紹介しますね

パソコン 画面の切り替え

パソコン 2画面 ショートカット

手持ちの パソコン に付いている画面は、1画面だけ・・・

それを簡単な ショートカット キーで 2画面 にする

もう少し説明すると・・・

ショートカット キーで、1画面に2つの作業画面を表示するという方法です

オッサンLabo

えっ!?それって普通のWindows機能ですよね??

はい!

難しい事を言ってるではなく、Windowsパソコンの当たり前の機能を言ってます

でもね、この当たり前の操作を ショートカット で操作すると・・・

まるでサブディスプレイを使って、 2画面 で作業をしている感じになりますよ!

ショートカット

ショートカット を覚えただけで何が変わるんだ!って思いますよね?

ではマウスで、2画面にする操作をしてみてください

キーボートから「手を横に動かして」マウスを握り・・・

ほらね・・・

マウスで操作すると「手を動かす分」時間が掛かります

でも ショートカット での操作なら、キーボードから手を動かす必要はありません!

瞬時に作業画面を 2画面 に分割することが出来ます

ノート パソコン などで効率よく作業するための必須テクニックなので・・・

この機会に画面を切り替える ショートカット を覚えましょう!

新しい画面の作成

最初に紹介するのは、新しい画面を ショートカット で作成する方法です

ctrl + n

たとえば・・・

ブラウザやアプリを表示させている状態で・・・

ctrl + n の ショートカット で、新しい画面が表示されるので、別の作業がすぐできます

画面の配置を変える

ctrl + n のショートカットで、新しい画面を表示しても・・・

画面が重なっているので、下の作業画面が見えません!

そこで、画面の配置を変える ショートカット を押すと・・・

Windowsキー + ←(→)

瞬時に選択されている画面を左右半分に移動させることが可能です

これで 2画面 同時に作業内容を確認することが出来ます

パソコン 2画面 ショートカット

選択画面の変更

画面が選択されていないと、画面の配置がショートカットで変えられない・・・

ということで次に、選択画面を変更する ショートカット も覚えておきましょう!

alt + tab

これでマウスを使わずに簡単に、別の画面に変更することが出来ます

パソコン 2画面 ショートカット

仮想デスクトップ

パソコン 2画面 ショートカット

1つの画面に 2画面 を表示する方法いかがですか・・・

オッサンLabo

たしかに 2画面 で作業できるけど・・・画面が小さすぎます

確かにそうですよね

15インチのノート パソコン でも、画面を分割してしまうと・・・

約7インチの画面で作業することになるわけですから、逆に効率が下がるかも

そこで次に紹介するのはが「 仮想デスクトップ 」です

ショートカット

2015年に発売された、Windows10ですが・・・

未だに「 仮想デスクトップ 」を使ったことがない人も多いのではないでしょうか?

仮想デスクトップ とは、複数のデスクトップを作成して作業効率をアップできるWindows 10の標準機能です。

解りやすく言うと・・・

1つの パソコン (A)の中に、仮想の パソコン (A’)を作るという機能です

なんだか難しそう・・・

と思うかもしれませんが、 ショートカット を覚えれば超簡単作業です

仮想デスクトップ 作成する

何が便利なのか解らない人は・・・

とりあえず、 仮想デスクトップ を使ってみましょう!

まずは以下の ショートカット を押してみてください

Windowsキー + Ctrl + D

一瞬画面がスライドして、何も表示されていないデスクトップ画面が表示されるはずです

これが「 仮想デスクトップ 」です

パソコン (A)作業画面が消えたわけでなく・・・

仮想デスクトップ 、 何も作業していない パソコン (A’)の画面が表示されているのです

別のデスクトップに移動する

新しい「 仮想デスクトップ 」が表示できれば・・・

次は、以下の ショートカット で、別のデスクトップに移動してみましょう

Windowsキー + Ctrl + →(←)

画面が切り替わりましたか?

これで何ができるかと言うと・・・

それぞれのデスクトップに異なる画面を表示させて、切り替えながら作業ができます

仮想デスクトップ 一覧

仮想デスクトップ は、 パソコン の性能にもよりますが・・・

幾つでも増やすことが可能です

1つの画面で 2画面 どころか、10画面でも作れてしまうということですね

オッサンLabo

でも沢山作ると、どこにどの作業画面があるのか判りにくいですね

という人のために、 仮想デスクトップ 一覧を表示させる ショートカット があります

Windowsキー + Tab

これで、作成された 仮想デスクトップ を一覧表にして表示できます

これなら、どの 仮想デスクトップ で、なんの作業をしているか一目瞭然ですね

パソコン 2画面 ショートカット

仮想デスクトップ を閉じる

最後に、不要な 仮想デスクトップ を消す ショートカット です

Windowsキー + Ctrl + F4

この ショートカット は、現在表示しているデスクトップを閉じることが出来ます

仮想ディスクトップ を閉じても、表示されているデータは消えなにので大丈夫

仮想デスクトップ に表示されていたデータは、自動的に左のデスクトップに移動します

ショートカット を覚えよう

パソコン 2画面 ショートカット

パソコン での作業効率を上げるサブディスプレイですが・・・

外出先でノート パソコン だと、 2画面 にするのは難しいですよね?

Duet Displayやモバイルディスプレイなどで、 2画面 にも出来ますが・・・

iPadたモバイルディスプレイを持ち歩く必要が出てきます

可能な限り、手持ちのノート パソコン 1台で作業効率を向上させたい!

それなら今日ご紹介した・・・

  • 画面切り替え
  • 仮想ディスクトップ

という機能を ショートカット で利用するのがおすすめです

思っている以上に作業効率が向上しますよ

今日紹介したショートカットキーをPDFにマトメましたので良かったら活用してください

ぜひ今日から パソコン を 2画面 にする ショートカット を使ってみてくださいね

スポンサーリンク