iPad mini 買うなら 中古 Surface Go もあり??

パソコン関連

リモートワーク用に iPad miniの購入を考えたのですが、 中古 Surface Go もあり?

中古パソコンが大好きなオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

 

超軽くて持ち運びに便利なのに、ハイスペックタブレットと言えば・・・
AppleのiPad mini ですが、そういえば “Surface Go” ってどうなんだろう??

 

2018年に発売された Surface Go は、iPad miniなみに小型なのに・・・
Windows OS が利用できるという、超優れモノのMicrosoft社のタブレットです

でも Surface Goの利用者って、あまり見かけないんですよね

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマiPad mini 買うなら 中古 Surface Go もあり??

Surface シリーズ

スマホとタブレットは、iPhoneとiPad、でもパソコンはWindowsだから・・・
“Surface Goを知らない” って人、結構多いと思います

 

ということで簡単に、 Surface シリーズについて紹介したいと思います

Surface シリーズは、Microsoft社が開発・販売しているパソコンですが・・・
現在 5タイプのサーフェスが販売されています

Surface Go10インチの一番小さなモデル
Surface Proノート型でもタブレット型でも対応できるパソコン
Surface Laptopデザインが洗練されたノートパソコン
Surface Book非常に高いパフォーマンスを発揮するノートパソコン
Surface Studioクリエイティブな仕事で活躍するパソコン

上記5つのシリーズが、Microsoft社から販売されています

created by Rinker
マイクロソフト
¥51,999(2022/09/23 10:38:42時点 Amazon調べ-詳細)

最小タブレット Surface Go

その中でも、2018年8月28日に発売された Surface Go は・・・
Surface シリーズの中でも、最も軽いWindowsタブレットです

 

しかも販売価格も非常にリーズナブルで、iPad miniより1万円も安いので・・・
Windowsユーザーには、オススメのタブレットだと思います

iPad mini 第6世代Surface Go 2
59,000円~49,800円~

 

もちろんリーズナブル以外にも、Surface Goにはメリットがありますよ

  1. Windows OSが使える
  2. モバイルなのにミドルクラスPC

Windows OSが使える

iPadだけでも、メールや文章、表計算の作成などイロイロできますが・・・

  • Windows用のソフトがインストールできない
  • マウスがパソコンのように使えない
  • メールソフトでデータの送信がしにくい

などなどWindowsユーザーからは、iPadでは物足りないことが多いんですよね

 

でも Surface は、インストールされているOSがWindowsです

つまり!普段のWindowsパソコンと同じように、利用できるのです

注意

Surface GoにインストールされているOSは、Windows 10 Home (Sモード)になりますが、Sモードは設定から通常のWindows OSに変更することが出来ます。

モバイルなのにミドルクラスPC

もちろんSurface Goは、Windows最小のタブレットだけでなく・・・
Windows OSを快適に動かすだけの、スペックも備えているのも魅力です

 

Surface Go自体は、重量約500gという、非常に軽いタブレットなのですが・・・
Surface Goに搭載CPUは、Pentium Gold 4415Y(新型はCore m3-8100Y)です

このCPUは、低価格のパソコン用に開発されたCPUですが・・・
3~4万円位で購入できる、ロークラスPCよりは性能が高いとされています

つまりSurface Goは、モバイルタブレットでありながらミドルクラスPCと同等なのです

 

高画質3D動画の編集などは難しいですが、ネットやメールに動画視聴・・・
そして一般的な事務作業には、非常に適したタブレットなのです

iPad miniより中古Surface Go

タブレットなのに、普通にWindows OSが利用出来て・・・
しかもミドルクラスのパソコンと、同等の性能を持つSurface Go

 

個人的にSurface Goは、リモートワークに、ピッタリの一台と思うのです

 

しかも中古Surface Goなら、2万円~3万円で購入できるので・・・
高額なiPad miniより、中古のSurface Goの方がイイと思います

安い 中古パソコン が買える! おすすめ ネットショップ
...

中古Surface Goのメリット

もちろんiPadでも、”十分に仕事が出来る!”という人もいると思います

しかし仕事、特に事務作業をする上では、Windowsが使えるメリットは大きいです

 

たとえばiPadでも、Office系ソフトを利用することは出来ますが・・・
WordはともかくExcelでは、VBAやピボットテーブルが使えません

でもSurface Goの場合は、Office系ソフトはもちろん、様々なソフトの試用が可能です

 

そしてSurface Go は、本体背面にスタンドが付いているので・・・
Surface Go単体で、自由に角度をつけて使用することが出来るのも意外と大きなメリット

 

そして中古Surface Goの一番の魅力は、やはり購入価格です

ヤフオク!の落札価格で、Surface Goの中古市場を調べてみると・・・

Surface GoSurface Go 2iPad mini 第4世代iPad mini 第5世代
約1万5千円約2万円約3万円約4万円

明らかに中古のSurface Goは、iPad miniより安いのです

 

中古Surface Goのメリット
  • Windows OSが使える
  • OfficeなどPCソフトが普通に使える
  • 購入価格が安い

中古Surface Goのデメリット

つまりSurface Goは、タブレットと言うよりも、モバイルパソコンに近い存在なのです

ただモバイルパソコンとして考えると、やっぱりデメリットが見えてくるんですよね

 

Surface Goの画面サイズは、10インチというサイズゆえに・・・
キーボードの間隔も狭くなり、タイプミスが起こりやすくなります

大量の文字をブラインドタッチで打ち込むような、ライターさん向けではないですね

 

さらにSurface Goは、Windows OSが使えるメリットがあるのですが・・・
標準OSでは “Sモード” となっていて、Microsoft Storeのアプリしか使用できません

Windows10 Sモードとは、セキュリティと高速起動に特化したモードで、Microsoft Storeのアプリのみ使用可能となります。

つまり色々なWindowsソフトを利用するためには、Sモードを解除するのですが・・・
Sモードって一度解除すると、元に戻せなくなるのです

 

また一般作業では問題の無いスペックですが・・・
複数のソフトを起動させ少し負荷をかけると、動作が重くなってしまいます

Surface Goで、本格的な仕事をするというよりは・・・
外出先でメールをしたり、ネットで調べものをしたり、ちょっと使い専用PCですね

 

デメリット
  • サイズが小さいため、タイプミスが多くなる
  • じつはWindows Sモードが標準OSになる
  • 重い作業には向いていない

WindowsユーザーならSurface Go

ということで今回は、iPad mini買うなら、中古Surface Goもありか検討してみました

オッサンLABOの個人的な意見ですが、結論を言うと・・・
Windowsユーザーで、外出先で軽作業で使う目的ならSurface Goがオススメです

 

ただiPad mini 第5世代以降は、スペック的にも劣っています

普段からiOSアプリを使い慣れていて、ゲームや映画を楽しんだり・・・
絵を描いたり、負荷の多い作業をする人は iPad mini が良いと思います

 

ただWindowsユーザーとして、2万円~3万円で軽作業が出来るSurface Goは魅力です

外出先のお供用モバイルパソコンとしてなら悪くないかも

 

このオッサンLABOブログでは、便利なガジェットだけでなく・・・
古くなったパソコンの使い道や、中古パソコンが買えるお店などを紹介しています

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします

激安 中古 iPad mini を手に入れるアイデア
...

 

トップへ戻る