朗報!古いPCだけど Windows11 に アップデート できる

Windows11 が正式にリリースされましたが、 アップデート はお済ですか?

古いパソコンを大切に使うオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

2021年10月5日に正式にリリースされた、Windows11ですが・・・
リリース前から、Windows11のインストール条件が厳しいと話題でした

たった4~5年前のパソコンなのに、Windows11がインストール出来ないなんて・・・
なんとかして古いパソコンに、Windows11をインストールしたい!

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマ古いパソコンを Windows11 に アップデート してみた

というお話です

Windows11

Windows11 アップデート

アップデートを繰り返し、使いやすく成長を遂げたWinows10・・・
でも残念なことに、2025年10月でサポート終了するんですって!

Windows10 “最後のWindows” とか言われてたのに!なぜWindows11なんだ!!

“大幅な機能アップ” で、Windows11になるのはまだ判る・・・
でもWindows11のインストール条件が厳しすぎるのは納得できません!

これだと、パソコン自体の買い替えが必要 になる人も多いはず

Windows11 って、 古いパソコン にインストールできるの? 古いパソコンを大切に使っているオッサンLABO(@oss...

Windows11の厳しい要件

Windows11のインストール条件が、どれほど厳しいかというと・・・
3年前のパソコンでも、アップデートが出来ない場合あるくらい厳しいのです

特にWindows11のアップデートを難しくしているのが、CPUとTPM2.0です

Windws11システム要件
CPU 1Ghz・2コア/64bit以上
RAM 4.0GB
STORAGE 64GB以上
GPU DirectX12対応
FIRMWARE UEFI、セキュアブート対応
TPM TPM2.0

中古 ゲーミングPC 、ALIENWARE X51 を買ってみました 古いパソコンが好きなオッサンLABO(@ossan_l...

第8世代 CPU以降が対象

システム要件をみると、”1Ghz・2コア/64bit以上” のCPUって書いているのに・・・
実は “第8世代以降のCPU” という条件があるのです

第8世代のCPUになると、2017年の発売なので・・・
2018年の春頃に購入したパソコンだと、もしかするとインストールできないかも

たった4年前のCPUを切り捨てるんだから、厳しい要件ですよね

TPM2.0に対応している

次にややこしいのが “TPM2.0に対応” しているという要件です

TPM(Trusted Platform Module)とは、パソコンにセキュリティ機能を提供するためのパーツです。

TPM自体は非常に優れた機能で、データが盗まれないようにするために・・・
HDDなどのストレージ自体にパスワードを掛ける、BitLockerという機能に使用されます

ただ普通にパソコン使っている人だと、あまりTPMを利用した機能を使うことはありません

つまり自分のパソコンが、TPM2.0に対応しているかなんて判らないのです

要件を満たしているかチェックする方法

使ったことがない機能なのに、パソコンが対応しているのかなんて判らないですよね

そこでMicrosoft社から、Windows11のシステム要件を満たしているかを調べる・・・
“PC 正常性チェック アプリ” が提供されています

Windows11にアップデートしたい人は、一度試してみましょう!

Windows11公式サイトからダウンロード

Windows11公式サイトの下の方に、ダウンロードリンクが用意されています

“PC 正常性チェック アプリのダウンロード “ をダウンロードして・・・
いつも通りアプリをインストールします

Windows11 アップデート

インストール後にチェック

インストールが完了すると “PC 正常性チェック アプリ” が起動して・・・
使用中のパソコンが、システム要件を満たしているかチェックできます

古いパソコンで、今すぐチェックを試してみます

Windows11 アップデート

“このPCはWindows11のシステム要件を満たしていない” と表示されます

Windows11の無理矢理インストール

Windows11 アップデート

つまりWindows11は、古いパソコンにインストールすることは出来ないのです

でも “ある方法” を使うと、古いパソコンにもWindows11がインストール出来るのです

そこで今回 DELL Latitude 3560 という、2016年製のノートパソコンを用意しました

DELL Latitude 3560 スペック
CPU Corei3-2.0Ghz 5005U(第5世代)
RAM 4.0GB
STORAGE 128GB以上
TPM 非対応

CPUもTPMもシステム要件を満たしていないので、当然通常インストールは出来ません

Windows11にアップデートする

まずWindows11にアップデートするために、Microsoft社のサイトから・・・
Windows11のインストール メディアを作成します

“Windows 11 のインストール メディアを作成する” をクリックします

ダウンロードファイルをインストールすると、メディア作成ツールが起動して・・・
指示に従って進むだけで、インストールメディアの作成が出来ます

インストールメディアは、8.0GB以上のUSBメモリで作成することをオススメします

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥920 (2021/10/15 11:04:01時点 Amazon調べ-詳細)

インストールメディアから起動する

USBインストールメディアが完成したら、パソコンの電源を一旦落として・・・
再び起動する時に、作成したUSBインストールメディアから起動します

USBインストールメディアで起動させる方法は、各メーカーによって違いますが・・・
パソコン起動時に一瞬だけ “Boot” という表示が出ると思います

iPad アクティベーションロック 強制解除

表示している “ブートキー(F12)” を、メーカーロゴが表示している間に押すと・・・
ブートメニューが表示されると思います

iPad アクティベーションロック 強制解除

ブートメニューが表示されたら、USBインストールメディアを指定て Enterキー です

注意

ブートメニューの表示方法は、パソコンのメーカー名と”ブートメニュー”などで検索すれば、すぐに見つかると思います。

SHIFT + F10 でコマンドプロンプトを起動する

USBインストールメディアで起動できると、Windows11のインストールが始まります

ただ古いパソコンが、Windows11システム要件を満たしていないので・・・
“このPCではWindows11を実行出来ません” のエラー画面が表示されてしまいます

その画面で “SHIFT + F10” を同時に押してみる、コマンドプロンプトが起動します

コマンドプロンプトは、コマンド入力でパソコン指示が出せる便利ツールです

レジストリエディターを起動する

ではコマンドプロンプトに regedit と入力して、Enterキー を押します

すると “レジストリエディター” と呼ばれる、画面が表示されましたね

レジストリエディターとは、Windowsなどのソフトウェアの設定に変更を加えることが出来るツールです。

普段は触ることのない “レジストリエディター” だと思いますが・・・
ここにWindows11をインストールする、裏技の設定を加えたいと思います

LabConfigキーを追加する

“レジストリエディター” を使って、以下の手順でフォルダーアイコンを開いていきます

  1. HKEY_LOCAL_MACHINE
  2. SYSTEM
  3. Setup

上記の手順で開いた状態が、以下の画像ですね

次に Setup を右クリックして “新規 ⇒ キー” の順にクリックします

新しいキーが作成されるので、名称を LabConfig に変更します

TPM回避のレジストリを作成する

“LabConfig” キーが作成出来たら、その中に “TPM回避のレジストリを作成” します

まずは “LabConfig” を右クリックして “新規 ⇒ DWORD(32ビット)値” をクリック

“新しい値” が作成されるので BypassTPMCheck に変更します

Windows11 アップデート

次に作成した “BypassTPMCheck” を右クリックして、修正を選択します

Windows11 アップデート

“DWORD(32ビット)値の編集” 画面が表示されるので、下の画像のように・・・
“値のデータ” を “1” にして、表記が “16進数” になっていることを確認しOKします

Windows11 アップデート

同じ手順で BypassSecureBootCheck  という値を “LabConfig” キー内に作成します

Windows11 アップデート

ちなみに・・・

メモリが、4.0GB以下のパソコンに、Windows11をインストールする場合は、同じ手順で “BypassRAMCheck” という値を”LabConfig” キー内に作成します。

Windows11のインストールを続ける

これで古いパソコンに、Windows11をインストールする下準備が整いました

“レジストリエディター” と”コマンドプロンプト”を閉じ・・・
Windows11セットアップエラーの画面の一つ前に戻って、次へをクリックします

すると アラ不思議! “ライセンス条項” の画面が表示され、インストールが続行できました!

指示に従って進めていくと、Windows11のインストールが開始されました

Windows11にしてみた結果

ということでシステム要項を満たしていない、古いパソコンでしたが・・・
見事にWindows11にアップデートをすることが出来ました!

第5世代のCorei3で、メモリは4.0GBの低スペックだったのですが・・・
SSDに変更していたお陰か、ネットや動画は一応ストレスなく動きました

ただウインドウを開く時のアニメーションや、複数のアプリを起動すると・・・
動きが緩やかになりカクカクしたので、やっぱりチョット無理してる感じかな

アップデートは問題なさそう

無理矢理 Windows11をインストールすると、Windowsアップデートが出来ない・・・
という噂を聞いていたのですが、問題無くWindows11を最新状態にすることが出来ました

Windows11 アップデート

各デバイスも、メーカからインストールすることが出来たので・・・
古いパソコンをWindows11にしても、とりあえずは通常使用に問題なさそうです

古いPCでもWindows11に出来る!

Windows11 アップデート

ということで今回は、システム要項を満たしていない古いパソコンに・・・
無理矢理 Windows11 をインストールしてみたというお話しでした

“レジストリエディター” や “コマンドプロンプト” を使うので・・・
パソコンの設定などに触れない人は、ちょっと難しいかもしれません

ただ手順と入力ミスが無ければ、誰でも古いパソコンをWindows11にできます

正式リリース前は、Windows11が大幅に変わる!古いパソコンは使えない!・・・
など心配しましたが、古いPCでもWindows11にアップデート出来るんですね

このオッサンLABOブログでは、古いパソコンの使い道だけでなく・・・
激安!中古パソコンが買えるお店も紹介しています

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします

安い 中古パソコン が買える! おすすめ ネットショップをご紹介します! 中古パソコン 大好きのオッサンLABO(@ossa...
スポンサーリンク