屋外 防犯カメラ を自分で 設置 してみた!

屋外 防犯カメラ を自分で、 設置 してみました!!

なんでも自分でやってみるオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

先日、知人から “防犯カメラを取り替えたい” との依頼がありました

なんだかんだで物騒ニュースが聞かれる世の中・・・
自分たちの生活を守るため、防犯カメラは大切なセキュリティ対策ですよね

はたして素人のオッサンLABOに、防犯カメラを設置できるのか?

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマ屋外 防犯カメラを自分で 設置してみた!

というお話です

防犯 カメラ

自宅に防犯カメラを付けている家が増えてきましたが・・・
防犯カメラって、設置する費用が “高い” イメージがありませんか?

実際に、ホームセキュリティで有名な “セコム” さんの価格表を見てみると・・・

カメラ台数 販売価格
(ホームモニター1台、カメラ(必要台数) + 標準工事一式)
1台 197,010円(税込)
2台 292,270円(税込)
3台 384,560円(税込)
4台 476,850円(税込)

1台の防犯カメラで、20万円近くもするみたいなので・・・
専門業者に依頼して “気軽に防犯カメラを取り付けてもらう” のは難しそうです

そこで自分で、自分で設置できる防犯カメラがないか探してみたわけです

屋外 防犯カメラを選ぶポイント

素人が防犯カメラを設置するなんて “難しいそう”と思っていたのですが・・・
調べてみると自分で設置できる、防犯カメラって結構売ってるんです

もちろん防犯カメラなら、どれでも良いという訳ではなく・・・
屋外に設置するので、いろいろ必要な条件があります

  1. 画質と画角
  2. 赤外線撮影機能
  3. 防水・防塵性能
  4. 電源供給方法

画素数と画角

防犯カメラでも一般のカメラと同じように、画素数が重要になるんですが・・・
防犯カメラの場合、200万画素(FullHD)~400万画素(4K)がオススメらしいです

もし100万画素(HD)の防犯カメラだと、精密な映像が撮影できず・・・
映像を拡大した時に、対象物が “ぼやけて” しまうので、防犯カメラの意味がありません

新鋭株式会社の公式サイトより

同様に、防犯カメラが撮影できる範囲、つまり “画角” も重要で・・・
画角が “60°以上の広角レンズ” の防犯カメラがオススメみたいです

赤外線撮影機能

次に “画素数と画角” と同じくらい重要なのが、夜間撮影ですが・・・
この夜間撮影を可能にするのが “赤外線撮影機能” です

赤外線撮影とは、人間には見えない光で対象物をライトアップすることで・・・
夜間でも非常にクリアな映像を撮影することが出来ます

屋外 防犯カメラ 設置

新鋭株式会社の公式サイトより

人間の目では確認できない光なので、夜間防犯カメラが作動していても・・・

目立つことは無いので、周りにも迷惑をかけることなく撮影が出来ます

防水・防塵性能

さらに忘れてはいけない、屋外防犯カメラの機能として・・・
“防塵/防水” に強い防犯カメラであることが必要になります

防犯カメラを購入する際には、電子機器の保護等級(IP)を確認するようにしましょう

屋外 防犯カメラ 設置

屋外防犯カメラの場合は、“IP66以上” がオススメらしいです

電源供給方法

最後に屋外 防犯カメラを選ぶポイントが、防犯カメラへの “電源供給方法” です

もし屋内電源が無い場合、室内から引っ張ってくる必要がありますし・・・
電気工事士の資格がない素人が、電気配線を触るのは非常に危険です

防犯カメラの電源供給には、通常電源以外にも・・・
ソーラー電池や乾電池などなど様々な方法があるので、環境に合わせて選びましょう

オススメの本格 防犯カメラ

ということで防犯カメラの選ぶポイントをシッカリ押さえて・・・
いろいろ探した結果、新鋭株式会社が販売している犯カメラ、SC-XP45K にしました!

本体(録画機)とのセット販売ですが、気になるカメラの性能は・・・

画素数 354万画素
画角 水平86.1° , 垂直46.0° , 対角104°
撮影距離 Max.30m
内蔵マイク 対応
内蔵スピーカー
防塵/防水 IP67

などなど先ほど紹介した防犯カメラ条件を全てクリアした、本格的な 防犯カメラ です

モチロン赤外線撮影機能対応で、夜間も鮮明に映像を残すことが出来ます

354万画素 PoEカメラ 実際の撮影映像

そして購入する上で一番の決め手が、PoEが採用されているところです

PoEとは、Power over Ethernetの略称で、LANケーブルを経由してデータ通信と電力供給を可能にします。

つまり今回購入した SC-XP45K は、LANケーブルさえ接続できれば・・・
電気工事不要の防犯カメラなんです!

屋外防犯カメラを設置する

ということで新鋭株式会社の公式サイトから SC-XP45K を注文・・・
LANケーブル 20mとカメラ3台分付いて、気になるお値段は 41,360円

購入前には、公式サイトから “チャット” で相談が出来るので・・・
商品を安心して購入できました

もちろん設置も自分でするので、セキュリティ会社の防犯カメラ費用より・・・
かなりコストを抑えられそうです

SC-XP45Kの基本設定

新鋭株式会社 公式サイトから、SC-XP45K を注文すると・・・
翌日には商品が発送されて、2日後には無事手元に届きました

発送後も発送番号の通知や、商品梱包も非常に丁寧で・・・
不安なく商品を待つことができたのは、国内メーカーならではのメリットですね

では早速、SC-XP45Kの基本設定を行いたいと思います

HDDを取り付ける

今回購入したSC-XP45Kは、本体に防犯カメラ映像が録画されますが・・・
HDDは別売り(オプションでセット購入できます)になっています

そこで、まず手持ちの1.0TBのHDDを取り付けました

created by Rinker
SEAGATE
¥4,800 (2021/10/15 14:01:23時点 Amazon調べ-詳細)

本体左右側面にある、固定ビス(合計4本)を外すと上部カバーが外れます

屋外 防犯カメラ 設置

中身は非常にシンプルで、SATAケーブルが出ているのでHDDを接続・・・
本体背面からHDDを固定できる穴が開いているので、付属のビスでHDDを固定します

屋外 防犯カメラ 設置

これでHDDの取り付けは完了です

ちなみに・・・

HDDは FAT32 しておく必要があるようですが、フォーマットの方法が解らない人用に、公式サイトではフォーマットソフトが提供されています。

本体とルーター・カメラを接続する

次は防犯カメラ映像が、正しく映るか防犯カメラと本体をLANケーブルで接続します

屋外 防犯カメラ 設置

カメラとの接続が終われば、自宅のルーターと本体を接続しますが・・・
外部からのアクセスが不要であれば、ルーター接続は不要です

最終的に接続の全体イメージは、下の図の通りです

屋外 防犯カメラ 設置

公式サイトより

接続手順も同梱マニュアルに、詳しく書かれているので簡単でした

本体の初期設定を行う

防犯カメラと本体が接続できれば、映像が映るか初期設定を行ってみます

まず電源アダプターを接続すると、すぐに電源が入り “初期設定画面が表示” されて・・・
ログインパスワードの設定をして、時間と言語設定をします

屋外 防犯カメラ 設置

次は ネットワーク設定ですが、エラーが出たので一分ほど待って “再試行” します

屋外 防犯カメラ 設置

再試行してみると、ネットワーク接続に成功しました!

屋外 防犯カメラ 設置

外部からスマホで映像を確認できる、アプリのインストールが表示されますが・・・
あとでインストールできるので “次へ” をクリックします

SC-CAM

SC-CAM

SINEI Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

ここまで、たった2分~3分でしたが、防犯カメラの映像がキレイに写し出されました!

屋外 防犯カメラ 設置

SC-XP45Kの初期設定、簡単すぎてビックリです

ちなみに・・・

外部からのアクセスやHDDへの録画時間などの設定は、別に必要になりますが、同梱もしくは公式サイトのダウンロードマニュアルから、こちらも簡単にできました。

屋外防犯カメラを設置する

SC-XP45Kなら、防犯カメラの “初期設定は非常に簡単” です

パソコンに詳しくない人でも、マニュアルを見れば10分程度で出来ると思います

ただ問題なのはココからで、防犯カメラを屋外に設置したあと・・・
LANケーブルを屋内に引き込むのが、非常に大変でした

知人宅には、以前設置した防犯カメラで使用していたケーブルがあったので・・・
それを利用して、LANケーブルを引き込もうとしたのですが、とにかく大変でした

カメラの設定場所を決める

とにかく最初に、防犯カメラを設置します

防犯カメラの設置ですが、まずは設置場所に穴を開けて・・・
付属のアンカーを挿し込みます

屋外 防犯カメラ 設置

写真はサンプルです

あとは防犯カメラのカバーを取り外し、付属ビスで取り付けるだけです

LANケーブルを屋内に引き込む

次はいよいよ、LANケーブルを屋外から屋内引き込みます

まず古い防犯カメラの映像ケーブルをLANケーブルに結び合わせて・・・
天井裏に配線されている古いケーブルを引っ張って、LANケーブルを引き込む予定でした

でも、どれだけ引っ張っても、途中でケーブルが動かなくなって・・・
点検口から天井裏を覗き込んだり、とにかく本当にイロイロ大変でした

色々天井裏を探ってみて判ったことなのですが、ケーブルが引き込めない原因は・・・
天井裏の柱の角に食い込んだいたのが原因でした

こういうトコロは電気工事士じゃないと判らないですよね

自宅の壁に穴を開けたり天井裏に配線したり、自信がない人も多いと思うので・・・
隙間用LANケーブルなどを利用して、窓から引き込んでも良いかもしれませんね

created by Rinker
サンワダイレクト
¥1,880 (2021/10/15 21:25:33時点 Amazon調べ-詳細)

多少お金出してもイイよという人なら・・・
電気配線から防犯カメラ設置までお任せの“電気の工事屋さん”にお任せが一番です

自分で出来る防犯カメラの設置

ということで今回、知人宅の防犯カメラを自分で設置してみたのですが・・・
なんと取り付けに、6時間(5時間はケーブル引き込み作業)も掛かりました

ただ “コストが安く済んだ” と、知人が喜んでくれたので一安心です

防犯映像もバッチリ写っていますし、外出先からも確認できます

LANケーブルの引き込み作業さえクリアできれば、自分でも防犯カメラが設置できます!

自分で 屋外 防犯カメラ 設置 を検討している人は、SC-XP45K いかがでしょうか?

このオッサンLABOのブログでは、古いパソコンなどの活用術も紹介しています

パソコンを買い替えたいけど “出費が大きいのは辛いなぁ” という人は・・・
2万円から購入できる中古パソコンなんていかがでしょうか?

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします!

安い 中古パソコン が買える! おすすめ ネットショップをご紹介します! 中古パソコン 大好きのオッサンLABO(@ossa...
スポンサーリンク