Googleシリーズ!GoogleDriveでも 動画共有 する方法

動画共有 ・・・って言えばYoutubeですか??

オッサンLabo(ラボ)のオッサンです。

Youtube、TikTok、Instagram、Twitter・・・
なんでもかんでも最近の子は、自分の動画を公開するのに若干引き気味のオッサンです。

でも動画業界も厳しくなっているのか、動画配信の規約が厳しくなったり大変みたいですね。

それに、いつの間にか「勝手に動画が利用されていた」など著作権の問題もあるようです。

一生懸命作った動画が、意図せぬ仕方で利用されるのは避けたいですよねぇ。

それに特定の人に一時的に動画を共有するだけなら、Youtubeじゃなくてもいいはず・・・
ということで今回は「Google Driveを利用して動画共有する方法」をご紹介いたします!

Google Driveについて

動画共有

GoogleDriveとは・・・

Gmailアカウントで15GBまで無料で利用できるオンラインストレージのことです。

参照:GoogleDrive 超便利なクラウドサービス

みなさんも、Googleアカウント持っていますよね?
Gmailを利用していれば、GmailアドレスがGoogleアカウントになります。

GoogleDriveを利用するためにはGoogleアカウントが必須となりますので
もしまだ持っていない方は、まずはアカウントを作成しましょう!

Google Driveに関する詳しい記事は以前に書きましたので、ぜひご覧ください。

Google Driveに動画をアップする方法

動画共有

さてGoogleアカウントが出来れば Google Drive に 動画 をアップしてみましょう!

まずはGoogleアカウントでログインしましょう。

オッサンLabo

でも動画を公開なんて・・・私に出来るでしょうか・・・汗

と思われるオジサン方、ご安心ください!

Google DriveもYouTube同様にGoolgeが経営しているので
動画共有する
方法はYoutube以上に非常に簡単です!!

GoogelDriveにアクセスしてみる

ブラウザで『GoogleDrive』にアクセスします。

下図の赤枠をクリックすると、必ずログイン画面になりますので、
お持ちのGoogleアカウントを利用してログインして下さい。

Google Drivew

またはGoogleのホームページから、以下の手順でアクセスすることが出来ます。

Google Drivew

GoogleDriveに動画をアップロードしてみる

GoogleDriveにアクセスできれば、あとは動画ファイルを「ドロップ」するだけ!

簡単ですよね?

動画共有

GoogleDriveが対応している動画ファイル

因みにGoogleDriveで再生できる動画のファイルですが・・・

対応動画ファイル

  • WebM ファイル
  • MPEG4
  • 3GPP
  • MOV ファイル
  • AVI
  • MPEGPS
  • WMV
  • FLV
  • MTS

となっていますが・・・中には再生できない場合もあります・・・

個人的には、Google Driveにアップロードする動画ファイルは

「MP4」をおススメします!

アップロード動画を再生する

Google Drivew

さて、これでインターネットで動画を共有する準備が整いました!

無事に動画のアップロードが完了し、インターネット上で再生が可能になると
動画のサムネイルが表示されます・・・

Google Drivew

サムネイルをクリックしてみましょう・・・
ブラウザ上でアップロードした動画が再生できたことを確認できましたか?

Google Drivew

アップロード 動画共有 設定

ブラウザ上でアップロードした動画の再生が確認できれば次は「 動画共有 」の設定です。

まずは、動画のサムネイル上で「右クリック」をします。

メニューが表示されますので「+共有」をクリックします。

動画共有

動画共有 「詳細設定」を変更する

「+共有」をクリックすると「誰と共有するか?」を設定する項目が表示されます。
「詳細設定」を選択しましょう!

動画共有

詳細設定を見ると、初期値は「非公開自分だけがアクセスできます」になっていると思います。

動画共有

初期値の状態では、動画を見ることが出来るのは「アカウント管理者だけ」です。

インターネット上で動画を共有できるように「変更」します

共有対象を尋ねられますので、今回は「リンクを知っている全員」を選択します。

動画共有 設定

因みに、それぞれの共有範囲の設定内容は以下の通りです・・・

オン – ウェブ上で一般公開

対象となるファイルを誰もでもネットで検索し閲覧できるようになります。

「色んな人に見てほしい!」場合は、この項目を選べますが・・・

Youtubeの一般公開と同じように、不特定多数が見れるようになるので
「ウェブ上で一般公開」は、よく考えてから選ぶようにしましょう!

オン – リンクを知っている全員

共有リンクを知っている人のみが閲覧することが出来ます。

閲覧者はGoogleアカウント不要で見れるので、通常はこの設定が良いかも。

この記事の後で紹介しますが「動画をサイトに埋め込む」場合は
共有リンクを知らなくても、サイト上で動画を見ることが出来るようになりますよ。

オフ – 特定のユーザー

Googleアカウントを持っているユーザーのみに共有リンクを提供する事が出来ます。

特定の人だけの公開なので、Googleアカウントを持っている友人との共有向きですね。

「知らない人に公開したくない!」場合はおススメです。

動画共有リンクを取得する

これで動画を共有する準備が整いました!
もう一度、動画のサムネイルが表示されている画面に戻って
「右クリック」→「+共有」を選択します。

動画共有

先ほど設定した通りの「リンクを知っている全員が閲覧可」(青枠)になっていますね。

あとは赤枠で囲っている部分のリンクをコピーして、
メール・SNSなどで共有相手に送信すれば動画共有完了です!

動画共有リンク

「埋め込みリンク」の取得方法

動画共有 設定

では次に動画をサイトやブログに埋め込むための方法を説明しますね。

新しいウインドウで開く

このまま動画ファイルを「右クリック共有」・・・自分のサイトに貼り付け・・・
としたいところですが「共有リンク」だけでは、埋め込むことが出来ません!

まずはWEBで動画を再生すると右上にメニュー(「・」が3つ縦並び)が表示されるので
クリックして動画に関するメニューを開きます。

動画共有 設定

表示されたメニューの中から「新しいウインドウで開く」を選択します。

新しくタブブラウザが立ち上がり、同じ動画が再生されますよね?

では、もう一度右上のメニュー(「・」が3つ縦並び)を開いてみてください。

すると・・・「アイテムを埋め込む」が表示されるようになります!

動画共有 設定

なぜか・・・GoogleDriveにアップロードした動画を自分のサイトに埋め込むときには
こんな遠回りをする必要があるんですよねぇ(汗)

動画アイテムをサイトに埋め込む

「アイテムを埋め込む」をクリックすると新しいウインドウが表示され

「HTMLを貼り付けてウェブサイトに埋め込む」コードが表示されます。

動画共有 リンク

あとはコードをコピーして貼り付ければ自分のサイトやブログに貼り付ければOK!

当ブログで利用しているWordpressの場合だとコードの貼り付けは簡単ですが
無料ブログサービスを利用されている場合は、コード入力が対応できない場合があるので
気を付けてくださいね。

GoogleDriveで 動画を共有 する方法の説明は以上です!

GoogleDriveで動画を公開する前に

動画共有

いかがでしたか?GoogleDriveで動画を共有する方法も意外と簡単でしたよね??

しかもGoogleDriveなら・・・

GoogleDriveで動画公開するメリット

  • Youtubeのように運営側に権利を渡すこともない
  • 非公開動画はシッカリと保護される
  • サイト掲載の自由度も高い

などをのメリットとして上げることが出来ます。

オッサンLabo

よし!今日からYoutubeやめてGoogleDriveに乗り換えよう!

と思われた人はチョット待ってください!

GoogleDriveに動画を公開する前に覚えておきたいことがあります。

注意
  • 広告は無いので収益は発生しない
  • サムネイルが自由に付けられない
  • GoogleDriveは動画専用ではないため過剰なアクセス対応が難しい
  • インターネット上に動画をアップした時点で外部に漏れる危険を理解する

などを上げることが出来ます・・・4つ目はGoogleDriveに限りませんが・・・

仕事やプライベートで「チョット公開する為に利用する」という点で
GoogleDriveは非常に優れていると思います。

Youtube以外で動画を共有する方法ないかなぁ・・・
そんな時は、GoogleDriveをぜひ活用してみてくださいね。

コチラではYouTubeやGoogleDrive以外での動画配信する方法を公開中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする