SSDとHDDのイイとこ取り Mac Fusion Drive とは?

パソコン関連

SSD とHDDのイイとこ取り、 Mac の Fusion Drive って知ってますか?

中古パソコンが大好きな、オッサンLABO@ossan_laboのオッサンです!

 

少しでも動作の早いMacで快適作業がしたい!という願いをかなえるため・・・
“Fusion Drive”なるシステムが、Macに搭載されていましたよね

 

ただ2021年以降に発売されたMacからは、Fusion Driveが消えていました

 

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマSSD とHDDのイイとこ取り Mac Fusion Driveとは?

というお話しです

フュージョンドライブ

Fusion Drive

Windowsユーザーには、あまり聞きなれない Fusion Drive ですが・・・
Appleが、2012年~2020年に発売されたMacで、採用されていたストレージです

 

Fusion Driveは、SSDとHDDのイイとこ取りで・・・
システムやファイル起動が早く、保存容量も多いストレージなんです

 

『さすがApple、すごいストレージシステムだ!!』と思いますが・・・
2021年以降のMacは、SSDが標準になって Fusion Drive は採用されていません

Fusion Driveの仕組み

起動が早くて大容量の Fusion Drive なのに、なぜ今は採用されていないのか?

 

まず Fusion Drive の構成について、簡単に説明すると・・・
1.0TB以上の大容量HDDと、PCIe接続の超高速SSDから構成されています

Mac SSD

 

つまりFusion Driveは、SSDとHDDの両方が搭載されているんです

 

この2種類のストレージを一つのストレージとして、Macに認識させて・・・
データの種類に合わせて、保存先を自動で変えてくれるのがFusion Driveなのです

Fusion Driveのメリットとデメリット

OSデータや頻繁に利用するデータはSSDに保存して・・・
それ以外の大きなデータは、HDDに保存してくれるFusion Drive

 

非常に合理的で、素晴らしいシステムのように思いますが・・・
じつはメリットだけでなく、デメリットも存在します

  • メリット:読み込み速度が早い
  • メリット:大容量なのに価格が安い
  • デメリット:使っていると遅くなる
  • デメリット:メンテナンス性が悪い

メリット:読み込み速度が早い

まず Fusion Drive 最大のメリットは・・・
HDD並みの大容量なのに、読み込み書き込み速度が倍以上ということ

 

BareFeatsで紹介されていた、ベンチマークデータを確認すると・・・
ランダムデータの読み書きは、3倍近く速いんですよね

 

連続したデータでも、Fusion Driveの方がHDDより2倍近く速いのです

Mac SSD

 

SSDには及ばないものの、HDDより快適に使用できるのがFusion Driveなのです

メリット:大容量なのに価格が安い

じつはFusion Driveの容量構成は、SSDとHDD “5:5″ではありません

HDDSSD
Mac mini1TB128GB
iMac1TB24GB〜32GB
2TB128GB
3TB

 

SSD容量が少ないと思うかもしれませんが、その分SSD単体に比べて価格が安いのです

 

たとえば 1.0TB Fusion Drive の場合、プラス1万円ちょっとで済みますが・・・
1.0TB SSDにアップグレードする場合は、2万円ほどかかるんです

 

大容量なのに価格が安いのが、Fusion Drive のメリットなんです

デメリット:使っていると遅くなる

HDDより速度が速く、価格はSSDより安い Fusion Drive ですが・・・
しばらくMacを使っていると、だんだん動作が遅くなってくると言われています

 

その理由は “SSDの容量の少なさ” が原因です

 

Macを使用しているうちに、SSDの容量オーバーしてしまい・・・
HDD領域にデータが保存されるようになるので、動作が遅くなってしまうのです

 

しかもFusion DriveのSSD容量は、最大でも128GBだから・・・
少し大きなデータを利用すると、すぐにSSD容量をオーバーしてしまうのです

メンテナンス性が悪い

2012年~2020年まで採用されていた、Fusion Driveですが・・・
メンテナンス性が悪くて、トラブルが起きた時に修復が大変です

 

そもそも2012年に発売されたのは、エッジ5mmの分解が難しい超薄型iMac

しかもFusion DriveのSSDは、ロジックボードの背面に取り付けられているので・・・
万が一交換が必要な場合は、全部バラバラにしないといけないのです

Mac SSD

 

さらにMacをクリーンインストールした場合、Fusion Driveが解除されるので・・・
再度クリーンインストールを設定する必要があるのです

2012年製 27㌅ iMac 分解 したので紹介します
2012年製 27㌅ iMac 分解 してみました。破壊王のオッサンLABOのオッサンです。徹底的にiMacを分解してみました!ということで今回の記事テーマは、2012年製 27㌅ iMac を徹底的に分解してみた!というお話しです。

SSDとFusionDrive

Fusion Drive

SSD とHDDのイイとこ取りの Fusion Drive ですが・・・
デメリットを考えると “ちょっと使いにくいシステムかも” って思っちゃいますよね

 

そもそもFusion Driveが採用された、2012年ごろといえば・・・
まだまだ大容量SSDが高額でしたが、今は1.0TBのSSDが1万円で購入できます

それにApple自体が、2021年以降のMacにFusion Driveを採用していません

 

そのことを考えると、Fusion DriveよりSSD単体のほうが良いかもって思っちゃいます

速度もコスパもSSDが上

先ほどFusion Driveのベンチマークをデータを掲載しましたが・・・
Fusion DriveよりSSD単体のほうが 、性能は全て上なんですよね

Fusion Drive

 

価格も1.0TBのSSDが1万円で購入できるので・・・
当時1.0TBのFusion Drive アップグレードと、ほとんど変わりありません

 

しかもSSDだと、HDDと置き換えるだけなので・・・
ロジックボードを取り外す必要もないので、メンテナンス性もSSDの方が楽ですね

 

ということで今からMacを購入するなら、間違いなくSSDモデルがオススメです

 

出来るだけ安くMacを購入したい人は、先にHDDモデルを購入して・・・
あとから自分でSSDに変更するという方法もありますよ

意外と簡単? 薄型 iMac Late2013 SSD交換 方法
...

Fusion Drive簡単メンテナンス

すでにFusion DriveのMacのユーザーで、“Macの動作が遅い”と感じる人は・・・
CleanMyMac Xを試してみると、新品のFusion Driveの動きにもどるかも?

CleanMyMac Xとは、誰でも簡単に遅いMacをメンテナンス出来る、全世界で700万人のユーザーが利用している、Mac専用最適化ツールです。

 

操作は非常に簡単で、インストールした CleanMyMac X を起動して・・・
下のような画面が表されたら、中央下にある “スキャン” をクリック!するだけ

Fusion Drive

 

これでMacの状態を全てスキャンして、メンテナンスまでしてくれます

 

もちろん左メニューからも、スキャン対象を細かく選択できますが・・・
最初は、初期設定のスマートスキャンを試してみましょう!

スマートスキャン項目

  • システムジャンクを削除
  • iTunesと写真の整理
  • メールの整理
  • ゴミ箱を空にする
  • マルウェアをスキャン
  • システムパフォーマンスの向上

SSDとHDDのイイとこ取り?

Fusion Drive

ということで今回は、 SSD とHDDのイイとこ取り Mac Fusion Driveを紹介しました

 

SSD並みの速度とHDD並みの価格で、2012年~2020年まで採用されましたが・・・
最新のMacからは、その存在が静かに消えてしまいました

大容量SSDの価格が安くなった今、Fusion Driveは役目を終えたのかもしれませんね

 

このオッサンLABOのブログでは、古いMacの使い道などを考えています

また処分せずに、古いiMacの活用方法も紹介しています

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします!

中古Macが欲しくなる? 古いMac の使い道
毎年新しくなるMacですが、 古いMac にも使い道 が、まだまだあります!中古パソコンが大好き!オッサンLABOのオッサンです。古いMacを持ってる人多いんじゃないですか?ということで今回は、中古Macが欲しくなる? 古い Mac の 使い道についてお話ししたいと思います。
トップへ戻る