2012年製 27㌅ iMac 分解 したので紹介します

パソコン関連

2012年製 27㌅ iMac 分解 してみたので紹介します

こんにちわ!破壊王のオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

 

先日、2012年製の中古iMacを購入したのですが、HDDだったので・・・
SSDに交換するついでに、徹底的にiMacを分解してみました

 

2012年製 iMacは分解が出来ないと言われていましたが、コツを掴めば簡単です

 

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマ2012年製 27㌅ iMac を徹底的に分解してみた

というお話しです

2012年製 iMac

航空機の製造技術が用いられ、本体端の厚さ “5mm” を実現したiMacは・・・
当時の一体型パソコンとは、一線を画す “先進的なデザイン” でしたよね

 

それ以前のiMacも素晴らしいデザインでしたが・・・
なんとなく “ここから分解するんだろうなぁ” というのが判りました

 

でも2012年製以降のiMacは、液晶と保護ガラスが一体化されており・・・
ネジを一切使わずに固定しているため、分解が出来ないと言われています

意外と簡単? 薄型 iMac Late2013 SSD交換 方法
...

iMacの分解に必要なモノ

分解できないと言わていても、所詮人が作りしモノ・・・
2012年製 以降のiMacでも、分解して内部にアクセスすることが出来るのです

 

iMacを分解できると、より長くiMacを使い続けることが出来ますよ

 

まずはiMacを分解するのに必要な、以下の道具を揃えましょう

  • 使わないプラスチックカード
  • ドライヤー
  • ヘックスドライバー
注意

iMacを分解することで、AppleCareの適用が出来なくなりますので、Apple製品の分解は自己責任でお願いいたします。

使わないプラスチックカード

2012年製以降の薄型iMacは、液晶ガラスと液晶本体が一体となり・・・
さらに本体と液晶ガラスが “両面テープ” で固定されています

 

そこでiMac本体と液晶パネルの間にカードを入れて、両面テープを剥がすため・・・
使わないプラスチックカードを準備します

 

iMac分解ツールもあるんですが、ハッキリ言って”プラスチックカード”で十分です

 

ちなみに “プラスチックカード” の先端を削って・・・
カードの厚みを薄くすることで、よりiMacの分解が楽になりますよ

ヘア―ドライヤー

iMacは両面テープで固定されているので、粘着力を弱めるためにドライヤーが必要です

 

オッサンLABOは、いつも工業用ドライヤーを利用していますが・・・
時間はかかりますが、一般的なヘア―ドライヤーでも大丈夫ですよ、

 

あとはiMacの端にドライヤーの温風を当て、両面テープを剥がしていきます

ヘックスドライバー

iMac 液晶パネルの取り外しは、カードとドライヤーで出来ますが・・・
さらにiMacを分解する場合は、ヘックスドライバーが必要になります

 

最近では、100均でも売っていますが、安物を使うと・・・
ビスを痛める可能性があるので、これだけはシッカリしたものを準備しましょう

iMacの分解手順

iMacの分解に必要な道具が揃えば、いよいよ分解です

 

SSDの交取り付けだけなら、液晶パネルを取り外すだけで済みますが・・・
今回は、ロジックボードまで取り外したいと思います

 

ザックリとした、iMac 分解の流れは以下の通りです

  1. 液晶パネルの取り外し
  2. 各ケーブルを取り外す
  3. スピーカーを取り外す
  4. HDDを取り外す
  5. 電源ユニットを取り外す
  6. ファンを取り外す
  7. ロジックボードを取り外す

液晶パネルの取り外し

ドライヤーで”ガラスと本体”の間を温めて、プラスチックカードを押し込みます

 

カードを差し込むことが出来れば、ドライヤーで温めながらカードをスライドさせます

 

上部と左右スムーズにカードがスライドすれば、両面テープが剝がれているので・・・
液晶パネルを手前に倒すことが出来ると思います

 

液晶パネルを手前に少し倒すと、液晶ケーブルが2本見えるので取り外します

 

どちらも簡単に取り外すことが出来ますが、ケーブルを知らずにパネルを外すと・・・
ケーブルの差込を痛める可能性があるので、10cmほどの隙間から作業しましょう

注意

こカードをあまり深く差し込むと、液晶ケーブルなどを傷つける可能性があるので、カードの差込は1㎝ほどにしましょう。

各ケーブルを取り外す

液晶パネルを取り外したiMacはこんな感じで、HDDが丸見えですね

 

  1. スピーカー
  2. HDD
  3. 電源ユニット
  4. ファン
  5. ロジックボード

 

番号順に取り外すだけなのですが、その前に各ケーブルを取り外しておきましょう

見えているケーブルの箇所は、下画像の赤丸です

 

iMacのケーブル類は、非常に細いので・・・
取り外す時は “引っ張らずに” に、ツメを丁寧に持ち上げながら取り外します

 

スピーカーを取り外す

ケーブル類を取り外すことが出来れば、一番簡単なスピーカーを取り外します

スピーカーは、左右合計4本のビスで固定されているので・・・
ビスを外せば簡単に、動かすことが出来ます

 

ただ左右どちらのスピーカーも、かなりギュウギュウに押し込まれているので・・・
底が抜けず、完全に取り外せない場合があります

 

そんな時は、スピーカをナナメにして、次にユニットを取り外すようにしましょう

HDDを取り外す

スピーカーを取り外すことが出来れば、HDDも簡単に取り外すことが出来ます

 

HDDは、左右の取付枠で挟んで固定されているので・・・
取付枠を取り外せば、簡単にHDDも取り外せます

 

ここまで分解出来れば、HDDからSSDへの交換が出来るようになります

電源ユニットを取り外す

スピーカーとHDDが外せると、電源ユニットが外せるようになるのですが・・・
電源ユニットのコンデンサには、電気が蓄えられている可能性があります

 

完全に放電するためにも、電源ユニットを取り外す場合は・・・
ACケーブルを取り外してから、数分は触らないようにしましょう

注意

数分経過した放電後も “はんだ接合部” などに触れると、電気が流れる可能性があるので、電源ユニットを外すときは、”はんだ接合部”には触れないように注意しましょう。

 

電源ユニット自体は、4つのビスで固定されているので取り外します

 

電源ユニットを浮かしてみると、ロジックボードへのケーブルが2本見えるので・・・
コネクターのソケット背面を押しながら、ケーブルを抜きます

ファンを取り外す

次は、内部のファンを取り外します

 

3本のビスで固定されているだけなので、簡単に取り外すことが出来ます

ロジックボードを取り外す

最後に一番の大物ともいえる、ロジックボードを取り外しますが・・・
まずはWifiのアンテナ4本を取り外します

 

次にビスの取り外しですが、8箇所のビスを取り外す必要があります

緑色は短いビスですが、赤色は長いビスで固定されています

 

さらに黄色のビスは、電源ユニットのビス “取り付けステー” が・・・
ロジックボードの固定ビスになっていて、少し大きめのヘックスドライバーが必要です

 

青色のビスは、穴の奥にあるため、長いヘックスドライバーが必要になります

 

最後に、ロジックボードの上にある2本のビスを取り外します

 

これでロジックボードも外せたので、iMacをバラバラに分解することが出来ました

作業注意点まとめ

いかがでしたか?分解不可能と言われていた、2012年製の27㌅薄型iMacも・・・
意外と簡単に分解できましたよね

 

iMacを分解できるようになると、SSDに交換したりCPU交換したり・・・
iMacをメンテナンス出来るので、より長くiMacを使い続けることができます

万が一iMacが壊れても、分解して不具合パーツを交換することが出来れば・・・
比較的に安い値段で修理することも可能です

 

もちろんiMacの分解には、注意点もあるので、そこはシッカリ押さえておきましょう

 液晶パネルの取り外し

27㌅ iMacの液晶パネルですが、保護ガラスと液晶が一体になっているため・・・
液晶パネルだけで、3キロ~4キロの重さがあります

 

重さで液晶パネルが倒れると、ガラスが割れたりケーブルが切れたりなど・・・
大きな被害が出てしまうので、液晶パネルはiMacを寝かして取り外すようにしましょう

 ケーブルの取り外し

iMacのケーブルは非常に細く繊細です

無理に引っ張ると、コネクターからケーブルが抜けてしまう可能性もあります

 

ケーブルを抜く時は必ず、細いドライバーなどを使って、丁寧に取り外しましょう

 電源ユニットの取り外し

電源ユニットに付いているコンデンサーは、電気を蓄えるパーツです

電源ケーブルが外されて数分経っていても、電気が蓄えられている可能性があります

 

電気が蓄えられている部分に素手で触ると、大きな電流が流れる可能性があるので・・・
作業する時は、出来るだけ金属部分に触れず “端” を持つようにしましょう

 

それでも作業が不安な場合は、ゴム手袋など耐電性のあるものを身に付けましょう

ハズレなし!?中古Macが安く買えるお店

十分注意すれば、2012年以降のEdgeの薄いiMacで、十分に分解できます

 

分解が出来るようになれば、メモリの増設や高性能SSDに換装ができるので・・・
古いiMacを長く使い続けることが出来ますよね

 

しかも2012年iMacって、中古市場では2~3万円で十分購入可能です

 

シッカリ選べば、快適動作でまだまだ使える中古iMacがきっと見つかります!

 

特に最近は、パソコンなどの精密機器が値上がりしているので・・・
新品より中古Macを選ぶことで、かなり節約できそうですね

オッサンLabo

中古Macを買うなら、どこのショップがオススメですか?

という人のために、安心してオススメできる中古Macが買えるショップをご紹介します

安い! 中古Mac が買える ネットショップ をご紹介
...

iMacを分解してみる?

ヤフオク ジャンク iMac

ということで今k内は、中古で購入した2012年製 27㌅ iMacを分解してみました

元々HDDが取り外されていたので、今回SSDに交換してみましたが・・・
非常に快適に動いています

 

iMacを分解整備出来ると、10年前の中古iMacでも快適に使えるんです

iMacが遅い!iMacをパワーアップさせたい!人は・・・
一度 iMac 分解 にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

 

このオッサンLABOのブログでは、中古Macの使い道なども紹介しています

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします!

中古Macが欲しくなる? 古いMac の使い道
毎年新しくなるMacですが、 古いMac にも使い道 が、まだまだあります!中古パソコンが大好き!オッサンLABOのオッサンです。古いMacを持ってる人多いんじゃないですか?ということで今回は、中古Macが欲しくなる? 古い Mac の 使い道についてお話ししたいと思います。
トップへ戻る