Zoom ミーティングを 同時開催 する方法

パソコン関連

Zoom ミーティングを “同時開催” したい!!

リモート会議が多いオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

 

Zoom を利用した、リモート会議が多くなってきたのです・・・
Zoom って “2つ以上のミーティングを同時開催できない” んです

会議のスケジュールをずらしたりしてもらったり、結構不便なんですよね

なんとかZoom ミーティングを “同時開催” 出来ないものか?

 

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマZoom ミーティングを 同時開催 する方法

というお話です

Zoom ミーティング

Zoom 同時開催

Zoom の基本プラン(無料)やプロ プラン(有料)の場合は・・・
規約にあるように、“同時開催”のミーティングをホストすることは出来ません

Zoom 同時開催

 

ビジネスなどの法人プランなら、最大2つミーティングを同時開催できるようですが・・・

プラン基本プロビジネス企業
ライセンス費用/月無料\2,000\2,700\2,700
ライセンス数1名1名~9名10名~99名100名~9999名

法人プランは、”ライセンス数10名から”になるので、最低でも月27,000円になるわけです

 

オッサンLABOが勤める、5~6名の小規模事業所にとっては・・・
使わないシステムに毎月3万円近く払うのは、ちょっとモッタイナイですよね

ミーティングを同時開催する

費用は出来るだけ抑えて、Zoom ミーティングの “同時開催” に対応したい!

オッサンLABOの場合、1時間以上のミーティングや50名以上が参加する・・・
大規模ミーティングを開催することがあるので、有料プランは必須になります

 

そんな有料プランで、2つ以上のミーティングを”同時開催”する方法は・・・

  1. Zoomアカウントを増やす
  2. プロ プランのライセンスを増やす

この2つの方法で、Zoomミーティングの同時開催が出来ると思います

連結 できる格安の スピーカーフォン を買ってみた!
...

Zoomアカウントを増やす

最初に思いついたのが、Zoomアカウントを増やす方法です

一人の人が、Zoom アカウントを複数作ることは、禁止されていませんし・・・
アカウントも簡単に作ることが出来るので、一番簡単な方法ですよね

 

ただZoom アカウントを増やすと・・・

  • 有料プランを登録する手間がかかる
  • 解約する手間がかかる

などなど、アカウントを増やすことで手間がかかりそうです

テレワーク が個人で簡単に実現できる zoom とは?
...

プロ プランのライセンスを増やす

もう一つの方法が、Zoom プロ プランの契約ライセンスを増やす方法です

実は最近まで “プロ プランの使用ライセンスを増やせる” ことを忘れていました

 

プロ プランは、ライセンスを9名まで追加できるので・・・
最大で9つのミーティングを同時開催することが可能になるわけです

さらに追加アドオンで、大規模ミーティングの開催も可能!

 

既存の有料プランを変更すれば、有料プラン ミーティングが “同時開催” できるなら・・・
別のアカウントで有料プラン契約するより、手間がかかりませんよね

ライセンスの追加

Zoom 同時開催

ということで Zoom プロ プランに、ライセンスを追加したいのですが・・・
オッサンLABOの場合、同時開催するZoomミーティングは、最大で3つくらいです

 

今のライセンスに、2つライセンスを追加すれば十分対応できるはず

しかも3つのライセンス契約をしても、プロプランの場合・・・
1ライセンス2,200円(税込)なので、月々6,600円ほどの支払いで済むはず

10ライセンスからの契約になる、ビジネスプランと比べても2万円以上お得です

 

これなら我が社のような “超小規模企業” でも、十分に許可できる費用ですね

プロ プランのライセンス追加方法

では Zoom プロ プランに、ライセンスを追加していきましょう

ライセンスの追加は、少々判りにくい場所にあったりします

 

まずは既存の Zoom アカウントで、管理画面にログインします

Zoom 同時開催

“アカウント管理” をクリック

管理画面の左側に “管理者メニュー” が表示されているので・・・
“アカウント管理” をクリックします

Zoom 同時開催

“支払い” からプランを編集

“アカウント管理” をクリックすると、プルダウンでメニューが表示されます

その中の “支払い” をクリックします

Zoom 同時開催

 

“支払い” をクリックすると、現在のZoom登録プラン内容が表示されるので・・・
“現在のプランを編集” をクリックします

Zoom 同時開催

“ライセンス数” を設定

“現在のプランを編集” をクリックすると、ライセンス数の購入画面になるので・・・
必要な(自分を含む)ライセンス数を入力します

Zoom 同時開催

 

オッサンLABOは、全部で3ライセンス必要なので、ライセンス数を”3″に設定しました

あとは画面右下にある“保存して続行” で決済に進みます

 

決済後すぐに、使用可能なライセンスが3つに増えました!

追加したライセンスを割り当てる方法

Zoom プロ プランに、ライセンスを追加するのは以上ですが・・・
ライセンス追加だけでは、Zoomミーティングを同時開催することはできません

 

追加したライセンスを別の Zoom アカウントに割り当てるのですが・・・
割り当てる方法は、”ユーザー管理のユーザー”から簡単にできます

ユーザーを追加する

ライセンスが割り当てられた、ユーザー一覧が表示されるので・・・
ユーザーリストの右上にある “+ ユーザーを追加する” をクリックします

 

ユーザーの追加する手順は・・・

  1. 登録したいユーザーのZoom登録メールアドレスを入力
  2. “ライセンス済み”にチェックする
  3. ユーザーの情報を任意で入力する

最後に追加画面の下にある”追加”をクリックすれば完了です

リクエストの承認をする

ライセンス追加で登録したメールアドレスに、“リクエストの承認” メールが届きます

“承認ボタン”をクリックすれば、ライセンスが割り当てられます

 

これで割り当てたZoomアカウントも、プロ プランと同じ機能で・・・
Zoomミーティングを開催できるので、同時開催が可能になったワケですね

ライセンスを増やしてみた結果

ライセンスを別のアカウントに割り当てるということは・・・
一つのアカウントで、Zoom ミーティングを “同時開催” するワケではありません

 

結局、別のアカウントを利用してミーティングを”同時開催”するわけですが・・・
法人プランでも、”同時開催”できるミーティングは、1つのアカウントで2つまでです

つまり”同時開催”のミーティングが3つになると・・・
法人プランの場合でも、ライセンスを別のアカウントに割当てる必要があるのです

 

別のアカウントにライセンスを割り当てるなら、法人プランよりコスパがイイですよね

役割で管理画面が変わるから安心

追加したライセンスを割り当てたアカウントは、全て管理下にあるアカウントでしたが・・・
別の人が使っているアカウントだと、契約情報が見られないか心配ですよね

 

そんな場合は、“ユーザーの役割” をメンバーに変更すれば安心です

 

役割が”ユーザー”のアカウントは、新規ミーティングの設定は出来ますが・・・
ダッシュボードやアカウントなどは、表示されないので変更できません

ライセンス解除が簡単で安心

Zoom ミーティングが増えてきたので、ライセンスを増やしてみましたが・・・
今回の方法なら、増やしたライセンスも簡単に”減らす”ことが出来ます

 

まずはライセンスを割り当てたユーザーを削除します

 

次に”現在のプランを編集”から、ライセンス数を”1″に戻せばいいだけ

 

管理者側で、全てコントロールできるので簡単で安心ですね

ミーティング”同時開催”が出来る

Zoom は法人プランだと、”同時開催”できるミーティングは2つまでなので・・・
3つ以上の”同時開催”を行う場合は、必ず別のアカウントが必要になります

 

ただ法人プランで契約すると、月々の支払いが高くなりますし・・・
“同時開催”する会議数が10以下なら、プロ プランのライセンス追加の方がお得です

追加方法も簡単ですし、 Zoom の”同時開催”が必要な人にはオススメの方法です

 

このオッサンLABOのブログでは、 Zoom ミーティングにオススメの・・・
中古パソコンなどが買えるお店も紹介しています

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします!

安い 中古パソコン が買える! おすすめ ネットショップ
...
トップへ戻る