ヤフオク で ジャンク iMac を久しぶりに買ってみた!

ヤフオク で ジャンク iMac を久々に購入してみました!

パソコン大好き!オッサンLABO(@LABO61071768)のオッサンです!

これまで「iMacの修理」「macOSのクリーンインストール」について
紹介してきました

普段はWindowsで作業しているため、macOSは使用しないのですが・・・
先日ヤフオクを見ていると、なかなかの掘り出し物iMacを発見したのです!

普段は使わないmacOSなのですが、思わず入札そして落札できたので
今回は、ヤフオク で ジャンク iMac を久しぶりに買ってみた!ってお話です

ヤフオク で ジャンク iMac を落札してみる

ヤフオク

今回購入したiMacは、Apple iMac MC814J/A(Mid 2011)です

以前修理で紹介した、自宅iMac(Mid2010)の1年後に発売されたモデルですね

ちなみにヤフオクでジャンクiMacを購入するには、ヤフオクの登録必須です

ヤフオクの登録方法は「不用品をヤフオク!で売ってお小遣い稼ぎ!~ 登録編~」
参考にしてくださいね

2011年式 ジャンク iMac の相場

さて今回購入したiMacは「ジャンク」だったのですが、発売当時は178,800円もした高級品

でもオッサンLABOが見た時は、オークション終了まで残り時間30分前で8,500円でした

オッサンLabo

これは安い!

と思って、9,000円で入札すると・・・そのまま落札できてしまったのです!

「ラッキー」と思っていたのですが、その後「オークファン」で調べてみると
ジャンク品のiMac(Mid2011)なら6,000~8,000円が相場みたいですね



オッサンLABOが、今回購入したiMacは9,000円なので若干高いかもしれませんが
それにしても8年前は20万円のパソコンが、ジャンクとは言え9,000円で買える!

時代の流れ、技術の進歩は早いですねぇ(シミジミ)

ただ正常動作品になると、よくオッサンLABOが格安お遊びパソコンを購入する時に利用する
激安中古パソコンショップ【ジャンクワールド】でも2万円はするみたいです

iMacのジャンク状況について

中古iMac

さて8年前の定価より「20分の1」で購入することができたiMacですが・・・
やはり「ジャンク」は、iMacが安くなる大きな要因です

オッサンLabo

安いのは良いけどジャンクだとお金の無駄になるんじゃない?

と思われる人もいますよね

ヤフオク中古iMacの主なジャンク理由

ジャンクとは・・・ガラクタ、使い物にならないというイメージがありますが
ヤフオクで販売されている商品には、意外な理由で「ジャンク」扱いされてる商品があります

ということでオッサンLABOが落札した、これまでの「ジャンク」商品を紹介します

壊れてないけど「ノンクレーム」商品

ヤフオクは、iMac専門の業者だけでなく一般の人も利用するサービスです

最近まで問題なく使用していたけど、販売後の「クレームなどのトラブル」を避けるため
あまりパソコンに詳しくない人が「ジャンク」商品として出品している場合があります

つまり「壊れてないけどジャンク商品なので何が合っても文句言わないでね」という理由で
ヤフオクに出品している場合があるのです

こういう商品は「ジャンク」でも、問題なく使用できる可能性があるのでお得商品ですね

オススメ度
★★★★★:何も問題なく利用できる可能性「大」説明文をよく読んで入札しましょう

「欠品パーツ」が有る商品

ヤフオクの「ジャンク」パソコンで一番多いのは「欠品パーツ」がある商品です

特に個人情報を保護するため「HDD」を抜き取って販売するケースが多いです

でも「HDD」欠品なら「HDD」を取り付ければいいだけですよね?

それにApple製品なら、OSは無料でダウンロードできるので、macOSをインストールして
iMacを簡単に使用できる状態に戻せますよ!

オススメ度
★★★:HDDの取り付けと作業とOSインストール作業あり、慣れれば1時間ほどで終了

iMacが「破損」している

破損は、まさに「ジャンク」と呼ばれる商品状態ですよ

破損と言っても色々あるのですが・・・ジャンクiMacでよくある破損がコチラ

ガラス割れ

iMacの液晶保護ガラスが「割れ」ているという状態です

以外にも結構多い破損事例ですね

2012年以前のiMacは、液晶が2~3ミリの保護ガラスでカバーされているのですが
取り外し方が解らなかったり、強引に外そうとすると簡単に割れちゃいます

  • 保護ガラスなんていらない!
  • 割れてても気にならない!

という人には良いかもしれませんが、ガラスが割れると映像が見えにくかったり
単純にガラスで怪我をする危険があるので避けたい商品ですね

起動しない

次によくあるiMacの破損ジャンク状態が「起動しない」といものです

電源が壊れていたり、ロジックボードが壊れていると、部品交換になるので
素人では完全に対応できなくなります

それに、部品交換ができたとしても余計な費用がかかります

映像が乱れる

最後にiMacでよくある破損が「映像が乱れる」です

以前にも記事で紹介しましたが、Apple製品は、そのデザインから「排熱」が苦手・・・
特に2012年以前のiMacは、構造が複雑なため「熱」がこもる

高負荷時には、iMacの筐体に触ることすらできないほど熱くなることも

そのためグラフィックボードがダメージを受けて、映像が乱れてしまうのです

これも基本は部品交換必須なので、パソコンに詳しくないと無駄な買い物になってしまいます

そして今回オッサンLABOが購入したジャンクiMacの症状が「映像が乱れる」なのです

オススメ度
★:基本は利用できない状態で専門的な知識が必要になります

ヤフオクで落札したジャンクiMacをご紹介

ヤフオク ジャンク iMac

さて前置きが長くなりましたが、今回オッサンLABOが購入したジャンクiMacを紹介しますね

Apple iMac MC814J/A(Mid 2011)
CPU Core i7 3.40GHz
RAM 16.0GB
HDD 無し
Monitor 27インチ
Attachment 外箱・本体・電源ケーブル

HDDが取り外されていますが、メモリ16.0GBは嬉しいですよねぇ

しかし、27インチiMacはデカイ!!外箱の横幅は75センチもありました(;´Д`)

重さは13キロほどあるので、iMacを移動させる時は気をつけて運びましょう!

ジャンクiMacの外観

やはりiMacといえば、そのデザインの美しさですよね

今回ヤフオクで購入したジャンクiMacは、外観は非常にきれいな状態でした

ヤフオク ジャンク iMac ヤフオク ジャンク iMac ヤフオク ジャンク iMac

目立った傷や破損もなく8年も経過したパソコンでは無い感じでしたね

ただ外観に関しては、販売側の主観もあるので、ヤフオクでiMacを購入する場合は・・・

  • ガラスに傷は無いか?
  • 目立つ傷や汚れが無いか?

細かな傷などが気になる人は必ず、写真では確認できない部分などは、
入札する前に質問するようにしましょう

映像乱れの状況

今回のメインのジャンク理由「映像乱れ」なんですが・・・

以前、自宅iMacの液晶が乱れた時は、格子模様のような映像の乱れが出ましたが
今回は「縦線」が表示されるという状態です

ヤフオク ジャンク iMac

これまでの経験上「格子模様」が表示されたり「縦線」が表示された場合は
大抵がiMacのグラフィックボードの故障なんですよねぇ

ということは、例の修理方法で直せる可能性があるということですよね!?

次回!ヤフオクでジャンクiMacを修理してみる

中古iMac

今回は、ただジャンクiMacをヤフオクで購入しただけの報告になってしまいました(;´Д`)

次回から改めてiMacのグラフィックボードを修理して、HDDを搭載してから
macOSをクリーンインストールして、使える状態になるまでの記事を書く予定です

しかし、ヤフオクで購入したとはいえ、20万円もしたiMacが今では9,000円ですか・・・
本当に驚きというか、今の数十万年するiMacは、当時に比べてどれほど高性能なんだ!?

あまりのiMacの価格変動にオッサンLABOは驚いております

  • iMacがほしい!!
  • macOSデビューしたい!
オッサンLabo

でもiMacって高いからなぁ・・・

とiMac が欲しいけど買えない!そんな人は、ヤフオクで使えるジャンクiMacを
購入してみるのはいかがでしょうか?

もしかすると1万円で、今も現役で使用できるiMac が手に入るかもしれませんよぉ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする