Dropbox ログイン 台数 制限を無視する方法!

パソコン関連

Dropbox の ログイン 台数に、制限があるって知ってました?

便利なアプリが大好きなオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

 

Dropbox と言えば、ファイルを簡単に共有できる・・・
ビジネスでもプライベートでも役立つ、便利なオンラインストレージですよね

みなさんも一度くらいは、Dropboxを使ったことがあるんじゃないですか?

 

そんな便利なDropboxですが、リンクできる台数は3台までって制限があるんです!

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマDropbox ログイン 台数 制限を無視する方法!

というお話です

Dropbox ログイン台数

Dropboxは、デバイスにインストールしてログインすることで・・・
他のファイルと同じように、デバイス上でデータを管理することが出来ます

でも残念なことに、2019年3月からDropboxのBasicプランだけ・・・
“3台までしかリンクできない”
という台数制限が、設定されるようになったのです!

 

有料プランなら、ログイン台数の制限は解除されるんですが・・・
Dropboxの有料プランって、個人用のプランでも結構高いんですよね

個人用プラン
PlusFamily
¥1,200/月¥2,000/月

 

だからDropboxを利用したくても、3台以上でログインしようとするなら・・・
一度ログアウトしないと、パソコンやスマホ上でデータがリンク出来ないんです

無料 でデータを 共有 できる Dropbox オススメする理由
...

ログイン台数を回避する方法

パソコンやスマホ上で、Dropboxを使う度にログアウトなんて・・・
めちゃくちゃメンドクサイし、時間がかかってDropboxの意味が無いです

 

そこで “Dropbox Basicプランのログイン台数を無視したい!”と思ったのです

オッサンLABOが考えた、Dropboxのログイン台数を無視する方法は3つです

  1. WEBブラウザでDropboxを使用する
  2. 別アカウントの共有フォルダーを利用する
  3. スマホやタブレットはDocumentsを使う

WEBブラウザでDropboxを使用する

Dropboxのログイン 台数ですが、これはデバイスにインストールした・・・
Dropboxを使用する場合のことで、WEBでログインした場合はカウントされません

つまりWEBブラウザでDropboxを使用すれば、3台以上で使うことが出来るのです!

 

WEBブラウザは、Dropboxで共有しているファイル内容を確認したり・・・
他の人とファイル共有するための “共有リンク” を発行することも可能です

 

ただWEBブラウザだと、ファイルを更新するためには・・・
“ファイルをダウンロード ⇒ 編集 ⇒ アップロード” する手間がかかるんですよね

 

メリット
  • Dropboxの使用台数にカウントされない
  • 他の人とデータ共有ができる

 

デメリット
  • WEB版のDropboxにログインする必要がある
  • 保存データを編集するためにはダウンロードが必要

別アカウントの共有フォルダーを利用する

“一つのアカウントに3台まで” という制限が、Dropboxにはありますが・・・
“一人に付きアカウントは一つ” などの制限はありません

つまり別アカウントを作って、共有フォルダーをリンクすればいいんです!

 

メインとなるDropboxに、共有フォルダーを用意して・・・
あとは “アカウントごとにフォルダーを共有” すれば、台数制限を無視できますよね

 

利用台数を増やすたびに、Dropboxのアカウントを作るが面倒ですけどね

 

メリット
  • Dropbox とのリンクが可能になる
  • アカウントさえあれば台数制限を完全に無視できる

 

デメリット
  • 台数を増やすたびにアカウントを作る必要がある
  • 共有フォルダーの設定をする必要がある

スマホやタブレットはDocumentsを使う

Dropboxを利用している人って、パソコンだけじゃなくて・・・
スマホやタブレットでも、Dropboxを利用していると思うんです

 

Dropboxのアプリを使用していると、ログイン台数としてカウントされてしまいます

 

そこでスマホやタブレットで、Dropboxを使用する場合は・・・
“Documents” というアプリを使えば、ログイン台数を無視できるんです!

Documents × Dropbox

“Documents”は、iOSやAndroid向けのファイル管理アプリですが・・・
外部ストレージやクラウドストレージの連携も出来るソフトなんです

 

連携可能なストレージDropbox、Google ドライブ、Box、OneDrive、WebDAV、FTP、SFTP、SMB、SharePoint、Yandex.Disk

 

つまり “Documents” で、Dropboxと連携すれば・・・
ログイン台数を無視できますし、Dropbox内のファイル管理も出来てしまうのです

Windows と iPad ファイル共有 ができるDocuments
...

Dropboxを連携させる方法

ということで早速 “Documents” で、Dropbox と連携してみたいと思いますが・・・
連携方法が、改めて説明するほど難しい内容でもないんですよね

 

“Documents” と “Dropbox” の連携は、たった3つのステップで完了できますよ

  1. Documentsをインストールする
  2. 新しい接続先にDropboxを選択
  3. Dropbox連携承認をクリックする

Documentsをインストールする

まずDropboxを使用しているスマホやタブレットに “Documents” をインストールします

ドキュメント: ファイルマネージャー, zip 解凍

ドキュメント: ファイルマネージャー, zip 解凍

Readdle Technologies Limited無料posted withアプリーチ

 

“Documents” 公式サイトによると、M1チップ搭載のAppleマシンなら・・・
Macにもインストール可能みたいなので、ますますDropboxの制限を無視できますね

新しい接続先にDropboxを選択

“Documents” のホーム画面にある “メニュー(左側)”からから・・・
“+接続先を追加” をクリックして、接続先の “Dropbox” を選択します

Dropbox ログイン

 

Dropbox ログイン画面になるので、使用しているアカウントを入力しましょう

Dropbox ログイン

Dropbox連携承認をクリックする

正しいDropbox アカウントが入力されると・・・
“Documents” 上で、Dropboxを利用することの“許可”が求められます

Dropbox ログイン

 

許可すれば、すぐに “Documents” に、Dropbox内のファイルが表示されました

Dropbox ログイン

 

これで “Documents” と “Dropbox” の連携設定は完了です!

使ってみてわかったこと

あっさりと “Documents” と “Dropbox” の連携設定ができましたが・・・
実際に使ってみると、”Documents”の便利さに驚きます

 

たとえば、Dropbox内のデータ移動はもちろんですが・・・
共有リンクの作成など、Dropbox専用アプリと同じことが “Documents” でも出来ます

 

これでDropboxのログイン台数にカウントされないだったら・・・
スマホやタブレットでDropboxを使う場合は、”Documents” を使った方がいいですよね

別のアカウントを幾つも設定できる

Dropboxを使っている人の中には、アカウントを複数持っている人もいると思います

別のアカウントで保存しているファイルを見るためには・・・
一度ログイン中のアカウントをログアウトする必要がありますよね?

でも “Documents” なら、別のアカウントを幾つも設定することが出来るんです!

Dropbox ログイン

 

つまりDropbox “A” から、Dropbox “B” にファイルを移動させるのも・・・
“Documents” 一つで、Dropbox間のファイル移動が簡単に出来るわけです

Dropbox ログイン

 

これはDropbox専用アプリにも、備わっていない機能なので驚きです

データの編集は専用アプリが必要になる

メチャクチャ便利な “Documents” ですが、データの編集自体は・・・
保存ファイルに適した “専用アプリでの編集” が必要になります

 

たとえばExcelファイルの場合、”Documents” でも閲覧は可能ですが・・・
ファイル自体の編集には、Excelアプリで編集する必要があります

Dropbox ログイン

 

これはDropboxをパソコンで使っていても同じことですが・・・
“Documents” ファイル管理ソフトなので、編集機能は付いていないということですね

使用容量が大きくなる可能性がある

“Documents” が、あまりにも便利なファイル管理ソフトなので・・・
つい色々と連携しすぎて、使用容量が大きくなる可能性があります

 

実際にオッサンLABOの場合、無料のDoropboxを2個ログインさせていますが・・・
それだけでも “Documents” の使用容量が、約8.0GBも使っていました

Dropbox ログイン

 

あまり色々なストレージと連携し過ぎると、大変なことになりそうです

Documents 便利すぎる!

Dropbox ログイン

今回は、 Dropbox ログイン 制限台数を無視するアイデアとして・・・
“Documents”を使った、Dropboxへのログイン方法を紹介してみました

 

Dropbox Basicプランの3台という、ログイン制限で困っている人がいれば・・・
スマホやタブレットは “Documents” で、Dropboxを使用することをオススメします

“Documents” なら、スマホやタブレットのログイン台数が無視できますよ

 

このオッサンLABOブログでは、便利なアプリだけではなく・・・
格安で買えるパソコンショップ などもご紹介しています

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします

安い 中古パソコン が買える! おすすめ ネットショップ
...
トップへ戻る