“パラメーターが間違っています” と表示されたSSDの復旧方法

パソコン関連

パラメーターが間違っています !って、一体なんのトラブルなの?

便利なアイテムが大好きなオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

 

外付けSSDやHDDを使っていると、たまに起きるトラブル・・・
大切なデータが読み込めなくなった!なんて焦りますよね

 

先日同僚から“パラメーターが間違っています”って表示が出て・・・
外付けSSDが読み込めなくなったから直して欲しいと依頼されました

 

ということで今回のお話しは・・・

記事のテーマパラメーターが間違っています と表示されたSSDの復旧方法

というお話しです

パラメーターが間違っています

外付けSSDを使おうとすると、クリックすると・・・
“パラメーターが間違っています”って表示される経験をしたことがありますか?

 

大切なデータが保存されているのに、壊れた!と焦ってしまいますよね

 

このパラメーターですが、外付けSSDやHDDの基本動作プログラムで・・・
このプログラムにトラブルが起こると、保存したデータ読み込めなくなるんです

USBメモリ型 外付けSSD って普通のUSBメモリと何が違うの?
...

パラメーターが間違う原因

大切に使っていたSSDなのに、なぜプログラムにトラブルが起きたのか?

 

外付けHDDの場合は、経年劣化による物理的な原因も考えられますが・・・
物理的なトラブルに強い外付けSSDの場合は、以下の原因が考えられます

  1. 外付けSSDを正しい方法で取り外さなかった
  2. パソコンを強制終了させてしまった

外付けSSDを使う時、上記のようにデータアクセスの途中で終了すると・・・
外付けSSDのパラメーターが、壊れてしまう場合があるんです

外付けSSDを正しい方法で取り外さなかった

オッサンLABOもよくするのですが、正しい方法で取り外さないと・・・
“パラメーターが間違っています” のエラーが出る原因になるんですよね

 

正しく外付けSSDやHDDの取り外し方というのは・・・
Windowsの場合、タスクバーにある“安全な取り外し”から取り外します

 

Macの場合は、外付けSSD アイコンを“ゴミ箱”にドラッグして取り外しますが・・・
何もせずに、そのままUSBを引き抜いている人多くないですか?

 

じつはコレが “パラメーターが間違っています”のトラブル原因になります

パソコンを強制終了させてしまった

他にもパソコンがフリーズして、強制的に電源をOFFにするなど・・・
パソコンを強制終了させると、パラメーターが壊れるトラブルになります

 

たとえば、大きなデータをコピーしている途中とか・・・
読み込み中にパソコンを終了すると、トラブルの原因になる可能性があります

 

データ転送中は、外付けSSDの基本プログラムも含まれているので・・・
必ずデータ アクセスが終了してから、取り外しや電源を切るのが重要です

認識しない外付けSSDを復旧させる

安全な取り外し手順を忘れて、外付けSSDやHDDを取り外した場合・・・
基本プログラムが壊れて、認識しなくなる可能性があるんですね

 

ただパラメーター トラブルの場合、物理的なトラブルではないので・・・
保存しているデータは、破損していない場合があります

 

つまり基本プログラムさえ修復できれば、再びデータ読み書きできるんです

ということで今回は、3つの復旧方法を紹介します

  1. チェックディスクを試してみる
  2. 復元ソフトで復旧させる
  3. SSDをフォーマットする

チェックディスクを試してみる

最初に試して欲しい復旧方法が、チェックディスクという方法ですが・・・
これはWindows標準アプリを使った、外付けSSDのエラーを修復する方法です

 

標準アプリなので費用も掛からず、しかも直る可能性が高い!

 

実際にオッサンLABOは、今回この方法でエラーを直しましたが・・・
全て元通りに直すことができたので、依頼してきた同僚も大満足してくれました

created by Rinker
SanDisk
¥8,760(2022/11/27 11:51:17時点 Amazon調べ-詳細)

Windows PowerSell(管理者)を起動する

そのWindows標準アプリというのが、Windows PowerSellで・・・
コマンドを使って、100以上の命令が出来る便利なアプリなんです

 

まずはWindowsロゴを右クリックするか “Win + R”を同時に押して・・・
Windows PowerShell (管理者)をクリックして起動します

パラメーターが間違っています

chkdsk コマンドを入力する

Windows PowerShell (管理者)を起動すると、青い画面が表示されるので・・・
“chkdsk” というコマンドを入力しましょう

 

次に一つスペースを空けて、トラブルを起こしている・・・
外付けSSDのドライブ文字と“:(コロン)”を入力してスペースを入れます

パラメーターが間違っています

エラーチェックを開始する

最後に “/r” と入力して、エンターを押せば 、コマンドが実行されます

パラメーターが間違っています

 

あとは放置しておけば、勝手にエラー検査から修復まで、自動的に実行されます

パラメーターが間違っています

 

ちなみに32GBのUSBで試してみたところ、数分くらいかかったので・・・
大容量の外付けSSDになると、数十分時間が必要になると思います

パラメーターが間違っています

 

結果が表示されたら完了なので、閉じるボタンをクリックして終了しましょう

復元ソフトで復旧させる

チェックディスクが途中で止まったり、なんど試してみても・・・
“パラメーターが間違っています” と表示されるなら、復元ソフトの出番です

 

たとえば “AnyRecover” は、データ復元率が高いソフトなので・・・
読み込めないデータだけでなく、過去に消去した全データが復元出来ます

データ 復元 ソフト

 

ただ“AnyRecover”の場合、永久ライセンスは9,980円もかかります

プラン無料月間年間永久
価格0円5,980円7,980円9,980円
制限ありなしなしなし

 

しかも復元データは、これまでの内容がすべて表示され・・・
しかもファイルで復元されるので、復元した後の整理が非常にメンドクサイ

 

強力な復元ソフトですが、デメリットもあるということですね

データ 復元 ソフト AnyRecoverを試してみた
...

SSDをフォーマットする

チェックディスクや復元ソフトでも、外付けSSDのエラーが直らないなら・・・
最終手段としては、SSDをフォーマットするしかありません

 

この方法を使うと、再び外付けSSDを使うことが可能になりますが・・・
初期化されるので、保存データが全て消えてしまいます

 

データは諦めたけど、外付けSSDは再利用したい場合のみ試してみてください

ディスクの管理を表示する

まずWindowsロゴを右クリックするか、“Win + R”を同時に押して・・・
ディスクの管理をクリックして起動します

パラメーターが間違っています

 

現在接続されている、SSDやHDDが表示されると思います

パラメーターが間違っています

外付けSSDをフォーマットする

読み込めない外付けSSDを選択して“右クリック”を押すと・・・
メニューが表示されるので、“フォーマット”をクリックします

パラメーターが間違っています

 

フォーマットの設定画面が表示されるので、以下の設定内容でOKします

パラメーターが間違っています

 

フォーマットに伴う警告画面が表示されますが・・・
OKをクリックすると、外付けSSDのフォーマットが開始されます

 

フォーマットが無事に完了出来れば、再び外付けSSDにアクセスできます

外付けSSDを正しい使いましょう

パラメーターが間違っています

ということで “パラメーターが間違っています”というトラブルについて・・・
原因と解消方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

 

特に物理的な衝撃とかに強い外付けSSDでも・・・
正しい使い方をしないと、トラブルが発生してデータが読めなってしまいます

 

安全に取り外す操作をしてから取り外したり・・・
万が一トラブルが起きた場合は、チェックディスクを試してみましょう!

大切なデータだからこそ、外付けドライブは慎重に扱いましょうね

 

このオッサンLABOブログでは、中古パソコンの使い道や・・・
安い中古パソコンが買えるお店を紹介しております。

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします

じゃんぱら で買った2万円 中古 Surface Pro が十分使える!
...
トップへ戻る