macOS インストール USB を作成する方法

macOS インストール USB って作成できるの知っています?

普段はWindows派のオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです!

macOS のトラブルを一発で解決してくれるのが・・・

macOSのクリーンインストール です

macOSのクリーンインストールは、簡単なのですが・・・

時間がかかったりネット回線が必要だったり、いろいろ手間がかかります

そこでオススメするのが macOS インストール USB を作成する方法です

ということで今回の記事テーマは・・・

記事のテーマmacOS インストール USB を作成する方法

というお話しです

macOS インストール USB

macOS インストール用USB

最近のMac製品には、インストールメディアが付属していません

もしmacOSをクリーンインストールする場合は・・・

macOSデータをダウンロードして インストール する必要があります

ネットを利用したmacOSのインストールは・・・

非常にシンプルで便利な方法ですが、いろいろ問題点もあります

iMacに MacOS を クリーンインストール する 方法 を知っていますか? 普段はWindows派のオッサンLABO(@ossa...

ネットを利用したクリーンインストールの問題点

ネットを利用したクリーンインストールは・・・

インストールメディアが不要な分、いつでもmacOSを初期化できます

macOSのインストールメディアを探す必要が無いので便利ですが・・・

ネットを利用したmacOSのクリーンインストールにも問題点もあります

時間がかかる

macOSのデータ量は、8.0GB近くもあります

ネットでmacOSを初期化する場合・・・

8.0GBのデータをダウンロードするのに時間がかかります

ちなみに光回線でも、macOSのダウンロードで約30分程度かかります

もし他のパソコンやネット機器が使用されていると・・・

回線が分配されるので、さらに時間がかかります

早く macOS を初期化したいのに、ダウンロードを待つのは勿体ないですよね

ネット環境が必須

さらに macOS をダウンロードする必要があるということは・・・

インターネット環境が必須だということです

ネット環境が利用できない場合、macOSの初期化は当然出来なくなります

外出先でMacを初期化するときに、ネットが使えないと最悪ですよね

macOS インストールUSB

macOS インストール用USB

ネットでmacOSをクリーンインストールするのは便利なのですが・・・

  • 時間が結構かかる
  • ネット環境は必須

などのデメリットもあります

そこで!ネット環境不要で、macOSのクリーンインストールするために・・・

macOSのインストール USB を作っておくと便利です!

ということで、macOS インストールUSB の作る方法をご紹介します

作成ツールを利用する

まず誰でも簡単に macOS インストール USBを作る方法が・・・

macOS インストール USB 作成ツール DiskMaker Xを使用する方法です

下のリンク先から、DiskMaker X が、ダウンロードできます

まずはDiskMaker Xをインストールしてみましょう

必要なもの

さてDiskMaker Xで、macOS インストール USBを作成するのに・・・

  • 8.0GB 以上あるUSBメモリ
  • macOSのデータ

上記の2つが必要になります

USBメモリは、1,000円くらいで購入できますよね

最新のmacOSデータは、App Storeからダウンロードできますが・・・

古いmacOSのデータは、Appleのサポートサイトからのダウンロードしましょう

DiskMaker Xを起動

USBとmacOSのデータが揃えば、DiskMaker Xを起動します

DiskMaker Xを起動しただけで macOS データを自動的に検索されて・・・

下の写真のように、利用可能な macOS データが表示されます

macOS インストール USB

注意

DiskMaker Xの初期設定では、ダウンロードしたmacOSのデータが、Applicationsフォルダーに存在することになっているので、他の場所に保存した場合は「別のファイルを使用」から選択しましょう。

USBを選択する

作成する macOS データを選択したら・・・

接続されている8.0GBの インストール USBを選択します

mac OS インストール用 USBメディア

対象のUSBを選択すれば、作業自体は完了です!

あとはDiskMaker Xが、USBにmacOS インストール データを保存してくれます

mac OS インストール

注意点

macOS イントール USBを作成する場合、USBメモリ内のデータはすべて消去されますので、大切なデータが保存されている場合は移動させておきましょう。

ターミナルを利用する

DiskMaker Xを使えば、macOS イントール USBが簡単に作れちゃいますね

オッサンLABOは、DiskMaker Xを何度か使ったことがあるのですが・・・

  • 上手くインストールUSBが起動しなかった
  • 最新のmacOSに対応していなかった

などの問題もありました

そこで確実に動作する インストール USBの作成方法として・・・

macOS の標準アプリ、ターミナルを使用した方法があります

必要なモノ

macOS のターミナルを利用する方法の場合も用意するものは・・・

  • 8.0GB以上あるUSBメモリ
  • macOSのデータ

これはDiskMaker Xを使用する場合と同じですね

USB ネーム変更

次にUSBメモリをmacに接続して、”名前”を変更します

変更方法は、USBアイコンを”Commandキーを押しながらクリック”して・・・

メニューにある”名前を変更”を選択すれば、名前が変更できます

mac OS インストール用 USBメディア

変更するUSBの名前は、任意の名前で良いのですが・・・

英数字で判りやすい名前に変更することをオススメします

ターミナルを起動する

次にmacOS の標準アプリ、ターミナルを起動します

macユーザーでも、あまりターミナルって使わないと思うので・・・

まず虫眼鏡アイコンをクリックします

macOS インストール USB

検索フォームが起動しますので”ターミナル”と入力します

macOS ターミナル

表示された”ターミナル”のアイコンをクリックすればOK

macOS インストール USB

文字だけの画面が表示されると思いますが、それがターミナルです

コマンド 入力

macOSのインストールUSBの作り方ですが・・・

ターミナルにコマンドを入力して、macOSデータをUSBに保存します

作成したいmacOSを下から選んで・・・

コマンドをコピー&ペーストで、ターミナルに入力しましょう

Big Sur
sudo /Applications/Install\ macOS\ Big\ Sur.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/任意のUSBネーム
Catalina
sudo /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /任意のUSBネーム
Mojave
sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/任意のUSBネーム
High Sierra
sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/任意のUSBネーム
Sierra
sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/任意のUSBネーム --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app
El Capitan
sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/任意のUSBネーム --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.appがいとうする上記のコマンドをターミナルにコピー&ペーストすればOKです

該当する macOS のコマンドをターミナルにペーストできましたか?

では、コマンドの内容を簡単に説明するので、環境に合わせて修正しましょう

  • 赤枠:OSデータの保管場所が記入されています
  • 青枠:USBメモリのネーム設定で付けた名前を記入します

macOS インストール USB

上記の画像では、macOSデータを”アプリケーションフォルダー”に保存しています

もしダウンロードしたmacOSデータが、それ以外の場所なら・・・

コマンド内容をそれに合わせて変更する必要があります

作業開始

macOS に合った、上記のコマンド修正もできればreturnキーを押します

正しくコマンド入力がされていれば「パスワード」の入力が求められます

macOS インストール USB

ここでは、ログイン時に入力するパスワードを入力しましょう

何も設定していなければ、そのままreturnキーを押せばOKです

正しく入力されていれば・・・

“press return:y”というコマンドが表示されます

macOS インストール USB

作業開始に問題なければ「y」キーを押して「return」キーを押します

macOS ターミナル

作業が開始され、パーセンテージで進捗状況が表示されます

30~40分ほどで”Copy complete.”が表示されて作業完了です

macOSのインストールUSBがあると・・・

これで、いつでも短時間でmacOSを初期化できます

古くなったMacでも、クリーンインストールすることで・・・

快適に動作するようになるかもしれません

もちろんmacOSをクリーンインストールしても・・・

古いMacなので、動作が快適にならないから”処分”する場合もあると思います

そんな場合でも、macOSのインストールUSBがあると・・・

簡単に初期化してデータを消去できるので、情報漏洩の可能性が低くなります

macOSのインストールUSBがあると”必ず”役に立つので・・・

Macユーザーは、絶対にインストールUSBを作りましょう!

数年前に買った iMac 、どうやって 処分 したらいいか判らない! 古いiMacの処分に困るオッサンLABO(@ossan_labo...

作業の注意点

macOS インストール USB

個人的には・・・

DiskMaker Xよりターミナルの方が確実だと思います!

でもターミナルは、普段使い慣れていないとワケが解らないですよね

初めてmacOSのインストールUSBを作った時も失敗しました

失敗の原因

ではターミナルを使ったインストールUSBの作り方で・・・

よくある失敗理由を紹介しますね

慣れていないと最初は、上手くいかないかもしれませんが・・・

落ち着いてコマンド内容を見てみると、解決できると思いますよ

データ 保存場所

一番よくある失敗原因が、 macOS の保存場所です

macOS をダウンロードすると、Applicationsに保存されますが・・・

デスクトップなど違う場所にmacOSデータが保存していると失敗の原因になります

その場合は、コピー&ペーストでOSデータをApplicationsに移動すればOKです

USBの名前が違う

次にUSBメモリの名前が違う場合です

最初にUSBメモリの名前を英数字に変更しましたよね?

名前の間違いも当然ですが・・・

文字の間にスペースが空いている場合も”対象のUSBメモリ”が確認されません

USBの名前を入力する時は、文字・スペースを確認しましょう!

単純な入力ミス

最後は”単純な入力ミス”による失敗例です

本記事で紹介したコマンドをコピー&ペーストしても・・・

コピーしたコマンド内容にズレやミスがある場合、作業が失敗します

文字と文字のスペースや文字が崩れていないか確認しましょう!

macOS USBを作ろう!

macOS インストール USB

今回は、Macユーザーなら持っておきたい・・・

macOS インストール USBの作り方を紹介しました

パソコンって、長く使っていると必ずトラブルが起きます

そんな時、素早くmacOS をクリーンインストールできるUSBはとっても便利!

特に、古いmacOSを初期化するのはAPP Storeからは無理なので・・・

古いmacOSの場合は、 インストール USBの方が絶対に作っておきましょう

このオッサンLABOのブログでは、古いMacの使い道などを考えています

また処分せずに、古いiMacの活用方法も紹介しています

今後ともオッサンLABOブログをよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク