iMac が 初期化できない !意外な原因と 対処方法

iMac 初期化できない !意外な理由と 対処方法 をご存知ですか?

iMacで副業してます!オッサンLABO@ossan_laboのオッサンです!

Apple製品を触っていると、思わぬトラブに巻き込まれることが多々ございます

  • 映像が乱れる!映らない!などの映像不良
  • 起動しない!フリーズした!などの動作不良

などなど「Appleさん、ちゃんと製品確認してる?」なんて思うことがあります

通常は、SMCリセットPRAMクリアで改善することが多いのですが
極稀にトラブルが改善せず「iMac 初期化」するなんてこともあります

オッサンLABOはiMacをよく触るので、簡単に初期化出来るのですが・・・
たまに「iMac 初期化 できない !」なんて状況に直面したりするんですよねぇ

ということで今回は、iMac 初期化 できない !原因と 対処方法 をご紹介しますね

iMacの標準の初期化方法

iMac 初期化できない 対処方法

iMacでトラブル時が起きて初期化ができない原因と対処方法を紹介する前に
以前に紹介した、通常のiMacでの初期化方法の記事をご紹介しますね

macOSの初期化方法が解らない人は、是非以前の記事を読んでくださいね

リストアメディアによる初期化

中古で購入すると個人情報保護のため、結構な確率でHDDやSSDが抜き取られています

そうなると当然ですが内蔵リストアデータを利用することは出来ません!

またSSDやHDDを交換した場合も内蔵リストア領域が削除されるので
リストアメディアを読み込ませてMacOSのクリーンインストール必要があります

インターネットによる初期化

「macOSのリストアメディアなんて無いよ!」という人のために
Appleはインターネットでの初期化が出来るようになっていますので安心ですね

iMac が 初期化できない 原因

mac トラブル

さて慣れれば簡単なmacOSのリストアですが、通常通りにレストアが出来ない時があります

これまで経験した初期化トラブルが・・・

  • ネット環境のトラブル
  • HDDフォーマットによるトラブル
  • タイムゾーンの不具合

という主に3つの初期化トラブルがありました

ネット環境のトラブル

インターネットによる初期化の場合、OSデータをダウンロードするわけですから、
当然大きなデータがダウンロードされます

ネットが不安定な中でリストアを行うと、当然で止まってしまう可能性があります

さらに!

多くの家庭では、無線ルーターを使用していると思いますが・・・
「モデム」から有線で「ルーター」に繋いで、さらに「無線ルーター」につないでいると
何故かネットでのリストアが出来ない場合がありました

あまり複雑なネットワークでのリストアもトラブルの原因になるようです

HDDフォーマットによるトラブル

「macOSユーティリティ」画面から、macOSをインストールしようとすると・・・
「HDDがグレーアウト表示されていて選択できない!」という場合があります

これは、初めてのmacOSのリストアの時に経験するトラブルだと思います

新しいHDDやSSDは、メーカーによってもちろん違いますが、
出荷時は「FAT32」や「NTFS」と呼ばれる形式で出荷されていることが多くあります

しかしmacOSの場合、macOSに対応したフォーマットでなければHDDやSSDに
macOSをインストールすることは出来ません

WindowsOSは、OSインストールの流れでフォーマットが行われるので判りやすいのですが
macOSの場合は、別メニューでフォーマットしてからインストールが必要になります

タイムゾーンの不具合

インターネット環境も安定していて、HDDも正しくフォーマットが出来ているのにも関わらず
リストア作業の途中で下の画像のようにエラーが出るトラブルがあります

iMac 初期化できない 対処方法

この場合、macのトラブル解消方法としてNVRAM のリセットがありますが
全く改善しない場合があります

その原因は、タイムゾーンの不具合があります

中古iMacを「せどり」目的で購入していたオッサンLABOですが・・・
中古iMacのために、長期間電源が入っていないなどの理由から、タイムゾーン
つまりシステム時計が狂ってる場合があります

システム時計が狂っていると、macOSがリリースされる前の時刻になっていることもあり
macOSがインストールできない場合があるのです!

iMac 初期化できない 場合の対処方法

iMac 初期化できない 対処方法

ではiMacなど、Apple製品のmacOSが初期化出来ない場合の対処方法をご説明しますね

非常に簡単なので、Macユーザーの人は、覚えておいて損はないと思いますよ

ネット環境のトラブル 対処方法

ネット環境のトラブルで、macOSがリストア出来ない場合の対象方法ですが・・・
非常に単純で「ネット環境をシンプルにする」ことに限ります

例えば、Wifiなどで接続しているのであれば有線で接続してみましょう!

有線でのネット接続に変更しても、うまくリストアが出来ない場合は、モバイルルーターや
スマホのテザリング機能などを利用して試してみるのも良いかもしれません

ただしその場合は、通信量が多くなることをお忘れなく

HDDフォーマットによるトラブル 対処方法

インターネット環境が安定すれば、次に必要なのはHDDのフォーマットです

リストアを行う際には、必ず「macOSユーティリティ」画面が表示されます

HDDやSSDの交換を行った後には「macOSユーティリティ」から、いきなり
「macOSを再インストール」ではなく、まずは「ディスクユーティリティ」を選択します

iMac 初期化できない 対処方法

ディスクユーティリティを選択して、表示される画面の上部メニューから「消去」を選択
iMac 初期化できない 対処方法

「フォーマット形式」と「方式」を選択して、消去しましょう

最新macOS:Mojaveの場合

  • フォーマット:APFS
  • 方式:GUIDパーテーションマップ

以前のmacOS: High Sierra以前

  • フォーマット:Mac OS拡張(ジャーナリング)
  • 方式:GUIDパーテーションマップ

上記内容でフォーマットすれば、新しいHDDでもSSDでもmacOSが
インストール出来るようになります

タイムゾーンの不具合による 対処方法

タイムゾーンつまりシステム時計の修正は、ターミナルで簡単に修正できます

ターミナルとは、WIndowsでいう「コマンドプロンプト」のようなものなのですが・・・
ざっくりと説明すると「文字入力でパソコンに命令をする」ツールのことです

プログラミングみたいな感じですかね・・・
以前の記事「mac OS インストール用 USBメディア を作成する方法」でも紹介しましたが
決まった文字を入力しなければ、命令を実行しないので、まず壊れることはありません!

安心してトライしてみてください(^^)

まずは「macOSユーティリティ」画面の上部にある「ユーティリティ」をクリックします

macOSターミナル

「ターミナル」が表示されると思いますのでクリックします

文字が書かれた下のような画面が表示されましたね

macOSターミナル

ではmacのシステム日時を確認してみるため、以下のコマンドを貼り付けてみてください

  • $ date -u

表示された日付が、数年前の内容であれば変更しましょう!

ちなみに2003年2月8日(土)であれば、以下のように表示されます

2003年だと当然ですが、最新macOS:Mojaveはリリースされていませんので
インストール中にエラーが発生してしまいます

ということで、日付の変更ですが・・・
「date」と入力して「月・日・時・分・年」の順番に2桁ずつ数値を入れます

例えば、記事を公開した本日の日付2019年9月15日22時00分であれば・・・

という具合に入力します

これで再度macOSを再インストールすると、正常に作業が終了するはずです

iMac 初期化できない 場合も安心 対処方法

mac 解決方法

Apple製品って、慣れれば簡単なんですけど・・・
Windowsパソコンで慣れていると、リストア作業でも一苦労するんですよねぇ

特にこれから、オッサンLABOのようにApple製品の転売など「副業」を考えている人は
トラブル解消やHDD、SSDの載せ替え時に必要な、リストア作業でのトラブル対応は必須!

  • Appleへサポート依頼すると高い!
  • パソコンサポートに依頼するのもめんどくさい!

これからmacを触る人は、いつでもリストアが出来るように覚えておくといいと思いますよ!

リストアする必要があるような、ジャンクではなく使えるMacが欲しい!人は
安く正常動作品のMacを販売しているお店での購入をオススメします!


でも、いざという時に、iMac 初期化できない場合の対象方法を知っていれば安心ですよね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする