ラジコン ボディ をスプレー缶で綺麗に 塗装 する

40歳の暇つぶし

ラジコン ボディ の 塗装 って、こだわっちゃいますよねぇ

40歳でラジコンを始めた、オッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです

 

ついついこだわってしまうのが、ラジコン ボディの塗装ですが・・・
子供の頃、上手に塗装できた記憶が無い

 

40歳の大人になって始めたラジコンなので、出来ればキレイに塗装したい!

ということで今回のテーマは・・・

記事のテーマタミヤの ラジコン ボディを綺麗に 塗装 する方法

というお話しです!

スプレー缶の塗装

ラジコン 塗装

ラジコン ボディをより美しく、より個性的にする “塗装” ですが・・・
40歳からラジコンを始めたオッサンLABOには、塗装設備を持ち合わせていません

 

本格的なラジコン ユーザーは、エアブラシとかで塗装するんでしょうけど・・・
今回オッサンLABOは、スプレー缶でボディを塗装します!

 

ただスプレー缶って、簡単なんですけど・・・
塗装ムラが出来たり塗料が垂れたりして、結構難しかったりするんですよね

スプレー缶で上手に塗装する

ということでスプレー缶で上手に塗装するには、少しだけコツが必要になります

 

ちょっとしたコツで、ラジコン ボディの仕上がりが全く違うので・・・
ぜひラジコン ボディを塗装する時は下の4つを試してみてください

  1. スプレー缶を温める
  2. ボディから外して始める
  3. 一定の速度で塗装する
  4. 薄く何度も塗装する

スプレー缶を温める

スプレー缶の温度が低くなると、缶内の内圧が下がるため・・・
塗料の粒子が粗くなったり、ムラが出やすくなったりします

 

それを防ぐために、スプレー缶を30度~40度くらいのお湯で温めます

 

また塗装する前には、スプレー缶を振るなどして・・・
缶内の内圧を高めることで、塗装の仕上がりを美しくすることが出来るのです

注意

高温のお湯などでスプレー缶を温めすぎると、スプレー缶が破裂する可能性があるので、必ず適温で温めるようにしてください。

ボディから外して始める

次にボディを塗装する時ですが・・・
いきなり塗料をボディに、直接吹き付けないように注意しましょう

 

スプレー缶で塗装する時は、ボディから少し外して塗装するのがポイントです

 

スプレー缶は、最初に塗料の塊が出てくる時がありますが・・・
ボディから少し外して塗装を始めることで、塗料の塊を避けることが可能です

一定の速度で塗装する

スプレー缶を動かさずに塗装し続けると・・・
吹き付けられた塗料の重さで、塗料が垂れてしまうことがあります

 

そのためスプレー缶をラジコン ボディから30cmほど離して・・・
一定の速度で塗装するようにしましょう

 

車長が30cmくらいのボディなら、端から端まで2秒くらい塗装するくらいの速度です

薄く何度も塗装する

一定の速度で塗装すると、一度ではボディを塗装することは出来ません

 

少なくとも3回以上、薄く何度も塗装することをオススメします

 

一度塗装したら、塗料を乾かして再度塗装します

重ねて塗ることで塗装ムラが減るので、非常にキレイな仕上がりになります

スプレー缶で塗装する時の注意点

スプレー缶でも、いくつかのコツを覚えておくと・・・
ラジコン ボディをキレイに塗装することが出来ますよ

オッサンLabo

じゃあ早速、塗装してみます

その前に、スプレー缶で塗装する “注意点” も覚えておきましょう

  1. 換気をシッカリしましょう
  2. 手袋やマスキングをしましょう
  3. ホコリなどに気をつけましょう

換気をシッカリしましょう

スプレー缶には、多少シンナーなどが含まれているため刺激臭がします

 

シンナーを少量でも吸い込むと、気分が悪くなってしまう人もいるので・・・
塗装する時には、シッカリ換気を心がけるようにしましょう

手袋やマスキングをしましょう

スプレー缶から噴出された塗料は、意外と広範囲に広がります

 

思わぬ場所に、塗料が付着することもあるので・・・
スプレー缶で塗装する時には、手袋やマスキングすることをオススメします

ホコリなどに気をつけましょう

ラジコン ボディを塗装する時には・・・
換気などを考えて、屋外で塗装する人もいるかもしれません

 

屋外の場合、天候を気にすることは当然ですが・・・
特に “ホコリ” に気をつけましょう

 

土埃などが塗装面に付着すると、キレイに塗装できないどころか・・・
付着したまま、塗装が乾いてしまい、研磨する必要が出てきます

 

屋外で塗装する時は、ホコリをふき取ってから塗装しましょう

ワイルドウイリー2を塗装してみた

ラジコン 塗装

スプレー缶で塗装するコツと注意点が判ったので・・・
いよいよラジコン のボディを塗装してみたいと思います

 

今回塗装するのは、オッサンLABOが購入したワイルドウイリー2です

 

ごつごつしたボディデですが、出来ればキレイに塗装したいですよね

40歳のオッサンが ラジコン ワイルドウイリー2 を買う
...

スプレー缶を準備する

ワイルドウイリー2は、もともと緑っぽいボディ カラーなのですが・・・
やはりオリジナリティを出すために、好きな色に塗装したいわけです

 

ということで今回オッサンLABOが選んだスプレー缶は・・・
ワイルドなボディに似合う “タミヤTS-1 レッドブラウン” というカラーです

ところでラジコン ボディには、種類があって・・・
そのボディの種類でスプレー缶も、種類が変わることをご存じでしたか?

ポリカーボネート ボディ

ラジコン 塗装

現在のラジコンでは、主流のポリカーボネート ボディですが・・・
透明なのが特徴で “クリアボディ” とも呼ばれることがあります

 

透明の特徴を生かして、ボディの裏面から塗装しますが・・・
使用するスプレー缶は “ポリカーボネートボディ専用” が必要です

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥445(2022/01/17 16:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

もし一般的なプラモデルなどに使用する、スプレー缶で塗装すると・・・
乾燥後に塗料が剥がれ落ちてしまいます

スチロール樹脂製 ボディ

もう一つある、ラジコン ボディの種類が・・・
ワイルドウイリー2にも使用されている、スチロール樹脂製のボディです

 

スチロール樹脂製のボディは、プラモデルと同じ材質なため・・・
一般的な模型店で販売されている、スプレー缶を使用することが出来ます

塗装の下準備をする

塗装するためのスプレー缶が準備出来れば、次に塗装するための下準備をします

 

いきなり塗装することも出来ますが・・・
シッカリと下準備をすることで、仕上がりが更にきれいになります

  1. ボディを洗浄する
  2. マスキングをする
  3. サーフェーサーを塗装する

ボディを洗浄する

まずはラジコン ボディを “中性洗剤(食器用洗剤)” でシッカリと洗います

 

ラジコン ボディは、形成時や組み立て時に油脂が付着します

 

油分が付着していると、塗料をはじく可能性があるので・・・
塗装前には中性洗剤を使用して塗装面をシッカリと洗浄する必要があるのです

 

洗浄後には、2~3日放置して完璧に乾燥させましょう

マスキングをする

次にマスキングですが、ワイルドウイリー2の場合・・・
一旦スプレー缶で塗り終わってから、マスキングすることにしました

ポリカーボネート ボディの場合は、窓ガラスを透明にするため・・・
マスキングをシッカリ貼り付けておく必要があります

 

マスキングは密着してないと、隙間から塗料が入り込んでしまいます

マスキングする時は、爪楊枝や綿棒などで、シッカリと貼り付けましょう

サーフェイサーを塗装する

シッカリとマスキングが出来れば、いよいよ塗装ですが・・・
購入したカラー スプレー缶での塗装ではなく、サーフェイサーを塗装します

サーフェイサーとは、塗装の下塗りのことで、表面の小さいキズを埋めて滑らかにしたり、色のムラ無くして発色を良くする効果があります。

一言でいうと “下地” の役割をする、塗装をします

 

サーフェイサーの塗装方法も、最初の “上手に塗装” するコツと同じです

ラジコン 塗装

ボディを塗装する

ここまで来て、ようやくスプレー缶でラジコン ボディの塗装が出来ます

 

ただ焦って一気に塗ると、せっかくの下準備も台無しになるので・・・
慎重に “一定の速度” で何度も “重ね塗り” をします

 

それで完成したのが、こちらです

 

どうですが?色ムラも無く、結構キレイに塗装できたと満足です

 

ボディがキレイだと、テンションも上がってきます

ラジコン ボディを美しく塗装しよう!

ラジコン 塗装

ということで今回、ワイルドウイリー2のボディを塗装してみました

 

せっかく始めたラジコンも、 ボディの “塗装” を失敗すると・・・
ラジコンを走らせる気持ちも半減してしまいます

 

ちゃんとした塗装設備が無くても、丁寧に塗装すれば・・・
スプレー缶でもラジコン ボディを美しく塗装できます!

大切なラジコン “塗装” で失敗しないように、この記事が参考になれば幸いです

 

このオッサンLABOでは、ラジコンなどをはじめ・・・
中年男性の暇つぶしになるような “アイデア” を紹介しています

今後ともオッサンLABOをよろしくお願いいたします

40歳から始める タミヤ の 組み立て ラジコン
...
トップへ戻る