動画説明付き ジャンク iMac の グラボ 修理 をしてみた

ヤフオク ジャンク iMacパソコン関連

グラボ が故障した iMac を 修理 してみました!

普段はWindows派!オッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです!

先日「iMac 液晶 を 自分で 修理 してみた結果」という記事を公開しましたが・・・

これがなかなかの好評でした

オッサンLABOと同じ様に、iMacのグラボ トラブルを経験しているんですね

iMac 液晶修理 ?それ グラボ が原因かもしれませんよ!
iMacの映像がオカシイ!これって iMac 液晶修理 しないといけないの!?普段はWindowsユーザーのオッサンLABOのオッサンです。我家で唯一のiMacが突然、液晶の映像が乱れ始めたのです!ということで今回の記事テーマは、iMacの液晶を自分で修理してみたってお話しです!

ということで今回の記事は・・・

記事のテーマiMac グラボ修理を詳しく説明する

というお話しです

iMac グラボ 故障で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね

iMac グラボ 故障

iMac 修理 液晶

さてiMac グラボ 修理を詳しく説明する前に・・・

今一度iMac グラボ が故障するとどんな症状が出るのかおさらいしましょう

もし該当する症状があれば、おそらくはiMac グラボ が原因です

グラボ 故障の症状

そもそもグラボというのは、液晶に映像を映すための部品です

基本的に グラボ 故障は、映像系にトラブル症状が発生するはずですが・・・

もちろん、その他の理由で症状が発生する場合があります

原因の切り分けのためにも、まずはアプリなどでトラブル チェックするようにしましょう!

遅い Mac を劇的に改善させる CleanMyMac X
...

画像の乱れ

iMac 修理 液晶

よくあるグラボの故障症状は「画像の乱れ」です

iMacの液晶が格子模様というかチェック柄といいますか・・・

とにかく映像が見えにくい状態になります

縦線

次にiMac グラボ 故障の症状でよく現れるのが・・・

液晶に縦線が入るというものです

何も映らない

imac

そしてiMac グラボ 故障の中には「何も映らない」という症状もあります

起動音は鳴るのに、何も表示されない場合グラフィックボードが原因の場合があります

ただし何も映らない原因は、他にも考えられるので、原因の切り分けが必要になります

フリーズする

iMac os インストール

映像の乱れも無いのに、起動中もしくは作業中に「フリーズ」する・・・

これも グラボ 故障が原因の場合があります

映像出力に負荷がかかるとフリーズするのです

iMac 分解

もし紹介した症状がiMacで発生したら、 グラボ 故障かもしれません!

iMac グラボ 修理って、AppleCareに加入していないと高いんですよねぇ

ということで、前回の記事では自分でiMacのグラボを修理する記事を公開しました

iMac 液晶修理 ?それ グラボ が原因かもしれませんよ!
iMacの映像がオカシイ!これって iMac 液晶修理 しないといけないの!?普段はWindowsユーザーのオッサンLABOのオッサンです。我家で唯一のiMacが突然、液晶の映像が乱れ始めたのです!ということで今回の記事テーマは、iMacの液晶を自分で修理してみたってお話しです!

iMac 分解手順

ではここからは、前回の記事で紹介できなかった・・・

iMacから グラボ を取り外して、グラボを修理するまでの内容を詳細に説明しますね

最後に動画でも説明しているので・・・

画像では解らない人は、動画も一緒に確認してくださいね

ガラスの取り外し

今回、修理するiMacは2011年ですので、液晶ガラスは簡単に取り外せます

まずは液晶保護ガラスを取り外すために「吸盤」を用意します

吸盤は、100均で購入できるもので十分ですが・・・

iMacのガラスを取り外す専用道具もありますよ

ガラスに吸盤を引っ付けて引っ張れば、簡単にガラスが本体から外れます

created by Rinker
イチネンMTM ツール事業部
¥580(2022/09/24 06:56:59時点 Amazon調べ-詳細)

液晶の取り外し

iMacのガラスが取り外せたら・・・

次はiMacの液晶の取り外しです

液晶は、全8本の「トルクスネジ」で固定されています

Apple製品は、ほとんどがこのネジが使用しているので・・・

ドライバーセットを購入してもいいかもしれませんね

液晶取り外しの注意

全てのネジが外れたら、一気にiMacから液晶を取り外してはいけません!

まずは下の写真のように、10cm位の隙間を開けます

iMacの液晶の裏には、映像に関するケーブルが取り付けられています

ちぎれない様に隙間から手を入れて、ケーブルを外しましょう

ロジックボードの取り外し

液晶が外れると、iMacの内部を触ることが出来るので・・・

グラボ が取り付けられている、ロジックボードを取り外します

取り付けネジを外す

まずはロジックボードの取り外しましょう

今回取り外したロジックボードの固定ビスは7本でした

ロジックボードを直接固定している青丸ビスと・・・

ヒートシンク(冷却用部品)も一緒に取り外すので、赤丸のビズも取り外しましょう

次に2011年式のiMacは、底面のメモリカバーも取り外します

液晶iMac修理

これでiMacのロジックボードを固定している全てのビスが外れました

ドライブとファンの取り外し

ビスを取り外しても「ドライブ」と「ファン」が邪魔になるので・・・

ロジックボードを取り外すために「ドライブ」と「ファン」を取り外します

iMacの「ドライブ」は4本、「ファン」は1本のビスで固定されています

ビスを取り外して、接続されているケーブルを抜き取れば、簡単に取り外せます

ケーブルの取り外し

ビスとドライブ、ファンが取り外せたら・・・

ロジックボードに取り付けられているケーブルを全て取り外します

取り外すケーブルの大まかな配置を下の写真に記載しました

グラボ iMac 修理

ちなみに・・・

ケーブルの中には、非常に細いケーブルもあるので、慎重に丁寧に取り外しましょう

また一箇所だけ青枠がありますが・・・

この下に「赤外線受信機」が隠れていますので、上に引き抜きます

ビス、ケーブル全てを取り外すことができれば・・・

ロジックボードを手前に傾けます

下の写真のように、ロジックボードの背面には電源ケーブルが接続されています

隙間から手を入れて電源ケーブルを取り外せば、ロジックボードを取り外せるはずです

グラボ iMac 修理

グラボ 修理

グラボ iMac 修理

iMacのロジックボードが取り外すことが出来れば・・・

いよいよトラブル原因、 グラボ 修理です

今回も前回の記事で紹介した「ヒートガン」を使って修理します

修理 手順

まずはロジックボードに取り付けられている、 グラボ 取り外しです

ビスの取り外し

グラフィックボードとロジックボードは、3本のネジを外すだけで取り外せました

ロジックボードを裏返して、小さなヘックスネジが2本見えるので取り外します

グラボ iMac 修理

あと1本は、写真には写っていませんが、ヒートシンクを取り付けている端のネジです

次にグラボに取り付けられている、ヒートシンクの取り外しです

これは4本のネジで固定されています

グラボ iMac 修理

4本のネジを外せば・・・

グラボ iMac 修理

この通り取り外すことができます

中央に見える「□」が、グラボ のCPUです

じつは、このCPUを取り付けるための溶接が高温で剥離しているのです

アルミで保護

グラボ を取り外して単体に出来れば、アルミでグラボを包みます

これは グラボ CPU周辺の部品に熱を伝えないようにして、影響が出ないようにするためです

正直アルミで包んでも、かなりの高温になるので変わらないかもしれませんが

アルミで包めば、下の写真と同じようにCPUの部分だけアルミを切り取ります

グラボ iMac 修理

加熱する

あとはヒートガンで2~3分間ほど過熱します

過熱する時の グラボ とヒートガンの距離は、1~2cmほどを維持しましょう

グラボ iMac 修理

最初の1分は、ヒートガン温度を「強」で温めて・・・

残りの1分を「弱」で温めます

あまり長く温めすぎると、 グラボ CPUに致命的なダメージなるので注意しましょう

2~3分間加熱した後は、ゆっくりと自然冷却します

修理 動画

グラボ iMac 修理

グラボ をヒートガンで修理が完了した後、分解手順と逆に組み上げていきます

ただ・・・

ここまでの内容について文字と画像だけでは解りにくいですよね?

ということで今回は、修理の内容を動画に撮ってみました

修理動画

作業時間は1時間ほどなのですが、10分程度にまとめています

見事に グラボ のトラブルが直ったiMacですが・・・

どうやらiMac以外のグラフィックボードでも同様の方法で修理することが出来るようです

Windows PCを利用していて、同様の症状が発生したらグラボを加熱してみては?

iMac グラボ 修理 してみる?

グラボ iMac 修理

iMac グラボ 修理 は、いかがでしたか?

iMacの分解は、パソコンに慣れていないと大変かもしれませんが・・・

iMacを正規店に依頼すると、 グラボ 修理は5万円以上かかります

でも今回のようにiMac グラボ を自分で修理すれば数千円で済みます

まぁ余計にひどくなったり、最悪「起動しない」というリスク付きですが・・・

処分してもいいiMacなら、一度挑戦してみるのはいかがでしょうか?

もし少しでもお金にして、次のiMacの購入資金にしたい人は・・・

iMacを買い取ってもらうのも良いかもしれませんね

古い Mac を ハードオフ で 買取 ってもらった結果
古い Mac を ハードオフ で 買取 ってもらったので報告します!古いMacを大切に使っているオッサンLABO(@ossan_labo)のオッサンです毎年のように新しくなっていくMacなので・・・10年前のCoreiシリーズのiMacでも
トップへ戻る