ラジコン 手入れ 自分で する方法が判らない!?

ラジコン 手入れ 自分で したいけどやり方が判らない??

公園で独りラジコンを走らせる40歳!オッサンLABOのオッサンです

愛車のワイルドウイリー2を近所の公園で機嫌よく走らせた後の悩み・・・
ドロドロになったワイルドウイリー2の保管方法です

走らせる環境にもよりますが、オフロード車は悪路を走行してなんぼです

つまり走らせた後のワイルドウイリー2はドロドロ・・・
もちろん、そのまま家の中に入れるわけにはいかず玄関に置いておくと
家族からは「ラジコンが汚い!邪魔!」と煙たがられています(´;ω;`)

仕方なく車のトランクで保管しているのですが・・・車のトランクが泥だらけ

そこで今回は、ラジコン手入れを自分でする方法をご紹介いたします!

ラジコン メンテナンス なぜ必要?

ラジコン 手入れ 自分で

オッサンLabo

ラジコン手入れっていっても結局また汚れるよね?

そうですよねぇ
キレイにラジコンをメンテナンスしても、またワイルドウイリー2は汚れます

でも汚れたままラジコンを走らせていると、いろいろトラブルが出てくるのです

回転軸にゴミが絡まる

よくタイヤが取り付けられている回転軸にゴミや糸が絡まっている場合があります

走行にハッキリとした影響が出ていなくても、タイヤの回転効率が落ちるのは確実ですよね

ギヤ・モーターにホコリや砂が入る

ラジコンが悪路を走り続けていると、ギヤにホコリや砂が入る可能性があります

ギヤに砂が挟まると、ギヤが破損したり異音の原因になります

モーターに入り込んでしまうと、最悪ラジコンが動かなくなってしまいます

ビスが錆びてしまう

悪路などを走行して、水分の付着を放置していると、各部を固定しているビスが
錆びてしまう場合があります

すでにワイルドウイリー2でも数本のビスが錆びているのですが・・・
錆びたビスは取り外しが難しくなります

つまりビスを取り外して分解メンテナンスをするのが難しくなるわけです

またビスがもろくなって、パーツが外れてしまう場合が発生するかもしれません

ラジコン 手入れ 自分で するときのポイント

ラジコン 手入れ 自分で

参考:タミヤ

そんなラジコンのトラブルが発生しないためにも、ラジコン手入れを
こまめに自分ですることは大切です!

自家用車を洗車するのと同じで、ラジコンも長く快適に走るためにメンテナンスは必須です

走行後にできる簡単なお手入れ

ラジコン 手入れ 自分で

参考:タミヤ

と言っても・・・
ラジコンを始めたばかりだと「どこをどうやって掃除すればいいのか解らない!」かも

それに毎回ギヤボックを分解して組み上げていたら、ラジコンを走らせる時間より
メンテナンスの時間のほうが長くなっちゃいますよね?

ということで、まずは「走行後にできる簡単なお手入れポイント」についてご紹介しますね

ボディやタイヤは水洗いする

なんといってもラジコンは「見た目」が大事!「ボディ」と「タイヤ」の手入れは、必須です

必要なメンテナンス道具

  • 中性洗剤
  • 使用済みの歯ブラシ

洗剤を歯ブラシにつけて丁寧に汚れを落として水洗いをしましょう!
もちろん水洗いをしたあとは、しっかりと乾かしてビスが錆びないようにしましょうね

また頑固な汚れには、中性洗剤より強力な「弱アルカリ性の洗剤」がおすすめです

時間的に「10分」もあれば洗い終わるので簡単ですよね

シャシーの手入れをする

シャシーは、足回り含めラジコンの骨格となる重要な部分です

様々なパーツが取り付けられているので・・・

  • 取付ビスが緩んでいないか?
  • ヒビが入っていないか?

など確認しながら汚れを落としていきます

必要なメンテナンス道具

  • 筆・はけ
  • 固く絞った雑巾

ボディーで覆われているシャシーは、泥がこびりついていることは少なく
「はけ」でサッと砂を払う感じで十分だと思います

ただしワイルドウイリー2の場合、足回りが入り組んでいるため
「筆」で細かいところに付いた砂を払っています

ボディーやタイヤ水洗いしてを乾かしている間にすると効率がいいですね

以上が「走行後にできる簡単なお手入れポイント」です!

「ボディ」と「タイヤ」それに「シャシー」の簡単手入れで
見た目もキレイでラジコンのトラブルにもすぐに気がつくことができます

ラジコンは「走らせて終わり」ではなく・・・「走らせた後」のメンテナンスもお忘れなく!

たまにはシッカリと手入れ

ラジコン 手入れ 自分で

参考:タミヤ

もちろんたまには「シッカリ」とお手入れしたいですよね

そこで「シッカリと手入れしたい3つのポイント」を紹介いたします

足回り:ベアリング

最初のラジコン手入れシッカリポイントとして・・・
「足回り:ベアリング」メンテナンスです

オッサンLABOのワイルドウリー2は、フルベアリング化しているため
ベアリングが標準の樹脂から金属に変わっています

金属ベアリングを長持ちさせるには「洗浄」と「注油」が必要です

ベアリング洗浄

足回りからベアリングを取り外し軽く拭いて汚れを落とします

次に蓋ができる小さな容器に、パーツクリーナーやエタノールなどを適量入れて
ベアリングをその中に沈めます

オッサンLABOは「ペットボトル」みたいに蓋のできる小瓶を利用しています

容器を蓋をシッカリとと締めて振ります

数十秒、容器を振るだけで中の溶液がベアリングの細かな汚れをシッカリ落としてくれます

なお、色付きラバーのベアリングは、シールを取り外して洗浄するようにしましょう!
因みにオッサンLABOが購入したベアリングは金属シールのボールベアリングでした

もちろん洗浄後の乾燥も忘れないで下さいね

ベアリング注油

パーツクリーナでシッカリと汚れが落ちたベアリング(ボールベアリング)は
中の潤滑油もキレイに落ちているので、このままではベアリングによくありません

手入れ後のベアリングには、ベアリングオイルを少しだけ付けて
ベアリングの摩擦や水分による劣化を防ぎましょう!

コントロールユニット

ラジコンで唯一の電子パーツが、コントロールユニットです

コントローラーから受信した電波を処理して「モーター」や「サーボ」を動かします

当然中身は精密機械・・・オッサンLABOの購入したコントロールユニットは
防水かつ防塵ですが、水洗いはちょっと怖い・・・

そこで「はけ」で砂やホコリを落として、水で濡らした雑巾を固く絞った状態で拭いています

手入れの際にケーブルの「緩み」や「痛み」をチェックして、もしケーブルが破れていれば
ビニールテープなどで補修すると良いですね!

ギヤボックス

一番大掛かりで面倒なのが「ギヤボックス」のメンテナンス

ワイルドウイリー2の「フルベアリング化」記事でも紹介しましたが・・・
足回りを取り外し、ギヤボックスだけにして、分解して、また元に組み上げるので
作業的にも1時間以上かかります

密閉されたギヤボックスの中に、砂が入り込むことはあまりないかもしれませんが
それでも中はホコリだらけです

チリも積もればで、放って置くとラジコンに悪い影響が出てしまいますよね・・・
ギヤボックス内をきれいに拭いて、ラジコン用のグリスでギヤの注油をオススメします

また極たまにギヤの歯に小さな砂粒が挟まっている場合があるので、
つま楊枝などで取り除いてあげるようにしましょう!

ラジコン 手入れ自分で してみた結果

ラジコン 手入れ 自分で

ラジコン 手入れを自分でしてみた結果ですが・・・

走りに大きな変化が出た!ということはありませんでしたが、見た目が全く違います!

「キレイ!家に入れても大丈夫!」な状態になったので自分の部屋に飾っております

大切な愛車が部屋の中にあると「安心」「また走らせに行こう!」という気になります

ラジコンの手入れをすると、持ち主の精神状態が向上する(笑)という
副産物だけでなくラジコン自体も長くパフォーマンスを維持することができます

ラジコンメンテナンスは、持ち主にもラジコンにも必須ということですね

キレイなラジコンで快適ドライブ

ラジコン 手入れ 自分で

ラジコンを走らせるのは、もちろん楽しいですが・・・
ラジコンの手入れも結構楽しいんですよねぇ

しかも簡単に手入れするだけで、見た目は大きく変化します!

キレイなラジコンなら家族に嫌な顔されずに、家の中に持ち込めるので最高です
いつでも好きな時にラジコンを触ることができますよ

またラジコンをメンテンナンスすることで、長くパフォーマンスを保つことができるので
修理にかかる余計な出費も抑えることができますね

長く楽しく快適にラジコンを走らすために、ラジコンの手入れを自分で定期的にしましょう!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする