趣味 ラジコン ! LED 点灯させてドレスアップしてみた

ラジコン やるなら LED でオシャレでカッコよくしたい!!

趣味は組み立てラジコン!オッサンLabo(@ossan_labo)のオッサンです。

1ヶ月ほどかけて塗装と組み立てが完了した愛車ワイルドウイリー2ですが

「 趣味 ラジコン 」と言えるようになるために「改造」は欠かせない!

それで今回は、ラジコンのドレスアップには定番・・・
ヘッドライトのLED化に挑戦してみました!

という訳で、ワイルドウイリー2を更にワイルドにできるのか挑戦です!

ヘッドライトLED化

LED

タミヤのラジコンであるワイルドウイリー2は、もともとヘッドライトがプラスチックの
蓋のようなものが付いているだけ・・・

オッサンLabo

これではカッコ悪すぎる・・・

つまりライトをLED化するためには、ラジコンのボディそのものを加工する必要があります

ラジコンを趣味とされている諸先輩方には、初歩的な改造なのかもしれませんが・・・・

十数年ぶりにラジコンを始めたオッサンにはレベルの高い改造です(;^_^A

ラジコン 用 LED パーツ

ボディの加工は、より先に肝心のラジコンに取り付けるLEDは購入しなければなりません

ネットで調べてみると、100均のLEDペンライトを加工してラジコン用ヘッドライトとして
LED化している猛者がいるようですが、オッサンには絶対に無理!

下手に破壊するよりラジコン用LEDを購入するほうが安心です

今回購入したラジコン用LEDは『RC 1:10 On-Road Car用 5mm 3mm 夜 LED ヘッドライト 4本入り 2白2赤

339円と破格の値段でした。

しかも、白と赤の2色なのでラジコンのヘッドライトとテールランプ
改造が出来ると思い即購入です!

到着間で時間がかかる

Amazonで「4~5日以内に発送します」とあったので、すぐに届くと思いきや!

中国からの発送で、到着まで1週間ほどかかりました・・・

「直ぐラジコンにLEDを取り付けたい!」という方は、発送元を確認して購入しましょう!

ラジコンにLEDを取り付ける

LED

今回購入したラジコン用のLEDは、取り付けソケットが付いているのですが
「ヘッドライトはヘッドライトらしくしたい!」と思い、ボディを加工することにします

ラジコンのボディを加工する

ラジコン ボディの加工と言っても、大掛かりなものではなく「穴」を開けるだけです

穴開けは、以前にも紹介した「BOSCH IXO5」を使用します!

テールランプの取り付け加工

まずは、ラジコンのテールランプ取り付けです!

テールランプは「さほど目立たんだろう」と思い、付属のLED取り付け
ソケットを利用して固定することにしました

つまり、ソケット径に合うように穴をあけるだけでOKってことです!

  1. BOSCH IXO5で穴を開けます
  2. ヤスリで加工痕を整えます

ラジコン LED

これをソケット径に合うように繰り返します・・・・
ハイッ!完成!超簡単!

実際に『ラジコン用 LED』が届いて、LEDソケットをハメ込んだ写真です

ラジコン LED

「テールランプなので目立たないから、付属のソケットでいいや」と思っていたのですが、
これはこれでカッコよくて気に入りました!

実際にLEDを光らせた後の感想として、ヘッドライトより赤いLEDの方がカッコイイ!

ラジコンにLEDを取り付けるな、ヘッドライトだけじゃなくテールランプは絶対です!

ラジコン ヘッドライトの取り付け加工

そしてテールランプの次に取り掛かるのは、いよいよヘッドライトの加工です

テールランプの「穴開け」とは違い、ヘッドライトは実車のように
ラジコンの前方を照らすための反射板を取り付けたいので大きく穴を開ける必要があります

ラジコンのボディをLEDの為に加工するのをためらう人は、市販品を購入しましょう!

さすがに大きな穴を開ける道具がないので「BOSCH IXO5」で
穴を複数開けて大きな穴を開けます

LED

しかし「道具がない!」のは大変・・・

何個も穴を開けまくって、大きくしても写真のようにボコボコになります

ヘッドライトを作るには、キレイに成形する必要があります

プラモデラー必須アイテム「ミニルーター」があれば簡単なんでしょうけど・・・

当然、プラモデラ―でもないラジコン オッサンは、そんな便利道具を持ち合わせていません!

手持ちの紙ヤスリで削ること1時間・・・手と指が痛みに耐え・・・キレイに成形します

遂にラジコン用のLEDライトが届く

LED

そんな作業をしているうちに中国から待望のラジコン用LEDが届きました!

かなりシンプルな封筒で届いたのですが、中身は緩衝材でしっかり梱包されていて一安心!

説明書は、もちろん付属されていません (;^_^A

まぁラジコンのコネクターは、形状が決まっているので間違えることはないでしょう・・・
と思いながら作業を開始

早速、ラジコンのコントロールユニット「QuicRUN-1060-Brushed」に
LEDのコネクターを差し込みます

が!

ラジコンの電源を入れてもLEDが・・・・・アレッ??「光らない!」
ラジコンのバッテリーは充電したばかりだし・・・バッテリー切れも考えられない

そういえば、Amazonのコメントに「不良品だった」みたいなコメントも合ったし・・・
もしかすると不良品をつかまされたか・・・orz

LEDライトの加工

400円ほどとはいえ、楽しみにしていたので諦められずに色々イジっていると
LEDがわずかに光っているではありませんか!!

ということはLEDは壊れていないという事になるので接続に問題があるのか?

そう思いながらラジコンに取り付けられた、コントロールユニットの配線を
イジっていると・・・ピッカー!!!

おぉ光った!めちゃめちゃ明るく光った!

ラジコン用とは言え、さすがのLED、点灯すると眼が眩むほど眩しい!

で結局最初はなぜ光らなかったかというと・・・

どうやらコントロールユニットの差し込みと、ラジコン用LEDの配線の
プラス・マイナスが逆だったようです・・・

LED

このミスは、しょうがないですよねぇ

だってLEDコネクタの差し込み形状が決まってると、ラジコン初心者は配線自体が
逆なんて気が付きませんよ!

差し込める方向に差し込みますよね?

で、このままではコネクターが利用できないので、一旦コード線を引き抜いて、
プラス・マイナスコードを入れ替えます

LED

配線を入れ替えて、コントロールユニットに差し込めば無事動作確認できました!

LEDをヘッドライトに取り付ける

さて加工したボディをよりヘッドライト風にするために、実車のようにLEDの光を
前方にのみ照らす反射板とヘッドライトガラスを取り付けたいと思います

実は、このヘッドライトキットも市販されているようですが・・・
探すのが手間だったので自作しました!

ラジコンの反射板とクリアパーツ

ヘッドライトに利用する反射板とクリアパーツですが、
さすがにワイルドウイリー2専用パーツは販売されていないようです。

つまり自分で作る必要があるわけですが、100均のペンライトを利用することにしました。

created by Rinker
(株)グリーンオーナメント

まずは100均のペンライトから、反射板とクリアパーツを取り出します!

LED

ただこのままでは、反射板とクリアパーツが固定できないため
ワイルドウイリーに元々付属されていたヘッドライト(もどき)パーツを
加工してカバーのようにし反射板とクリアパーツがとれないように押さえます。

  1. フタのようなパーツに穴を開けます
  2. 金属風にシルバーで塗装
  3. 100均ペンライトから取り出したクリアパーツをハメ込みます

LED

完成品がコチラ・・・いいじゃん!

さて穴を開けたボディのフロント部分に反射板を埋め込み、
クリアパーツをハメ込んだワイルドウイリー2のヘッドライトパーツで押さえます

LED

おぉ!出目金みたい!(笑)

LEDの配線はボディ裏に適当に貼り付けて固定します

スイッチオォォォォン!

LED

「かっこぇぇぇl!!」

ラジコンって、ヘッドライトが点灯するだけでこんなにもカッコよく変わるものか!!

テスト走行をしてみる

あまりにも嬉しくなって、夜に早速お外で走らせてみましたよぉ

趣味 ラジコン !LED 点灯させてドレスアップしてみた

反射板のおかげでライトも前方をちゃんと照らしています

ただ安心して走行できるほど、前方を広範囲に照らすことは出来ませんが・・・
暗闇でも車体がドコを走行しているかが良く解ります

いいじゃん!超いいじゃん!!ラジコン 用 LED ヘッドライトは大成功でした!

ラジコンを趣味にするなら LED ドレスアップは必須

LED

ワイルドウイリー2のヘドライトLED化は大正解でした!

なによりも改造が楽しかった!

組み立てラジコンの醍醐味は、やはり改造なので、これからもチョコチョコ改造して
オリジナルのワイルドウイリー2を作製したい!

次回の改造部分は、どこにしようかなぁ

モーター?ベアリング?などなど、手を加えると事を沢山あって楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする